性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

教習所であった同郷の人妻 (浮気・不倫の体験談)

TD002856
キーワード: 教習所
カテゴリー: 女(人妻 )

テクスト冒頭部分

俺が横浜の大学に入学してから一年がたった。始めはまったくなじめなかったけど、バイトやらサークルやらの日々をすごすうちになんとかやっていける自信もつき、東京出身の彼女も出来た。さて、彼女が出来てみると、免許がいる。無計画だった俺は高校卒業から大学入学までの暇な時間をダラダラしてすごし、教習所に行き損ねた。下宿しているワンルームマンションから歩いていける教習所に申し込みに行き、書類を揃えて翌日早速入学した。始めの授業である、何かバランス感覚のテストみたいな部屋には、俺ともう一人の女性しかいなかった。小柄だけど目が大きい、おそらく大学生だ。おまけにかなり可愛い。俺は彼女ができたことで大分自信が付き、バイトやらサークルやらでも女の子に積極的に声を掛けるようになっていた。何の気なしに「これから結構一緒になりますよね、よろしくお願いします」とあいさつをすると、彼女は少しびっくりしたような顔をして、小さく頭を下げた。俺の目は一瞬で彼女の体を下から上までチェックした。顔は可愛いのにおとなしい服着てるな。でもスタイルぶちええやん。、、いやすごくいいじゃん・・。俺は教習所に行くのが楽しみになりそうな予感がした。驚いたことに里美さんは人妻で、俺より7つも年上だった。どこの大学ですか?と聞いた俺をまじまじと見て、目をそらし、嬉しそうにクスッと笑った顔を今でも思い出せる。おなじ時期に教習所にいた女の中で、彼女は抜群にかわいかった。俺の肩くらいしか背はなかったが、胸は大きく、腰は細くて、足も綺麗だった。教習所のおっさんも、他の生徒もしきりに彼女と話したがったが、彼女と一番親しいのは何を隠そう俺だった。もちろん始めに声を掛けたってこともあるが、最大のアドバンテージは俺がイケメンだったことと(笑)、彼女と偶然にも同郷だったことだ。それもおなじ高校。なんという幸運。学年こそかぶっていないものの、共通の先生や店、パン屋、部活帰りの店の話など、その他の連中と俺との間には、超えることの出来ない差があったのだ。高校時代付き合ってた人の弟に似ている、という微妙な親近感、俺が剣道部で彼女が吹奏楽、という接点が余りない部活動、などが俺と彼女をどんどん親密にしていった。俺もちょうど成人を向かえ、もちろん彼女とのアレも頻繁にこなしてはいたが、そんなことで収まるわけもなく、里美さんのオパーイや脚を思い浮かべておかずにす

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

俺が横浜の大学に入学、一年がたった、バイトやらサークルやらの日々をすごすうちになんとかやっ、俺ともう一人の女性しかいなかった、おそらく大学生、おまけにかなり可愛い、でもスタイルぶちええやん、驚いたことに里美さんは人妻で、俺の肩くらいしか背はなかった、胸は大きく、足も綺麗、最大のアドバンテージは俺がイケメン、(笑)、高校時代付き合ってた人の弟に似、里美さんのオパーイや脚を思い浮かべ、今の旦那さんと結婚、「大下君、二人ほぼ同時に講習を終え、屈託のない笑顔で里見さんは言う、耳には今風の長いピアス、「久しぶりのデートじゃけ、がんばっ、7時に帰れたらいいよと言う、強引にホテルに入った、ベッドに座った里美さんは少しうつむい、1回だけ、俺にキスを、お風呂いかんと、俺はシャワーを浴びようと立ち上がる、俺は上着を脱ぎ、今日はボクサーパンツをはい、短大生の元彼女相手に鍛えた舌で挑もう、結婚3年目の人妻らしからぬセリフを、舐める、太ももも舐める、エッチ、俺は里美さんがフェラが抜群に上手、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト