性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

平吾少年の筆下ろし儀式(祖父から聞いた少年時代の農村での出来事)

TD003268
キーワード: 初体験は熟女と
カテゴリー: 第三者視点 男(少年童貞、中学生)女(熟女、人妻 、主婦)

テクスト冒頭部分

もう四半世紀も前だが、私が中学に入ったばかりの頃、明治生まれの祖父が唐突に聞いてきた。「お前、オ○コ知っとるんか?」セックスの経験があるか?ということらしい。「知ってるわけないやん」と俺。当時でも中学で童貞を卒業する男は、まだまだ少数派だった。「そうか。最近の子はかわいそうやなあ」溜息をついた祖父が、ぽつりぽつりと語ってくれた話だ。祖父=平吾(仮名)=が生まれ育ったのは、関西某県の山間の農村。6人兄弟姉妹の次男坊だった。小規模ながら自分の田畑を耕す自作農で、高等小学校(今の中学くらい)まで出たというから、村では中産階級といったところだろう。そんな祖父曰く、昔の子供は、今の中学生くらいで「女を教わった」。だから「近ごろの子供は早熟で、性体験も低年齢化し…」という話題をテレビや雑誌で見聞するたび、「あほか。昔はもっと早かったわい」と思ったそうだ。村では祖父が子供のころ、まだ「夜這い」の習慣が色濃く残っていた。今のフリーセックスとは微妙に違うようだが、それでも若者の性行動は随分とおおらかだったようだ。伝聞調は読みづらいと思うので、ここからは言い切り調に変える。ついでに「祖父」も違和感があるので、「平吾少年」にしよう。−−−−−−−−★−−−−−−−−★−−−−−−−−平吾少年の村では、数えで15(今の13〜14歳)になると「若衆組」という組織に入れられた。まあ、一人前の労働力と認められたということだ。そして毎年旧正月、新しく加入した若者たちが受けたのが「筆下ろし」の通過儀礼だった。その年の新入りは、平吾少年ともう1人。旧正月中のある晩、2人は若衆頭(リーダー)に連れられて、村外れにある御堂(僧が常駐しない寺)に向かった。当時は村の集会所として使われていた場所だ。御堂では、村の奥さんや娘たちがお経を上げていた。地元で「女講」と呼ばれていた女性だけの集まりだ。2人が到着すると、ほとんどの女たちは入れ替りで帰路に就く。若衆頭も「しっかり頑張れや」と言い残して帰った。御堂に残ったのは新入り男2人と、「お相手」の女2人。近所の奥さんと、少し離れた所に住む後家さんだった。2人とも平吾少年の顔なじみで、40歳手前。あとで若衆組の先輩に聞くと、筆下ろしの相手を務めるのは40歳前後の後家が主婦が多い。中でも、厄年(数え37)の女が適当とされたという。平吾少年の相手になったのは「ワカさん」と

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

セックスの経験があるか?ということらしい、当時でも中学で童貞を卒業、祖父=平吾、6人兄弟姉妹の次男坊、数えで15、(今の13?14歳)、2人は若衆頭、女性だけの集まり、40歳手前、(数え37)、もう1人の後家さんより美人、一言一句、平吾少年は胸をときめかせ、男女の営みのこと…、それだけで股間が張っ、もちろんブラジャーなど着け、2つの乳房がぽろんと飛び出した、長い乳首がやや下を向い、表情で少年の頭を抱き寄せる、親指の先ほどの大きさに伸びた乳首を舐め、舌で転がす、ゅる…じゅる…と淫ら、「キス」、女の処女を奪ったのが平吾の父、口から首筋、身をよじるように襦袢を脱ぎ、愛液が、(クリトリス)、表情で快感に耐える、愛液と唾液で顔を濡らし、(69)、平吾少年はマメをしゃぶり、平吾少年が脚の間に下半身をこじ入れる、布団がぐっしょりと濡れ、18で郷里を離れ、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト