性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

抱き枕 (妹との体験談)≪初体験、童貞、処女≫

TD003272
カテゴリー: 男性視点 男(童貞、中学生)女(処女 )

テクスト冒頭部分

十年位前か…当時「抱き枕」なるものが流行りだしたころ、興味を持った俺と妹はとても欲しがったんだ。でも親に買ってもらえず、気分だけでも味わおうと思い交代で「抱き枕役」を決めて抱きついて眠ったことがあった。最初は妹が「抱き枕役」で、俺が妹に抱きついて寝てみた。当時妹は中学あがったばかりだったが、体もそれなりに発育していた。日頃から、スレンダーな体に似つかわしくない胸に興味はあったが、どうこうしようとは考えてなかった。妹の隣に寝そべり、両腕と両足を絡ませて抱きついてみた。確かに何か本能的に安らぐ気がして、その日はそのまま眠ってしまった。目が覚めた時は抱きついてはいなかったが、同じ布団で眠ったのは何年ぶりかな?などと思いながら気持ちよい朝を迎えた。妹も「なんかホッとする気がした」といっていたのでまんざらでもない様だった。そしてその日の夜、俺が「抱き枕」役となり妹が俺に抱きつく形で眠ることにした。特に定めたルールではなかったが、「枕役は枕に徹する」様な事を決めていて、枕役は極力動かないようにしていた。前の夜の様に、今度は妹が両手両足を絡めて抱きついてきた。そのとき、俺の腕にやわらかい感触がもろに伝わってきた。このときから、前日に感じる事が無かった、性的な興奮を感じ始めていた。妹はなかなか良いポジションがとれないのか、もぞもぞと動く。その度に柔らかい感触が押し付けられ、俺はあっという間に硬度MAX状態となった。そんな俺をよそに、「兄ちゃん重いから腕が痺れる〜」と言ってきた。当時中3の俺は、妹に比べれば確かにガッチリしていたと思う。前日は妹が軽かったから腕はあんまり痺れることは無かった。(と思う。すぐ眠ったから感じなかっただけかも)そこで「こっち向いて、もっと下にさがって。」と言うので、そのとおりにしたところ、俺の頭を抱えるように抱きしめてきた。俺の顔面に妹の胸が来て、柔らかいものに包まれた状態になった。「なんかホッとするね〜」なんてウトウトする妹に対し、興奮絶頂の俺は、妹が眠りにつくのをひたすら待った。額に触れている感触を鷲掴みにしたい衝動にかられながら待っているうちに、いつの間にか俺も少し眠ったようだった。目を覚ますと体勢は変わって無かったが、妹の腕が解け動ける状態となっていた。妹を起こさないように胸から離れると、妹にそっと声をかけて見た。起きない…事を確認して、恐る恐るパジ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

十年位前か…当時、「抱き枕」、体に似つかわしくない胸に興味はあった、妹の太ももに勃起、妹に対し性的興味が沸いた事がばれたバツの悪さはなく、その日は以上に一日を長く感じた覚えがある、「今夜0時頃部屋に行く、23時頃茶の間の明かりが消えたのを確認、妹の股間を触っ、パジャマのゴムの隙間に指を差込み、さらにパンツの中にゆっくりと手を突っ込ん、もちろん俺は既にボーボー、まだ12歳の妹に毛が生え、エロ知識を総動員、「着てるもの脱い、すると裸を見せるまもなく布団にもぐっ、感じではない。、妹の肩から布団がズレ落ち、××ちゃんって巨乳、?。でも、ブラとる、?。あと、△△ちゃんは乳首すごっくおっきいの。ああ、兄ちゃんの部のマネージャーの○○ちゃんは綺麗、「お休み?。」この日なかなか寝つけず、結局何発か抜いた後4時ごろ眠りについた。翌朝、と、(早!、俺の脚でも追いつけなかったのか・・・)、?。」「あの☆☆センセか?新任の?」、妹の首筋に鼻をつけた、「お前、風呂入ったのか?」、「シャワーだけね?。だってきれい、五分くらい抱きしめあったまま居た、凄く妖艶に見えた、、かまわず指をはしらせた。お互い、普段感じることの無い快感に言葉を失っ、。徐々に妹の下着が湿り気をおび、やがて明らかに濡れ、(笑)、結局妹のパンツを剥ぎ取る、体制になった。マウントポジションと言うか、騎上位と言うか。違うのは何も着け、いた事。息を荒げた妹が、、妊娠の二文字が頭をよぎっ、「8×4の石鹸、男女が一緒に帰っただけ、「付き合っ、シャーペンの走る音と、5分か10分か…しばらくボーと天井を見、。すると妹、いきなり舌で先っちょをチロチロなめ、チロチロ舐め続けた。、「これでお相子、、俺も自信が無い。親、兄弟と結婚できない=エッチ出来ないん、時間は7時を回っ、「女の子の秘密」、午前九時頃、背中から尻にかけてのラインも女性特有の緩やか、そのまま居間のソファーに座らせた、射精感に堪え、…次第にトク、2回目、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト