性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

こゆことするの旦那様とだけだよ(オナニーもしたことがない処女)

TD003400
カテゴリー: 男性視点 男(大人、経験済、不明)女(若者処女 、不明)

テクスト冒頭部分

俺31歳彼女22歳の時だった。休みの日の午後、彼女が「ご飯作ってあげる」と言って家にやってきた。前のデートの時も家に来てくれて、帰りしなの初キスの後、彼女をバス停迄送っていく間彼女がしなだれかかるようにして腕を組んできていたので、今日はチャンスがあれば最後まで行けるかもしれないと思っていた。二人で料理を作って(と言っても殆ど彼女がやっていたがw)食べた。その後も雑談やビデオを観てすごした。冬の昼は短く辺りも薄暗くなりかけてた頃、お互い絨毯の上に直に座って話をしている時に彼女を抱き寄せた。彼女:「どうしたの?」俺:「・・・」俺は無言のまま抱きしめていたが、暫くの後片手を下に移動させて彼女のパンツのベルトを緩め脱がそうとした。彼女:「ダメだよ」恥ずかしそうに小さな声で言い、俺の手を掴んで抵抗するが、力なく添えている程度だった。程なくパンツを脱がせると彼女:「ホントにダメだよ」「こゆ事するのは旦那様とだけだよ」と言ってはいたが、されるがままで最後はショーツ一枚の姿になっていた。俺も急いでパンツ一枚の姿になった。63:62:2005/08/11(木)15:34:20絨毯の上に座ったまま再び彼女を抱きしめた。長いディープキスの後そのまま横になるように寝かせて、彼女のショーツを脱がし股間を覗き込んだ。彼女:「イヤッ見たらダメ」と言って手で隠そうとするが、それを抑えて見ると、ビッショリと濡れていた。俺:「キスだけでこんなに濡れたのか?」とマムコを軽く愛撫しながら聞くと、顔を少し朱くしながら頷いた。そのまま愛撫を続けていると、彼女は目を瞑って堪える様な表情をしていたが、マムコからは愛液が溢れてきて益々ヌルヌルになっていたので嫌ではないようだった。俺も彼女の姿に興奮して、既に準備が出来ていたので俺:「挿れるよ」と言ってマムコにチムポをあてがい、ゆっくりと挿入していった。俺としては、十分濡らしてから挿入したのでそれ程抵抗感は無かったが、彼女は声こそ上げなかったが痛みの為か、かなり顔を顰めていた。チムポを奥まで全部挿れて俺:「愛してる○○○○(←彼女の名前)」と言ってキスをすると、彼女は挿入時の痛みの為か、又は一つになれた悦びの為か涙目になっていた。64:62:2005/08/11(木)15:35:00彼女が慣れるまで暫くそのままの体制で居たが、表情も和らいできたので俺:「動かすよ」彼女

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

俺31歳彼女22歳の時、前のデートの時も家に来、帰りしなの初キスの後、二人で料理を作っ、彼女を抱き寄せた、彼女のパンツのベルトを緩め脱がそうと、抵抗、れるがままで最後はショーツ一枚の姿になっ、63:62:2005/08/11(木)15:34:20絨毯の上に座ったまま再び彼女を抱きしめた、長いディープキスの後そのまま横になるように寝かせ、彼女のショーツを脱がし股間を覗き込ん、ビッショリと濡れ、マムコからは愛液が溢れ、ゆっくりと挿入、風呂の用意を、彼女が少し元気が戻っ、実際俺の物は平均かそれより少し下位のサイズで、コンプレックスに感じてた位、本当に処女、暫く考えた後何件か電話を、買い物の間中べったりと腕を組ん、二人共全裸になっ、また既に洪水状態、「じゃ何処が気持ち良いか覚える為にもう一度逝っ、今度はピストンに慣らせる為、あれから結婚、4年が過ぎた、初エッチ、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト