性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

少女と出会って(歯科医の俺と、華奢な美少女のゆう)

TD004681
カテゴリー: 男性視点 男(大人、経験済、医師)女(少女処女 、小学生)

テクスト冒頭部分

自分は地方都市で歯科医師をやってる26歳の男です。親戚とか中年のおば様方には「良い男」とか「清潔感があっていいわぁ」なんていわれる程度まあ並って事だと思います。この年齢で歯科医師ですからルックスが並でもそれなりにモーションかけてくる女性は居ます。親戚からも結構しつこくお見合いの話しなんかが持ち上がってくるようにもなりました。だけどダメなんです。実は昔大学生時代に付き合ってた女性に二股をかけられこっぴどい目にあってからどうしても同年代の女性への不信感が拭えなくてどこか「自分が歯科医師だから?」という疑念が頭から離れないのです。しかも、ちょっと自分は潔癖症というかきちきち綺麗に部屋が片付いて居たりしないといとダメな性分で・・まあ女性からはちょっと「嫌だー」「面倒」みたいに言われちゃうタイプです。正直自分でもそういう性格は直すべきだと思うのですがどうしても例えば本棚に埃があったりするととにかく見たその場で拭かないとダメなわけです。そうしないと次の行動に移れないというかまあ、そういう話は置いておいてそんなわけで色々な理由で大学を出て26歳になる今まで彼女無しだったのです。と言うわけで本題です。今までは、前記の通りのような理由でお見合いやら同じ歯科医師仲間とか歯科助手の女性の誘いをそれとなく断ってきたのですが・・最近はちょっとその理由が違ってきたのです。その子と出合ったのは今から1年位前これまた偉く美人のお母さんに手を引かれて初めてやってきました。あえて年齢は明かしません、黒い髪を背中位まで伸ばして目が大きくてクリクリしてました。「可愛いねぇ」とその時居合わせていた、お婆ちゃんやおじさんが言うのを特別恥ずかしがるわけでもなくとても大人びた柔らかい静かな微笑みで返しているのが印象的で子供の治療は結構多いのですが、今思うとこのときから彼女のそういう雰囲気に特別な物を感じていたように思います。女の子の名前はゆう母親の名前はさえ子さんとしておきます。さえ子さんの話だと虫歯ではなく一本生え方が悪い歯が有るらしくソレが原因でたまに痛みが走るということらしかった。治療そのものは難しくなかった。元々綺麗好きなのかさえ子さんの教育がいいのか一日3回食後にしっかり歯磨きしてる彼女の歯は綺麗で部分的な矯正を行って完了するまでは痛み止めを処方ついでに歯磨きの方法なんかをレクチャーするだけだった。最初

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

自分は地方都市で歯科医師をやってる26歳の男、女性は居ます、実は昔大学生時代に付き合ってた女性に二股をかけられこっぴどい目にあっ、ちょっと自分は潔癖症というかきちきち綺麗に部屋が片付い、正直自分でもそういう性格は直すべき、理由で大学を出、その子と出合ったのは今から1年位前これまた偉く美人のお母さんに手を引かれ、「可愛いねぇ」、女の子の名前はゆう母親の名前はさえ子さんと、虫歯ではなく一本生え方が悪い歯が有るらしくソレが原因でたまに痛みが走るということらしかった、さえ子さんの教育がいいのか一日3回食後にしっかり歯磨き、妙に彼女の舌が指先に触れ、「あれ・・・ゆうちゃん・・・」、「だってねーえー秘密w」、パンツが見えたことなんて何度もあった、まさにこんな感じ、私が18になるときに家族の反対を押し切っ、結婚、親子と親しくなった夏ゆうは当然夏休み、その辺の融通は利く初めてゆうの家に呼ばれ、「ケイジくん、牛さん、自分は酔ったまま脱ぎ散らかし、かろうじてパンツ一枚挙句抱き枕代わりにゆうを抱きしめ、「じゃあキス、ゆうはそんなに身長はない体の線も細くまさに華奢、長い黒髪にクリクリの眼細く、起きるようになり仕事の無い日はそのまま布団にもぐりこんでくるゆうと二度寝、(No.9)日時:2008/04/2123:06名前:歯科医師ゆう、丘の上にある灯台で3人で記念撮影風は強かった、2人とも感激、とまりに来る前にてっきりお風呂に入っ、マンションのエレベーター私はこの後どういうことに成るのか色々と妄想、脱衣所に僕もタンスから代えの下着をもち脱衣所へ、モジモジと太ももを、肩や足を優しくなでるように洗うあ・・やっ・・あぁぁゆうがその手の動きに敏感に反応、ゆうのムネはアソコに比べる、乳首はまだ陥没、「ゆうは1人、「ゆう・可愛いね・・」、フェラチオが多分好き、自分でもココを舐めたいというアソコに舌を這わせ、・・・ジュポ・・チュポ・・子供とは思えない口の間からゆうの唾液、さっきからアレがゆうの口のなかで粘りのアルとろとろの液と舌に翻弄、「これがケイジくんの精子、残りを搾り出すように舐めしゃぶり始める、・・というのもあまりの快感に下手に動く、・・私は駅弁気味に彼女をそらせる、父と娘でもあり恋人でもある切欠は父親の影を私に見たゆうの父親を求める寂しさ一人っ子で兄弟の居ない母親だけの家庭・・・そこに思春期の女の子特有の心理が合わさっ、院内に数人居る助手の友子ちゃんが声をかけ、友子ちゃんと数人いる助手の人たちは皆年齢が近く友子ちゃんが24歳私が26歳でもっとも年齢が近い結構、「勝也君たちも来るの?」、い、お仕事のお付き合い、「せっ・・かく・・お、おやすみ・・ひぐっ・・」、胸に顔を埋めるようにうなり、私は友子ちゃんに断りの電話を入れようと、もはや行きのワゴン車内はユウの話題で持ちきりで男性陣は勿論女性陣もこぞってユウに構いたがった、そんなわけでワゴンは3時間ほど走り温泉街に到着今回のホテルは結構立派、木造建築の建物でもう100年以上前からお湯屋として繁盛、「夕食は7時から、脱ぎ始める同年代の女性の裸を見るのは久しぶり、「コレでも結構モテるん、時間はもう9時を回ろうと、仲居さんには朝食は遅くと言っ、部屋からでるそこにともこちゃんがやってきた、友子ちゃんは確り化粧も、準備万端、「あ、ああうん・・可愛いよ・・」、「私もケイジくんと2人でデート、テレ、姿が見たいだけ挿入は、指を不意に彼女のクリトリスに当てる、ゆうの体はビクビクブルブルと震え続けるゆうのそこはもうビッショリに濡れ、「はぁ・・ケイジくんのが・ふぅ・ビクビク・言っ・・てる・・」、「ゆうエッチ、「ゆうってフェラ好き?」、何百倍も感心、50メートル、「真美ちゃんがねケイジくんカッコいいね!だって!」、「良いのよ・・貴方みたいに素敵、徹底的に嫉妬、体のラインがくっきり出るくらいにぴったりのスポーツウェア・・・しかもズボンはマタのあたりギリギリという生足脚線美全開の悩殺スタイル、目でさえ子さんを見る・・・さえ子さんはモデル体系で若い頃は実際に雑誌のモデルもやっ、ヒップラインも垂れてる叔母さんたちなんか問題にならないさえ子さんが応援席に居る間娘息子を見にきたはずのおじさんたちはもはや娘息子そっちのけでさえ子さんを見、さえ子さんの悪い噂は超お色気全開の美脚で俊足のモデルママというネームバリューで見事に吹き飛ばし、(ゆうが引越し?どこへ?なんで?!えええっまじ!?うそアpさ歩富士子)、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト