性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

餓鬼がプールで…

TD004862
カテゴリー: 男性視点 女(人妻 、中学生)

テクスト冒頭部分

この夏休みの話だ。日射しが強烈な土曜の午後、6年生になる息子の同級生3人が我が家に遊びに来た。4人で市民プールへ行くから、車で送ってほしいという。あいにく私は予約していた理髪店へ行くところで、代わりに妻が送ることになった。子供たちにすれば、送ってくれさえすれば誰でも構わない…というかむしろ、美人で気さくな妻に送ってもらえると喜んでいたようだ。「どうせなら、君も泳いできたら?」出掛けるために着替えながら、何気なく妻に勧めてみた。35度を超える猛暑が続いていたし、運転手ついでに水浴びしてきたら…というつもりだった。「ダメよぉ。泳げないもん」確かに妻は筋金入りのカナヅチで、ビーチでも日光浴専門だ。「それに、こないだ海へ行ったとき、水着ほつれたの直してないし…」難色を示す妻に、子供たちは「ええーっ?オバさんも泳ごうよー」とブーイング。もっとも息子だけは、あまり来てほしくなさそうだったが…。「浮き輪を持っていけばいい。水着だってほら、昔着てたのがあるだろ?」「だって…もう10年も前のやつよ」という妻も、男の子3人のラブコールにまんざらでもない様子だ。結局、子供たちに押し切られる形で仕度を始めた妻を残し、私は近所の理髪店へ向かった。散髪は5カ月ぶりくらいか。とにかく暑かったので、襟が隠れるまで伸びた髪を思い切って刈り上げた。クセ毛で鳥の巣みたいだった頭は、まるでGIのように。伸び放題だったヒゲもきれいに剃り落とし、理髪店の親父が「こりゃ別人ですね」と笑うくらいサッパリした。家に戻ると、妻と子供たちは出たあとだった。家でテレビでも見てゴロゴロ…とも考えたが、ふと『せっかくだし、俺もプールに行くかぁ』と思い立った。冷たい水に入って、久しぶりに水着のお嬢さんを観賞するのも悪くないか…なんて下心もあった。市民プールは原付を飛ばして15分。メーンプールを囲むように流水プールが周回し、少し離れてサブプールがある。夏休みは例年、人で水面が見えなくなるくらい混み合うのだが、この日は思いのほか閑散としていた。どうやら若者たちは、隣町の遊園地に今年オープンした大型プールへ流れたらしい。こちらに来てたのは、小さな子供がいる家族連れがほとんどで、お目当ての若い女性はチラホラしかいなかった。息子はすぐ見つかった。友達の岡島君と2人で浮き輪に乗って、メーンプールに流れ込む巨大滑り台を滑走している。楽しそう

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

6年生になる息子の同級生3人が我が家に遊びに来た、4人で市民プールへ行く、美人で気さく、散髪は5カ月ぶりくらいか、お目当ての若い女性はチラホラしかいなかった、友達の岡島君と2人で浮き輪に乗っ、今年で35歳になった、さすがにEカップの胸は少し下向き加減、ウエストも年の割に引き締まっ、脚は私の一番のお気に入り、すれ違う男が思わず目で追うスタイル、女優の松下由樹を地味に、感じか、一緒に来た息子の友人の松井君と鈴木君、性格で、肩とか腕とか太股とかにタッチ、色付きの水中眼鏡を装着、ヒップに当てた、やがて水着に包まれた乳房をすっぽり包み込ん、股間の微妙、「もぉ、エッチ、布越しに乳首付近を摘んだり、嫉妬とも興奮ともつかない感情が押し寄せる、手は水着のブラを押し上げる、快感に耐え、クリトリスが当たっ、もともと人が少ないサブプールの中でも一番人目につきにくい場所、水着を半ば剥ぎ取られた妻は、プールの深さは1mほど、ピチャピチャという唾液の音や、妻が少年の後頭部を抱い、しばらく水着越しに勃起を愛おしそうに撫で、少年たちに二言三言話し掛けた、サブプール用のシャワー小屋、「…大輔、小さな指先は愛液でべっとり濡れ、「ねぇ…オバさんだけ脱ぐの、恥ずかしいわ」、ペニスは一人前に上を向い、鈴木君のペニスを舐め上げ、やはり最初に射精、放心、額に代わる代わるキスを、2人は妻の首筋に頭をもたせ掛け、水泳パンツを引き上げた、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト