性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

憧れの人妻で・・・ ( The Brush Down、筆下ろし)

TD004873
カテゴリー: 男性視点 男(少年童貞、大学生)女(大人、人妻 、主婦)

テクスト冒頭部分

自分は、大学1年の時に33歳の人妻に筆下ろししてもらった。ちなみに、俺は容姿は普通ぐらいで服とかオシャレにはすごいこだわっていた。当時4人ぐらいと交際経験はあったものの肝心な所が小心者で勇気がなくSEXどころかキスもする事ができず童貞でした。大学が突然の休講で暇だった自分は、服でも見に原宿に行こうと家を出た。時間は午前10時半ぐらい。自転車で駅までの道を走っているとある女性が目に入った。俺がずっと憧れていたTさんだった。Tさんは、俺の弟の友人の母親でうちの母親とも仲が良く、頻繁に家にも遊びに来ていた。俺と弟は7つ年が離れてるし20歳ちょいで結婚・出産だったのでとても若々しくほんのすこしだけギャルが入っているかわいらしい人。夫が理不尽な奴で可哀想な話も親から聞いていた。初めて会ったのは自分が小学校の時でそれから中学、高校とずっとオナニーのオカズにしていた。Tさんは買い物帰りでペットボトルのジュースや食材などをを持ちながら歩いていた。Tさんの家までは200メートルぐらいの所。話せるチャンスはめったにないので話し掛けた。俺「重そうですね。荷物持ちますよ?」T「あっ、お兄ちゃん♪本当?じゃ、お願いしようかな。」俺はTさんには「お兄ちゃん」と呼ばれていた。俺の自転車のカゴに荷物を載せ家の前まで話しながら歩いた。まぁ、俺はそれだけでも幸せな気分だった。家の前まで到着し、荷物を下ろおうとするとTさんに、T「ありがとね~。あっ何か冷たいの飲んでいかない?」と言われた。もちろん、断る理由もないしこんなラッキーな事はないのでお邪魔させてもらう事にした。自転車を駐車場に止め、そのまま買い物の荷物を持ってあげて家の中へ。リビングに通され冷蔵庫の前に荷物を降ろした。T「そこ座ってて~。」ソファーに座って待っているとTさんがコーラを持ってきてくれた。それを飲みながらソファーで1時間ぐらいお話してたかな。話が恋愛の事になってきた。T「お兄ちゃんは今彼女いるの?」俺「いや、いないっすよ。」T「え~、なんで?モテるでしょ?オシャレだし。」俺「全然ですよ。俺、変にカッコつけちゃうから。」と、ここからあまりにもベタだけど微妙な雰囲気が流れてきた。T「ふ~ん、そうなんだ…じゃ、今まで何人ぐらい彼女いたの?」俺「4人ですね。」T「じゃ、経験人数も4人なの?」この質問が出たときはすごくビックリした。と、同時に

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

大学1年の時に33歳の人妻に筆下ろし、当時4人ぐらいと交際経験はあった、キスも、できず童貞、時間は午前10時半ぐらい、とある女性が目に入った、20歳ちょいで結婚・出産、ソファーに座っ、「え~、なんで?モテる、~(笑)」俺、感じになっ、抱き寄せ、「もっとエッチ、舌をからませる激しいキスを…。俺は、初めての快感と、憧れのTさんとの行為に夢心地、ずっとディープキスを、れ首筋を舐められる、俺のアソコはもうビンビンに。Tさんは俺の上に座っ、「ねぇ...ベッド行こうよ。」、「もう一回...ふふっ♪」と言っ、服の上から胸を揉ん、「ブラジャーも...♪」多少てこずった、ブラもはずした。小さいものの張りがあっ、綺麗、上半身だけ裸になった。そして、再びTさんを寝かせ、胸を揉み乳首を口に含ん、おそるおそる白いパンツの中に手を持っ、濡れ、女性の太ももの感触、「クリトリスってどこ、なんとTさんは俺のアナルに下を這わせ、中指をゆっくりアナルに挿入、2人でお風呂に入った、シャワーの中2人で抱き合い何度も何度もキスを、6時ごろ息子が部活から帰っ、5時半ぐらいまでイチャイチャ、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト