性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

サバサバした性格の女友達は実はマゾっぽくてイジめたら大洪水

TD004993
キーワード: 女友達と宅飲み
カテゴリー: 男性視点 男(経験済、大学生)女(若者、経験済、大学生)

テクスト冒頭部分

雰囲気を言えばちょっとサバサバした宮崎あおい。普段大人しめだが結構男人気は高い。高校3年で同じクラスでその後同じ大学に進んだ女友達。サバサバした性格で音楽の趣味が合ったから高校時代より寧ろ大学時代に仲良くなった。ただ御互い高校時代から彼氏彼女がいたから本当に友達という感じの付き合い。週一位で電話したり、バイト帰りとかに時々飲んだりといった感じ。下ネタもありありで本当サバけた感じの付き合いをしてた。そして大学3年になったある冬の日、俺の家で二人で飲んでた。それも二人で飲もうではなく、本当は3人で飲む予定が一人キャンセルしたからという理由で二人だった。当時俺には彼女はおらず、女友達には彼氏がいた。下ネタOKなので飲みながら「SEXしてる?」「ん?まあ、してるけど。」「俺してない」「まあ彼女いないんなら当たり前でしょ。」等々際どい話をしながら飲んでいた。彼女は結構頭が良くて切り返しも早い。しかも男の気持ちがわかっている所が多くて実際その彼女に相談することなんかも多くて、自分達はお互い男女の枠を超えた男友達同士のような関係だと思っていたと思う。だからエロい会話をしつつもそういう事は一度もなく、その日も飲みながらいつも通りに話をしてたんだが、そんな時に二つの会話が合わさって魔力というか、そういう何かが生まれたんだとおもう。一つ目は「浮気」についてだった。ビールも2本半位目の時に「なあ、浮気ってした事ある?」と聞いた。特に意味は無かったけど、彼女は結構可愛くてバイト先で告白とかもされたりとか結構もててたから軽く口に出た言葉だった。当然「無いにきまってんじゃん」と返って来るかと思ったのだけれどそれが違った。聴いた瞬間、くっと身を引くようにして「え、、な、何でそんなこと聞くの?」と言ってきた。してないならして無いって言うだろ?だからこれは怪しいなと思った訳だ。でもその瞬間、彼女がとても生々しく見えた。結構可愛い彼女が彼氏意外とSEXした事がある?まさか。みたいに思った。で、少しドキドキしながらもそれを悟られないように「何、したことあるの?」と、軽く聞こえるように言った。「ないよ、ない。」と、彼女が答えて、でも彼女は嘘つくのが下手だからバレバレ。何か声も微妙に上ずってて俺よりも先に彼女の方が笑った位。「ふーん、ないんだ。」とニヤニヤしながら聞くと。「・・・まあ、ない、・・・んー。ない

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

宮崎あおい、高校3年で同じクラスでその後同じ大学に進ん、性格で音楽の趣味が合った、本当に友達という感じの付き合い、週一位で電話、俺の家で二人で飲ん、自分達はお互い男女の枠を超えた男友達同士のよう、だからエロい会話を、ビールも2本半位目の時に、結構可愛い彼女が彼氏意外とSEX、秘密を告白、そこからプレイに変わった形となった、「裸になったの?」、「・・・・・・3、人。これは本当。」、(時系列としては1回目)、しかも新入生歓迎会の頃サークルの先輩に喰われ、「・・・え・・・多分、4回、位。」、最早彼女がきっと濡れまくってるに違いない事は判った、胸大きいの知ってた、「な、フェラも4人目?」、しかもシャワー浴びません、いつの間にかキスもOKに、肩抱い、ベッドへ、ズボン脱い、かつちゃんと亀頭は口の中で舌使っ、舐め舐め、最早彼女の口の中で綺麗になってるのは必定、パンツの裾から手を入れ、はいめっちゃ大洪水、俺の太腿に頬付けた格好で絶叫系、「下着履いてると舐めれないよ。」、不覚にもイキかけた、口内射精+精子飲みを告白、しゃぶらせたり正常位で抱きしめ合い、「○○君のチンチン気持いいっ」、関係は彼女が結婚、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト