性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

女上司の裸(モデルの手配ミスで副編集長が全身オイルエステのモデルに)

TD005010
キーワード: 女上司
カテゴリー: 男性視点 男(若者、経験済、会社員)女(大人、経験済、OL)

テクスト冒頭部分

社員16人という編集プロダクションに2年ほどいた。社員は男女半々で、ほとんどが20~30代。その編プロはご当地のタウン誌やフリーペーパーを作っていた。俺(当時24)は編集なんてそれまで未経験だったけど、写真の専門学校を出ていたので、その腕を買われて入社した。入社半年くらいで広告を掲載してくれるクライアントへの取材や撮影なんかも任されるようになった。9カ月くらい経ったある日、副編集長(森高千里似のお姉さん系、社内唯一の東京六大学出身、当時28)からリニューアルしたエステサロンの写真を撮ってくるように頼まれた。さっそくアポ取りの電話を入れると、サロンの担当者が「誰かモデルを連れてきてほしい」という。普通の編プロなら、モデルもカメラマンも外注にするんだけど、うちの会社ではクオリティ重視の写真でなければ俺が、モデルにしても社内調達か編集部員の知り合いにノーギャラで頼むのが普通だった。副編に相談すると、「わかったよ。誰かに指示しておくから」というので、俺はその件はそのまま忘れていた。1週間後の取材前日になって、俺は副編に「明日のモデル誰ですか?」と確認を取った。ところが、副編はすっかり忘れていたようで「やばーい!」「どうしよう…」とかなりテンパっていた。社内の女性陣は取材・入稿期間の真っただ中で、ほとんど外出。中にいるスタッフもモデルなんてしているヒマはない。サロンは副編のコネクションで取れた広告だったので、結局、普段は絶対にそんなことをしない副編がモデルとして同行することになった。行きの車の中で、副編は「今の職になってからデスク業務ばかりだったから、仕事で外へ出るなんてひさびさだなぁ。しかもモデルなんて新人のころ以来だよ♪」と、なぜか上機嫌だった。いつもはパンツ姿なのに、その日は珍しく膝が見えるスカート姿。俺はあえて助手席の美脚に視線を向けないように気を遣いながら、前日から気になっていたことを聞いてみた。「エステってどんなエステなんですか?」「フェイスエステが中心だよ。なに、変な期待してんの。ばーかw」職場ではテキパキと仕事をこなし、みんなに頼りにされる反面、仕事中はあまり笑わない副編がいたずらっぽく笑ったので、それをきっかけに会話が弾んだ。副編の見た目からは想像できなかったけど、副編も最近になってカメラの勉強を始めたらしく、カメラ談義でも盛り上がった。副編はプライベートな

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

社員16人という編集プロダクションに2年ほどいた、社員は男女半々で、ほとんどが20〜30代、写真の専門学校を出、クライアントへの取材や撮影なんかも任されるようになった、9カ月くらい経ったある日、(森高千里似のお姉さん系、社内唯一の東京六大学出身、当時28)、エステサロンの写真を撮っ、さっそくアポ取りの電話を入れる、「誰かモデルを連れ、1週間後の取材前日になっ、かなりテンパっていた、社内の女性陣は取材・入稿期間の真っただ中で、。しかもモデルなんて新人のころ以来、。いつもはパンツ姿、、その日は珍しく膝が見えるスカート姿。俺はあえて助手席の美脚に視線を向けないように気を遣い、「普段もこんな感じでエステをやるん、「本当に肌がお綺麗、またバスタオルで身体をぐるぐる巻きに、胸から腹にかけては見事なくびれが形成、推定Cカップくらいの横乳や脇の下は見ることができなかった、(首下から太ももの真ん中あたりまでバスタオルで鉄壁ガード)、さすがに抵抗が激しかった、薄い色素の乳首、ついさっきの出来事が夢のように感じられた、副編は裸を見た件については何もふれようと、ほしいの。お互いに裸を見たことは秘密ってことで。ダメ?」、「覚悟って…。でも、午前中にお風呂に入っ、セットの陰で服を脱い、副編に自分の全裸を見せ、「そっかー。ヒロ君だって普通の男の子、白い長袖のTシャツの下はパンツとおそろいのブラ、「僕も下着姿、すらりと伸びた美脚、『一人で、「うん?今はいないよー。ヒロ君こそモテる、「Mさんは僕のアソコを見たとき、引い、「あはは、ありがと♪その割にはアソコがその後元気ないねw」、撮影を終えたときには午後7時になっ、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト