性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

幼馴染みの姉妹、由美と亜美(妹に告白されて童貞卒業、そのまま結婚)

TD005953
キーワード: 幼馴染
カテゴリー: 男性視点 男(少年童貞、高校生)女(少女処女 、中学生)

テクスト冒頭部分

幼稚園から高校までずっと同じ学校の同級生だった女の子が居た。一応仮名で由美としておく。家がごく近所で、親同士も大変仲が良く、幼稚園から低学年の頃は、よく家族ぐるみで一緒に出掛けてた。由美はなかなかの美人、しかもバレエ、ピアノ、書道、(3年ほどだが)水泳、(水泳やめた後)公文と習い事も山盛り。勉強もスポーツも出来ると言う、マンガに出てきそうな優等生。スラッとしたスタイルで、クラスの男連中の中では一番人気だった。で、2つ下に妹が居て、名前が亜美(仮名)。彼女も由美と同じように習い事をして、勉強スポーツ両刀。ただ、由美と違うのは、美人には程遠い容姿と、大柄で(同級生の中では)ゴツい体格。同級生にはゴリみたいな事も言われてたらしい。父ちゃんは濃い目の男前、母ちゃんは和風美人、姉ちゃんは父似の美人のなか、彼女だけは負い目を感じてたと後に聞いた。幼稚園~小学校低学年の頃は、彼女らの習い事の時間までは、ほとんど毎日遊んでたが、公園の遊具なんかでも、俺がクリアできない場所でも、2人は飄々と登っていったり出来るみたいな感じで、いつも怪我するのは自分だけだった。何と言うか情けない話だが、運動関連では、2人には全く敵わなかった。小学校も高学年になると、だんだん男女で一緒に遊ぶことなんかが無くなってきて、由美と会話するのは登校班で一緒に学校に行くときだけになった。まぁ由美はクラスでは高値の花、俺は道端の雑草、恋心が全く無かった訳では無いが、家の大きさも違うし何となく世界の違いを感じてたので、深い恋愛感情にはならなかった。普通に会話するけどね。ところが、亜美とは何故だか知らないが気が合って、亜美の方は俺を慕ってくれる。「俺ちゃーん」とか言いながら顔を見ると寄ってくるんだが、これが情けないことに、俺が小1(亜美が年中)の時に身長を抜かれたきり、成長期までずっと向こうの方が背も高かった(その頃の身長は、亜美>由美>俺)から、俺としてはありがた迷惑と言うか、複雑な気持ちだった。その頃の事で覚えてるのは、亜美がよく俺に、「水泳やめたい」「バレエやめたい」「ピアノやめたい」なんて愚痴ってた話かなぁ。由美からはそんな愚痴は全く聞いた事が無かったが、亜美は習い事が好きでは無かったようだ。しかも何かと比較される姉の方が何でも進度が早かったらしく、その比較が嫌だったらしい。そんな愚痴を聞いて答えてやるのが、「

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

一応仮名で由美と、由美はなかなかの美人、(3年ほど、スタイルで、2つ下に妹が居、名前が亜美(仮名)。彼女も由美と同じように習い事を、大柄で(同級生の中では)ゴツい体格、感じで、だんだん男女で一緒に遊ぶことなんかが無くなっ、俺が小1(亜美が年中)の時に身長を抜かれたきり、ちょっとだけ微エロ話が有った、俺の弟(小2)の4人でプールに行ったん、2人共胸が膨らん、股間の毛がハミ出してたん、亜美を女性として意識、50メートル走は6.6、ちなみに俺の中3の時のタイムは8.1、3人に告白、。付き合っ、モテない自分、バレンタインのチョコだってこの数年、そこらのアイドルにも負けないプロポーションは顔よりスタイルが気になる自分好み、性格も気心知れてる、いつも2才下の亜美にも付い、しばらくは清い交際を、あまり外でデートとかは出来なかった、よく風呂上がり、童貞には刺激的過ぎる格好で迎え、公園で初めてキス、交際から5ヶ月の話、大会ではいつも2位、可哀想に一度も勝てなかったん、初めてエッチ、いくつか行ったところの駅からちょっと歩いたところに有るホテル街にあるラブホテル、ちょっと見た目綺麗っぽいホテルを選ん、セックスどころ、いきなり舌が入っ、脱衣場で服を脱いでるときに、ムニムニ洗い初めて30秒も経たない内に射精感がこみ上げ、彼女の手がカリ首に掛かった瞬間、こっちは勢い良く彼女の首まで精子を飛ばし、薄いブラウンの乳首、カーブを描くウエスト、そして真ん中の剛毛(笑)。すべてが美しく思えた、(これが100メートル12秒台の脚、程よく筋肉が付い、最後に彼女のアソコを洗うん、これで満足、いよいよベッドに向かう、コンドームを付け、「まだダメ、もうちょっと濡れさせ、指でクリトリスを責める、やっと挿入になった、中学の時から大学生の彼氏が居、フェラに挑戦、亜美の部活が週5でも週7でも構わなかったん、友達付き合いが悪くなるの、「電話代が1万超え、。俺と会うときは大概ショートバンツ、キュロット、ミニとかの脚線美の見える服をよく着、バストが強調、180度開脚もお手のもの。こっちは目のやり場が無くなっ、5分も有れ、、プレッシャーはキツかった。が、たまたまその年のセンター試験の内容にかなりの幸運が有り、運良く自宅から通える末端国公立大学に何とか引っ掛かる事が出来た。ちなみに由美は女子短大へ推薦。由美はこの歳になる、浴衣の紐で亜美の手を縛り、一番速いときで50メートル7.0、日々ダンベルで鍛えてる体育会系に勝てないのは仕方ないとは、ふとしたきっかけでバイブを発見、太ももを顔に押し付けられ、床に跪いた俺が脚を舐めるってシチュエーションが好き、れただけでフィニッシュ、亜美は地元でOL、普通に結婚、俺はハナから、ゴムは必ず付けてたん、今年で4回目の参加、結果由美と付き合ってたかも知れないと妄想、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト