性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

熟女との初体験

TD006300
カテゴリー: 男性視点 男(中学生)女(人妻 )

テクスト冒頭部分

僕は25歳になった今でも若い女にはあまり興味がわきません。いわゆる「老け専」ってやつです。それは初めての相手が熟女だったからです。母親の友人だった女性に小学生の頃から可愛がられていました。その女性(カオルさん)はバツ1で子供もいないため僕を自分の子供のように思っていたようです。僕もカオルさんになついていてたまには家に遊びに行ったまま泊まらせてもらうこともあるほどでした。まだ子供だった僕は一緒にお風呂に入ったり一緒に寝たりも平気でした。中学生になった頃には少しづつ遊びに行くことは減りましたが、それでも月に一度ぐらいはなんだかんだで顔を合わせることがあり気軽に話せる大好きなおばさんでした。中3のとき親と喧嘩して家を飛び出した日でした。夕方になって行くあてもない僕はカオルさんの家へ行きました。「おっ、どうした~?」といつも通りに優しく迎え入れてくれました。そこにはカオルさんの友人のミツコさんと言う知らないおばさんもいて二人はお酒を飲みながらお話し中だったようでした。カオルさんに親と喧嘩して出てきたことを話すと「私のところへ頼って来てくれるのが嬉しいわ~」とご機嫌でした。もう一人いた知らないおばさんミツコさんも「そっかそっか~。少年!そんなときはこっちに来て一緒に飲みなさい!」と僕を隣に座らせコップにビールを注いできます。カオルさんは「だめだめ~、無茶しないで~」と言いながらも笑って見ていました。僕も「ビールぐらい飲めるよ~」と飲んだりしてなんだか楽しい雰囲気でした。カオルさんは僕の親に「今日はうちに泊めるから心配しなくていいよ」と電話をしてくれて、そこからはおばさん二人に「彼女はいるの?」とか「初体験は済んだの?」とかなんだかんだ質問責めされました。ミツコさんは「こんな可愛い子を今まで秘密にしていたのはズルイ!」とかカオルさんに言って僕に抱きついたりしてきます。カオルさんは「私の若い彼氏だも~ん!秘密にするのは当然でしょ~!盗らないで~!」とか言ってノリノリで笑いながら見ています。そのノリは楽しくて良かったのですが、女性に抱きつかれた経験の無い僕のチンコはだんだん反応し始めてしまいました。隣に座るミツコさんがそんな僕を見逃す訳は無く「あら~!あら~!なんだか膨らんでるぞ~!」とズボンの上から触ってきました。僕は恥ずかしくて必死に手で押さえ逃げるのですがミツコさんは止めてく

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

僕は25歳になった今でも若い女にはあまり興味がわきません、女性に小学生の頃から可愛がられ、その女性(カオルさん)はバツ1で子供もいないため僕を自分の子供のように、僕は一緒にお風呂に入ったり一緒に寝たりも平気、それでも月に一度ぐらいはなんだかんだで顔を合わせることがあり気軽に話せる大好き、おばさん、そこにはカオルさんの友人のミツコさんと言う知らないおばさんもい、二人はお酒を飲み、電話を、「初体験は済ん、「こんな可愛い子を今まで秘密に、ズボンの上から触っ、「ヒロくんどう、僕は気持ち良いのと恥ずかしいのが半々でどう、断った後の雰囲気とセックスを知っ、応え抵抗を止めました、三人それぞれが覚悟を決めたのが解ります、胸に引き寄せ触らせ、僕の手に伝わる感触は少し硬いブラジャー越しの柔らかい胸、キス、「ズボン脱がすよ?、カオルさんの服のボタンを外し脱がせブラジャーのホックも外しました、感じで顔を押しあてました、その反対隣でミツコさんがとうとうズボンもパンツも引っ張り下げました、全裸に、カオルさんの乳首を舐め、それはミツコさんのフェラのせい、快感を味わい、パンティーの上からマンコのあたりを触り指で摩りました、中指をマンコにあてると濡れ、その肌に舌を這わせ、首筋や脇腹まで舐め回し、クリトリスに吸い付き舌で舐め回しました、カオルさんの上に体重を掛けないように乗りました、そしていざチンコ挿入、カオルさんのオマンコにゆっくりと入れました、喘ぐよう、今にもイキそうになったときにミツコさんが僕の顔にまたがっ、それまでオナニーでは1日の3回ぐらいは抜くこともあった、さあ今度は2回戦、さっきまで僕の顔の上で僕に吸われ舐められまくったミツコさんのオマンコは愛液と唾液でべっとり、目の前にはカオルさんのアナルも丸見えで有ります、その間ミツコさんは2〜3度身体を仰け反らせ気持ち良さそうに、そして僕はフィニッシュ、そして裸のまましばらく僕を真ん中に、「でも下着の替えが無いのよね…」、僕は親子ほど年の違うカオルさんと恋人同士や夫婦になったよう、またエッチ、「ヒロくんのこれは元気、その時お風呂の壁にもたれ背中に感じたタイルの冷たさとチンコに感じるカオルさんの口の温かさは今でも忘れられません、この日もう3発目、5分も突い、「ヒロくん布団に寝る?それとも私のベッド貸そうか?」、今度こそ1対1で普通のセックスを、ノーブラで柔らかい感触が伝わっ、顔は徐々に首筋にキスしなから上へ行きディープキスを、僕はそれまでこんなに気持ちを込めた激しいキスを、綺麗、この日もう4発目、翌朝起きたとき僕はまだ性欲を感じました、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト