性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

学生の頃、不妊に悩む奥さん相手に種付け屋のバイトしてた

TD006634
キーワード: 不妊夫婦に種付け
カテゴリー: 男性視点 男(経験済、大学生)女(大人、人妻 、主婦)

テクスト冒頭部分

不妊の原因って、夫側と妻側のどちらにあることが多いんだろう?知り合いの医者に聞いたら「うーん、半々くらいじゃないの?」との回答。その時は医者のくせになんでそんな曖昧なんだよ、と思ったが、正直どちらが主な原因か断定しづらいケースも多いそうだ。医学的な問題以上に実態を分かりづらくしてるのが「夫の非協力」。ここにきてようやく男性不妊への理解が高まってきたが、意外と最近まで「不妊は女の側の問題」という風潮が世間一般に強かった。奥さんの検査でこれといった異常が見つからず、「念のため」と旦那に検査を勧めても、断られることが多かったそうだ。男の側が原因の不妊もあること自体は、昔から知られてたはず。「子宝の湯」に行ったら三助(背中を流す人)そっくりの子供を授かったとか、子宝祈願に来た奥さんを坊主や神職が「珍棒」を駆使して治療したとか、真偽はともかく、その手のエロ話は昔からあったみたいだし。これは想像だが、産科の医師自身が不妊の女に直接「治療」するケースも、それほど古くない時代まで残ってたんじゃないか、という気はする。さすがに、俺の学生時代のバイトまで一般的だったとは思わないが。というわけで、ここから先は妄想ってことでよろしく。俺がやってたのは、簡単に言うと不妊女性への「種付け」。夫の精子に問題があるときの不妊治療法に「非配偶者間人工受精」があるが、その自然受精版か。医者や病院とは無関係だから「治療」じゃないけどな。かなりマズい部分があるんで、業態とか俺がスカウトされた経緯は割愛するが、俺が選ばれたのは「没個性」だったからだろうな、と今でも思ってる。身長170センチ台後半の中肉で、ルックスや運動神経は並の上くらいだった。眉が妙に太いとか、頭が大きいとか、脚が長いといった特徴のないのが特徴。大学の偏差値はやたら高かったが、遺伝のおかげかどうかは知らない。父方、母方の親族とも極端な体格、遺伝性疾患、精神障害の持ち主はいない。基本的にインテリの家系だが、一族に音楽とか特殊な才能がある人もいない。本人は健康で血液型もありきたり。平凡な一族に生まれた平凡な男だと思う。性格的にも向いてたかもしれない。自分でも持て余すくらい精力や性欲は強かったが、恋愛には全く興味なし。コミュニケーション能力は普通にあるし女の子と接するのも問題なかったが、女友達やセフレはできても「彼女」はいないタイプだった。もっと

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

その手のエロ話は昔からあったみたい、ここから先は妄想ってことでよろしく、不妊女性への、夫の精子に問題があるときの不妊治療法に、身長170センチ台後半の中肉で、脚が長いといった特徴のないのが特徴、大学の偏差値はやたら高かった、体格、性格的にも向いてたかもしれない、女友達やセフレはでき、血液型や学歴といったドナー候補の基本情報と顔写真で奥さんが、マジックミラー越しに女の子を選ぶ風俗みたい、名前や住所といった個人情報は秘密扱い、シティーホテルを利用、ラブホテルを使わなかったのは、相手は35歳くらいの地味、処置室は普通の1LDK、とりあえず順番にシャワーを浴びた、腰タオルでベッドに座ってる間、それまでも何度か人妻の不倫相手を、皆無の女を抱くわけ、ほぼ初対面の俺に裸を見られたくない、胸は小さめ、あまりエロいスタイルじゃないという印象、全身をまさぐり乳房を揉んだり吸ったり、「マグロ」、夫婦のセックスは、純粋にエッチを楽しむなんて何年もご無沙汰の人が多い、比較的反応の良かった乳首を中心に、どうにかこうにか濡れ、フェラ、ベッドの中で半勃ちのペニスを握らせる、急速にアソコも潤っ、挿入、2回、3回と連続で大波が押し寄せたらしく、俺もうまい具合に射精感が来た、一戦交えた後は女の肩を抱き、布団の中でキス、5分くらい舌を絡めた、浮気は結婚後、改めて明るい所で見たらなんだかソソる、それほど美人でもない、奥さんも気に入ったのか何度も大イキ、4回戦、満足、奥さんはキレイに化粧、下着まで買っ、3日間で計9回戦も頑張った、6日間×2回戦、30代の半ばから後半が多い感じ、「あの、全部脱がなきゃいけませんか?」、処女、終わった後は放心状態、痩せて、ウエストのくびれや脚線美を強調、本当は1日2回ずつ中出ししてた、俺も奥さんを愛おしいと感じた、5日間をさらに7日間に延長、「入れ込むのはマズいよ」、「寝取られ好き」、バイトとは無関係に1回だけデキ婚、生物学上の子供が何十人かいると、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト