性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

逆転、働き始めた気の強い妻が上司の部長と浮気していた

TD007439
キーワード: 妻の上司に寝取られ
カテゴリー: 男性視点 男(熟年、既婚、管理職)女(熟女、人妻 、OL)

テクスト冒頭部分

私は、まあまあの大学を卒業し、全国区ではありませんが一様地元では名の知れた企業に無事に就職しました。俗に人の言う苦労知らずの道を歩んでいたのでしょう。自分では挫折も味わったつもりですが、友人に言わせると、そんなのは世間知らずの甘ちゃんだと冷やかされてしまいます。人の痛みは10年でも我慢出来ると言いますが、私もそんな感覚で、自分の悩みは大した物で、人の悩みは小さな物にしか感じない俗物なのだろうとは自覚しています。そんな私が25歳で3年後に入社した今の妻と職場結婚しました。その時の妻の雅子は、野性的な美人でありながらも、個性的な雰囲気がその風貌をより強いインパクトにし、男性社員から可也人気がありました。職業柄、女性社員の多い職場で、これ程人気の有るのも珍しい存在では有りましたが、私は私で、まあまあの容姿で遊び人でしたので、それ程気に掛ける存在ではありませんでした。彼女は、多数の男性社員からデートの申し込みを受けた様ですが、食事を付き合う位で、誰とも真剣な交際には至らなかったので、身持ちの堅い女で通っていました。その結果が、今の私の変わった幸せ?に結び付くのでですが・・・・・しかし、此処に至るまでには、人には語れない苦しみを経験させられたのです。妻とはあるプロジェクトで同じチームとなり、残業続きで帰りが遅く、一緒に食事や飲みに行く機会が増えた事でお互いに親密になって行きましたが、私にとってはガールフレンドの一人に過ぎませんでした。ましてや、同僚達が言う様に身持ちの堅い女なら、それ以上の深入りは、私が恥を掻くだけと思い、有る程度の距離を取る事が、賢明だろうと思っていたのです。私はプライドが高いのです。そんなある日、珍しく酔った彼女の口から意外な言葉を耳にします。「私は貴方に一寸興味が有るんですけど、貴方は如何ですか?」「えっ?僕に?」「そうです。何か不良ぽっくて、でも仕事をしている時は真剣で、アンバランスな所に魅力をとっても感じます。今迄、いい男はいっぱい居たけど、先輩みたいな人は凄く年上の人にしか居なかったわ」まさか彼女からそんな事を言われるとは思ってもみなかったので、可也驚きました。それでも私も男です。「それは光栄だな」等と格好を付けていましたが、鼻の下は伸びていた事でしょう。それからは、彼女からの誘いが頻繁で、それまでのガールフレンド(セックスフレンド)とは少しずつ疎

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

まあまあの大学を卒業、人の痛みは10年でも我慢出来ると言います、人の悩みは小さな物にしか感じない俗物、そんな私が25歳で3年後に入社、今の妻と職場結婚、その時の妻の雅子は、美人、男性社員から可也人気がありました、女性社員の多い職場で、多数の男性社員からデートの申し込みを受けた様、食事を付き合う位で、交際には至らなかった、一緒に食事や飲みに行く機会が増えた事でお互いに親密になっ、私にとってはガールフレンドの一人に過ぎません、、先輩みたい、(セックスフレンド)、付き合いが始ると同僚達のやっかみも有りました、夫婦での勤務は認められ難い古い習慣がある職場でも有ったのは事実、妻の性格に幾度と無く、妻からのアプローチでは無く、満足、いいかしら?千秋が勤めてる会社で人を募集、6時には帰れるわ。それから夕食の用意を、9時から5時迄のフルタイム、「あの子達には、もう許可を得てるの。かえって私が四六時中居ない方がいいみたいよ。勿論、誰にも不自由は、習い事のサークルに参加、暫らくは6時前には帰り、1年位経った辺りから何も話さなくなりました、甘い、もしも妻が私が疑念を抱く様、何事にもこんな感じで後回しに、?帰るそうそう風呂でも無い、気持ち悪いのよ。シャワーを浴び、あからもう4年が経ちました、その事を切欠に、いいんじゃないのか?俺ももう46歳、、別れ、予想通り見知らぬ男とホテルに入るところと、現場が写真に写され、夜の営みも妻が残業を口実に帰りが遅くなる様になっ、子供は居ない38歳の人、何せ性格が明るい、妻が激しい言葉を口に、ベッドの上で、裏では舌を出し、自分の性格の甘さで妻に舐められ、愛が有るのか如何、、二人だけの時間がたっぷり持てるもの、きっとサディスト、ベッドの上に身体を横たえ、やはり電話の相手は部長の様、「はっはい。御主人でいらしゃいますね・・・・」、長女がソファーに座っ、思いのほか綺麗に整理、。岸部さん、あんたも部長、今来てるのは妻からの電話を受け、私は居間で一人煙草に火を点ける、「お父さん、ここで煙草を吸ったら駄目、「雅ちゃんも気が強い、窮鼠猫を噛むと言うところかな、黒田専務は私の名刺をまじまじと見詰、ひょっとしたら酒の席で、何十秒かでこの会社の責任者が現れました、俯いたままの妻の肩が震えます、大学生と言っ、どんな間違いを犯したに、妻と別れる事に何の抵抗も無いと言ったら嘘になります、私よりもあんな男に魅力を感じた等とは、妻を寝取られた夫では如何も格好が悪い、、素敵、何年にも及ぶ肉体関係、、男とお前の関係は社内で公然の秘密、私の前で服を脱ぎ始めたの、俺が抱ける?たとえ何千回洗ったとしても真っ平御免、愛も無く客に身体を預ける風俗の女の方がまだまし、妻に嫉妬とは違う複雑、岸部は由利絵に何の用で電話を、そんな方法が私のこれからの人生にプラスにならないのは百も承知、。まだいたのか。もう話す元気もないよ。悪い、何才にになっ、店の女の子に声を掛けました、荒々しく服を剥ぎ取られ少し抵抗を、、子供は可愛いもの、ルームミラーに慌て、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト