性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

人妻の悲しい性(マッサージのバイトで感じさせ、中出し)

TD007539
カテゴリー: 男性視点 男(経験済、大学生)女(大人、人妻 、不明)

テクスト冒頭部分

これは僕が20歳のときに体験したことです。当時僕は大学生でした。大学生ではありますが、僕の住む地域は大規模な観光地であり、週末や夏休みはマッサージのバイトをやらされていました。シーズンともなるとマッサージの人手が足りなくなり、20歳前後でマッサージのバイトをしている(やらされている?)人は多いのです。人の身体に触れる仕事ですので最初は抵抗がありましたが、親の手伝いということで始めました。お客さんも僕がマッサージに行くとびっくりされていました。しかし、経験を積むにあたって技術も高まり、お客さんも不安でありながら最後は満足していただいていました。お客さんは大抵年配の方が多く、当然男の人もいましたし、年頃の僕には抵抗がありましたが、仕事ということで割り切って行っていました。いつもおじいちゃん、おばあちゃんがメインだったのですが、この日はめずらしく若い女性に当たったのです。若いといっても人妻で子持ちの30歳前後の人です。夜の7時半頃でした。部屋にマッサージで訪れると、ドアを開けたのがその30歳前後の人妻でした。名前はわからないのでさやかさんとしておきます。ドアが開いてさやかさんを見た瞬間、いつものギャップとあまりに綺麗に見えてドキッとしてしまいました。逆にさやかさんもマッサージ師の僕が男であることと、マッサージ師にしては若すぎるので驚いた様子でした。不安になりながらも追い返す訳にもいかず、仕方なく部屋に入れたという感じでした。部屋には布団が二つ並べて敷いてあり、2歳くらいの子供が既に眠っていました。旦那さんの姿は見えなかったのですが、布団が二つ敷いてあることと、部屋に脱ぎ捨ててある私服を見て旦那さんが存在することがわかりました。「今いくつなんですかぁ~?」「20歳ですよ~」「マッサージできるのですか~?」「一応厳しく指導されていますので大丈夫ですよ~」マッサージの準備をしていると、さやかさんはやはり不安なのかこんな質問をしてきました。ならば僕もと思い「旦那さんはお風呂ですか?」と一番気になることを何気なく聞いてみました。「ラウンジに行ってるんですよぉ~」との返答でした。ということは当分戻らないのかな?などという不謹慎なことを考えていました。子供が寝ていることは別として、こんな綺麗な人妻の方と二人っきりであることと、何よりもこんな綺麗な人妻の体を70分間も触る事ができるのかと

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

これは僕が20歳のときに体験、当時僕は大学生、人の身体に触れる仕事、最後は満足、この日はめずらしく若い女性に当たったの、人妻で子持ちの30歳前後の人、夜の7時半頃、さやかさんと、いつものギャップとあまりに綺麗に見え、仕方なく部屋に入れたという感じ、2歳くらいの子供が既に眠っ、「旦那さんはお風呂、人妻の方と二人っきり、最初は肩から始めたの、電話を、あるはずの物・・・ブラジャーの紐が無いの、パンツのラインを発見、丁度脚の付根の部分に移ったとき、腰の部分から股間の部分まで脚の付根を順番に下り、くすぐったさか快感を堪え、そしてそのまま太ももから足先に移ります、ホテルが営業停止になっ、5分以上は性器を擦り続け、僕はふくらはぎのマッサージを省略、そして1分程度太もものマッサージを、そして更に1回・・2回・・3回・・と擦っ、セックスまで持っ、パンツの上からクリトリスを2本の指で摘ん、膝を立てた状態で膝が胸に着くまで押し込みます、おそらくパンツの中は想像以上にグショグショに濡れ、その間さやかさんの身体はピクンピクン反応、そのまま一点を集中的に責め続ける、僕のチンポをズボンの上から触らせました、キスだけは旦那のために守りたいということ、耳と首筋へキスを、舐めたり、物凄い量の愛液でヌルヌルになっ、よがります、ほしかったらパンツを脱がさせろという大人の無言での交換条件が成立、ベッドの横に投げ捨てました、情けないことに30秒程でイキそうになりました、5~6回チンポを出し入れ、さやかさんのビンビンに固くなった乳首を口に含み、唇の中に舌を押し込ん、僕のチンポは動きを止めたまま射精へと向かっ、チンポを挿入、「シャワー浴びる、見ず知らずの男に中出しされたの、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト