性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

スロットにはまった若妻を罠にはめた

TD007779
キーワード: パチンコ
カテゴリー: 男性視点 女(人妻 )

テクスト冒頭部分

俺が昔、スロットで生活してた頃の話だけど、けっこう良い思いをしてた。今となっては信じられないかも知れないけど、昔のスロットは、技術介入とハイエナ狙いで、確実に食えた。閉店間際に天井近い台をメモして、次の日の朝一狙いをするだけの簡単なお仕事なのに、なぜみんなやらないのかと不思議に思うくらいだった。そして、負けてるヤツを見て、正直心の中で笑っていた。フラッと店に来て、適当に台を選んで、ジャブジャブお金を解かしていく姿は、勝っている人間から見ると、俺の養分wて言いたくなる感じだった。そして、そんな負け方をする人間に、若い女性が多いのもあの頃の特徴だった気がする。5号機になってからは、俺はスロットは打たなくなったけど、たまに1パチとかで遊んだりする時に、スロットの島を見ると、本当に女性というか、打つ人間そのものの数が減ったと思う。確かに、今のスロットはストレスしかたまらないw当時は、アホみたいに金を溶かし続ける女の子を見て、止めときゃ良いのにと思いながら、俺はマジで出しまくっていた。あの頃は、負けてるヤツは額もハンパではなくて、死んだ魚のような目で打ってて怖かった。レギュラーボーナスが確定しているのに、必死な顔で、すがりつくようにビッグを目押しし続けるヤツとか、溶かしすぎて震えながら打つヤツ、台を壊れるまで殴り続けるヤツ、ホールのトイレで自殺するヤツまでいたような時代だった。そして、俺が箱を積んで打っていると、たまに女性に声をかけられた。トイレに立った時や、飲み物買いに行った時に、後ろから声をかけられるパターンが多かったけど、ストレートに”買ってくれ”と言うヤツだった。初めはけっこう驚いたけど、1万で口、2万で最後までとか、風俗より安上がりだったから、ちょくちょく買ってたwとは言っても、向こうも早くスロットを打ちたいばっかりで、とにかく早くイカせようとするし、移動の時間がもったいないからか、駐車場の隅とか、車の中とか、トイレの中がほとんどだった。なので、ムードも何もないんだけど、けっこう若い女の子も食えたし、驚くほど可愛い子もいたりで、それなりに良い思いはしていた。そんなある日、環奈に出会った。後でわかったことだけど、環奈は26歳の人妻で、結婚して2年も経っていない、ほぼ新婚さんだった。俺がいつものように、朝イチで並んだ台で打っていて、宵越しのハイエナが上手く行き、1G連も

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

次の日の朝一狙いを、俺の養分wて言いたくなる感じ、若い女性が多いのもあの頃の特徴、5号機になっ、たまに1パチとかで遊んだり、1万で口、2万で最後までとか、風俗より安上がり、驚くほど可愛い子もいたり、環奈に出会った、環奈は26歳の人妻で、結婚、スカートからわずかにのぞく太ももを視姦、あっという間に3万位溶かした彼女、放心状態になった……俺は、すでに1万5千枚以上出し、4つも上で驚いた、彼女のことを舐め回すように見、胸の張り出し方がちょっとおかしなくらいのレベル、巨乳、3日後に環奈から電話があった、ミニとまでは言わない、白いブラウス姿、うっすらとブラも透け、『あの……トオル君、また、5万円お願いできないかな?』、それを携帯電話のカメラで撮影、ホテルに向かった、5分くらいのところにラブホテルがある、ソファに座っ、、学校でもモテるんじゃないの?私みたい、おばちゃんと、その……エ、エッチ、大学の、俺とこれからセックス、「そっか、じゃあ、シャワー浴びる?」、どんどん彼女を脱がせ、上下おそろいの可愛い下着姿になった、ストッキングははい、エロく、Fカップくらいありそう、そのくびれたウエストが凄い、環奈さんが腕で胸と股間を隠し、ブルンと胸が大きく揺れた、綺麗、ピンク色の乳首に、ビクッと身体を固く、アソコを隠そうと、「アレ?剃ってるの?」、一緒に風呂に入った、「二人だけ、性格とも思えない、持てるテクニックを駆使、もうイキそう、俺のペニスがある、『彼としか、付き合ったことない、初フェラを奪えるなんて、俺のアレに舌を伸ばし始めた、強い快感が来た、アナルを舐めることまで教えた、「今度は、上の方からおちんちんに、唾液を、一番気持ち良い射精、すごい満足感を感じ、唇の端から少し精子を垂れ流し、裸のまま移動、そしてベッドに寝転がる、彼女にキスを、旦那にメチャメチャ嫉妬、おそらく環奈さんはクンニも初めただと、『コンドーム、着け、素直にゴムを着けた、うっ!!あっ!あんっ!アン?アン?ヒィぁっ……ンッくぅぅっ!!すご、いぃぃ』、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト