性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

温泉宿で知り合ったヤクザのイボ付の巨大なものに犯され続けた妻

TD007923
カテゴリー: 第三者視点 男(大人、経験済、ヤクザ)女(大人、人妻 、不明)

テクスト冒頭部分

結婚3年目で二人で旅行したとき、田舎町の温泉宿行きました、当時、私が30、妻が27でした。温泉宿といっても離れが4軒ほどの小さなやどで露天風呂付。その頃はヤリまくり旅行のようなものでした。その日の客は、私たち夫婦と4人組み男客のみでした。母屋で食事をしたときは妻に対する目線が気になったのですが、わたしは特にはきにしないようにしていましたが、その後で大変なことになっていました。離れには内風呂がついていましたが露天に入りたくなり露天風呂に行ったら例の4人組みが後から入ってきました。体中に刺青がありびっくりしましたが、こそこそと逃げるわけにも行かず、少し我慢していました。4人とも堂々と歩いているので、自然と見えてしまったのですが、3人の物にはイボイボがいっぱい入っていたのが見え、残りは一人は、はいっているのかわからないほど太く長くびっくりしました。あんなでかいのは、現在までも見たことありません。椅子に腰掛けてもタイルにつくぐらいでした。勃起したらどうなるのか想像でき無いぐらいでした。その後、何とか先にでたのですが、脱衣場から出ようとしたとき一人の男に声をえかけられました。「一緒に飲みませんか、地元のいい酒が手に入ったので。。」一度は断りましたが、何度も誘うので「少しだけ」といって彼らの部屋へ行き2杯ほど飲みました。30分ほどで失礼しますと、部屋へ戻りました。そのときの彼らのニコニコした顔が今となっては・・。部屋に帰るとすごく眠くなり眠ってしまいました。お酒に睡眠薬を入れられていたのでした。朝目が覚めたときは妻は部屋にいなく、どこかいったのかと探していたら、いつの間にか部屋へ戻っていました。後でわかったのですが、一晩中、4人の刺青男たちに犯されていたのでした。帰りの車では、疲れたといって妻はずっと眠っていました。それから1ヶ月後、妻が実家に用事があると言って帰り、そのとき部屋の片づけをしていたら粗大ごみの中でビデオテープを3本見つけ、何を捨てるのだろうと、再生してビックり、固まってしまいました。例の4人組みの男たちの部屋で浴衣のまま縛られ猿轡をされている妻でした。男たちは妻に何か薬のようなものを塗りつけて、いたぶっていました。後でわかったのですが、「やく」という言葉が聞こえてきていました。私はびっくりしたにもかかわらず、そのまま3本のテープを見てしまいました。約6時間もの間

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

結婚3年目で二人で旅行、離れが4軒ほどの小さなやど、私たち夫婦と4人組み男客のみ、残りは一人は、「一緒に飲みませんか、地元のいい酒が手に入った、彼らの部屋へ行き2杯ほど飲みました、4人の刺青男たちに犯され、それから1ヶ月後、例の4人組みの男たちの部屋で浴衣のまま縛られ猿轡を、約6時間もの間、必死に抵抗、10分も、「いく、いく」、1本目のビデオは終わりました、男は口を諦め胸を嘗め回し、股間を嘗め回し始めました、正上位、抱っこスタイルを繰り返し、男の射精は長く、全裸で放心状態で寝、まるで別人の淫乱女のよう、妻の実家に電話、乳首、ヒダにはピアスが入れられ、彼ら4人以外に数十人と関係を持ったそう、17個になります、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト