性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

仲人でもある夫の上司にコタツの中でイカサレてしまった新婚の人妻

TD008363
キーワード: 夫の上司と
カテゴリー: 女性視点 男(熟年、既婚、管理職)女(大人、人妻 、主婦)

テクスト冒頭部分

私は2年前に勤めていた会社の取引先の営業マンと知り合い大恋愛の末、去年の秋に結婚した新婚ホヤホヤの25歳の新妻です。ちなみに身長164、B88、W60、H92とプロポーションには自信がありましたが、プライドが高いせいか男性経験もほとんどなく、初体験も20歳の時で、相手は大学の先輩で私から好きになり結ばれました。夫が2人目でしたが、夫はセックスがとても上手で女としての悦びも教わりました。セックスの相性も良く結婚前はほとんど毎日時間を見つけては愛し合い、心身共にこの上ない幸福を感じて結婚しましたので、愛のないセックスは絶対ありえないとあの日までは強く信じていました。この話はハワイへの新婚旅行を終え、私たち夫婦の仲人でもある夫の上司へ挨拶に行ったときのことです。上司の部長さん夫婦は、私たちを快く迎えてくれ、奥さんの手料理に舌鼓を打っていました。私たちが帰ろうとすると、部長さんがおいしいワインがあるからとお酒を頂くことになりました。ゆっくりくつげるようにとコタツまでも用意していただきました。2人共お酒は強くない方でしたが、上司の勧めるお酒を断ることも出来ず、少し無理をしながらも酒宴は進みました。しばらくすると夫は居眠りを始め、そのまま寝入ってしまいました。部長さんも「少し休ませてあげなさい」と夫をそのまま寝かせてしまい、私もほろ酔い気分で旅行の土産話などに花を咲かせていましたが、そのうち、膝のあたりにしきりに部長さんの手が当たるのに気づきました。(いやだわ、部長さんたら、酔ってらっしゃるのね)気のせいだと思いそのままにしていたのですが、その手が除々に膝から太腿にかけて這い上がってきたのです。(えっ、うそ、やめてください)私は、この時不覚にもフレアの白いマイクロミニをはいていたのです。夫の上司でもありまた奥さんの手前じっと我慢をしなら耐えていましたが、それをいいことに部長さんのいやらしい手が更にスカートの奥へと伸び指が太腿の付根の奥の敏感な部分に触れてきました。(お願い、やめて、ああっ、そんなにしないで)何度か部長さんを睨みつけ手を払いのけましたが、しつこく太腿の奥を這いまわり、足の付け根をマッサージでもするように優しく揉みあげてきます。それがとても心地良く不覚にも感じてしまったのです。(やめてください、だめよ、いや)私がたじろいでいると、すばやい動きで遂にパンストを膝のあた

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

私は2年前に勤め、去年の秋に結婚、新婚ホヤホヤの25歳の新妻、ちなみに身長164、B88、W60、H92とプロポーションには自信がありました、相手は大学の先輩で私から好きになり結ばれました、夫はセックスがとても上手、愛のないセックスは絶対ありえない、この時不覚にもフレアの白いマイクロミニをはい、それをいいことに部長さんのいやらしい手が更にスカートの奥へと伸び指が太腿の付根の奥の敏感、身体が反応、すると部長さんは今度はゆっくりとショーツをずり下げその太い指を挿入、アソコの奥深くまで愛撫を始めました、そして段々激しく指を1本、2本と絶妙、長くまた激しいキスが続き、部長さんは舌を差入れ、乳房をやさしく揉みしだい、奥さんはお風呂のよう、私は新婚間もない人妻、一人の女として、乳首を転がし、恥かしいほど濡れ、快感に酔いしれ、私の期待を遥に上回る快感に陶酔、淫らに腰をくねらせ、その後は二人で抱き合い舌を絡ませ、自分の犯した罪の深さを知り愕然と、部長さんに抱かれ、主人が九州へ三日間の出張に出た日の夜の事、電話が鳴り出、そして5分後に、私は胸の高鳴りを憶え、リビングのソファーまで連れ、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト