性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

ひと夏の激しい体験(主人には絶対言えない高校時代の処女喪失)

TD008442
カテゴリー: 女性視点 男(少年、経験済、高校生)女(少女処女 、高校生)

テクスト冒頭部分

アラフォーの平凡な主婦です。主人には絶対言えない秘密があります。といっても不倫や浮気じゃなくて、私の「初めて」の話。オバさんの初体験なんて興味ない、と仰る方は、遠慮なく次の話へ進んでください。私は小さい頃からおとなしいというか、地味で暗い子でした。モテないくせに自意識過剰なのか、男の子に話しかけられると身構えるタイプ。友達に彼氏ができたとか、初体験を済ませたとか聞くと、内心うらやましいな、と思いながら、私には縁のない世界と考えてました。高校2年の夏休みのことです。私は文化部所属で、休み中は基本的に暇。かといって、毎日遊び歩くほど交友関係が派手でもありません。そろそろ受験のことも考えなさいよ、と親はプレッシャーをかけてきます。そんなこんなあって、休みの日中は近所の図書館で過ごすようになりました。幸い本は好きでしたから、勉強道具を抱えて涼しい図書館の隅に陣取り、勉強に飽きたら本を読んで、また思い出したように参考書を開くことの繰り返し。うーん、確かに暗い子ですね。図書館に通い始めて3日目くらいでした。借りてた小説2~3冊をカウンターで返却してたら、隣にいた男の子が「あっ、その本、あなたが借りてたんですね」と話しかけてきました。初めて見る子です。たぶん私と同年代。その子、同じ本を読もうと思ったら貸し出し中で、カウンターで返却予定日を聞こうとしてたようです。「へえ、○○さんの本、お好きなんですか?」私は何の気なしに聞いてみました。その作家、父の趣味で私も読み始めたんですが、どっちかというと中高年に愛読者が多いイメージ。自分を棚に上げて何ですけど、高校生が読むなんて珍しいな、と思ったんです。「母が好きなんです。オバさん向けと思ってたけど、意外と面白いですよね」「あっ、やっぱりそう思います?」後から考えると、この時点でもう普通じゃなかったんですよね。いくら好きな作家が同じだからって、初対面の男の子と気安く話すなんて、人見知りするいつもの私じゃ考えられないことです。ところが、その日の私は違いました。自分でも驚くくらい自然な会話。彼の方も違和感を覚えなかったらしく、閲覧室わきの喫茶コーナーに移動して、ひとしきりその作家の話で盛り上がりました。男の子は「慎一郎」と名乗りました。私と同じ高校2年生。東京に住んでて、夏休みを利用して祖父母宅に遊びに来たそうです。「この図書館、よく来るの?」

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

主人には絶対言えない秘密があります、モテないくせに自意識過剰、高校2年の夏休みのこと、3日目くらい、「慎一郎」、従兄は私より8歳上、感じ、朝一番の図書館なんて、「これはデート、私の肩に手を置きます、えっ…?ちょっと遅めのファーストキス、お風呂でも机の前でも独りニヤニヤ、無人の社務所には1カ所だけ鍵のかからない窓があっ、5年ぶりくらい、その事実だけで私の胸は高鳴りました、そっと肩を抱きました、口の中に舌が侵入、下着を脱がされ股間をまさぐられた時は、濡れ、自分で慰めるのとは比べものにならない快感に、もちろんセックスが目的、挿入、その間も両手と舌で乳房やら首筋やら、「素敵、携帯電話もメールもない時代、慎一郎君と交際、とても他の人とお付き合い、お相手は少し遊び人風の大学生で、結婚2年目、愛を確かめ合う感じ、サイズの違いもある、小学生時代からメガネ、本人はアイドルタレントばりのロン毛を気取ってるよう、二十数年前と全く変わりません、ここで処女を失い、息子…いえ慎一郎君は、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト