性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

家庭教師先のJKに調教された僕

TD008986
カテゴリー: 男性視点 女(高校生)

テクスト冒頭部分

僕は大学4年生で、早々に就職も決まっていたので、バイトの家庭教師をしながら、のんびりと毎日過ごしていました。もともと、それほど社交的というわけではなかったので、大学の3年ちょっとの間に彼女を作ることは出来ませんでした。でも、もともと彼女が欲しいという気持ちも、性欲ですらも少なかった僕は、とくに焦りもなく大学最後の4年生という時間を楽しんでいました。そんなある日、夏休み限定でやることになった女子校生の家庭教師で、僕の人生は大きく変わりました。斡旋会社の指示で初めてその家に行ったとき、その家の大きさに怯みました。普通の家の2倍……もしかしたら3倍くらいはあるかもしれないそのお宅の駐車場には、ポルシェとAMGが止まっていました。どちらも一生僕が乗ることのない車だと思いましたが、逆にそこまで行くと、羨ましいとも思いませんでした。そして、感じの良い奥さんにリビングに通されて、紅茶を出されて娘さんの帰宅を待ちました。紅茶なんて飲む習慣のない僕でしたが、奥さんが出してくれた紅茶は、本当に香りもよく、美味しいと思えるものでした。相棒で杉下右京が紅茶を愛するところを見てもピンとこなかった僕ですが、その気持ちが少しだけわかった気がしました。そして、10分ほどして帰宅した彼女……美帆ちゃんは、絵に描いたようなお嬢様でした。肩甲骨のあたりまで伸びた艶やかな黒髪と、小脇に抱えたヴァイオリンのケース、そして、上品な挨拶をされて、僕は住む世界が違うことを感じました。彼女は、堀北真希とか、10代の頃の仲間由紀恵みたいな、正統派の美人顔で、スリムな体型をしていました。胸は、ほとんど主張していない感じで、貧乳なところもお嬢様っぽくて近寄りがたい気持ちになりました。僕は、色々な意味で圧倒されて、本当に僕なんかでいいのかなと感じ、奥さんと美帆ちゃんに僕でいいのか聞きました。すると、不思議なことに美帆ちゃんが僕のことを凄く評価してくれて、この先生が良いとまで言ってくれました。そんな形で始まった家庭教師生活でしたが、初日にいきなり美帆ちゃんの正体が見えてしまいました。彼女の部屋に入り、二人きりになると、僕は勉強を始めようとしました。すると、母親がいるときは足をしっかりと揃えて座り、背筋もピンと伸ばしていた美帆ちゃんが、だらしなく足を開き、背筋もダラッとしただらしない格好になりました。制服姿で足を広げるので、そ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

僕は大学4年生、大学の3年ちょっとの間に彼女を作ることは出来ません、普通の家の2倍……もしか、感じの良い奥さんにリビングに通され、彼女……美帆ちゃんは、お嬢様、肩甲骨のあたりまで伸びた艶やかな黒髪と、堀北真希とか、10代の頃の仲間由紀恵みたい、正統派の美人顔で、胸は、二人きりになる、太ももが、いつの間にか取りだした棒付きキャンディーを舐め、「はい、童貞、イキなり美帆ちゃんにキスを、次の瞬間には彼女の小さな舌が僕の口の中に飛び込ん、『もらっちゃったwせんせ、チンポ出し、ズボンを脱い、情けない気持ちのまま下半身裸になり、ペニスを晒しました、『太すぎw、アソコは、生の女性器は、明太子のように綺麗、セックスを誘っ、ブラウスのボタンまで外し、ブラまで丸見えになりました、それでも女子校生の下着姿、ピンクの小さな乳首も丸見えになりました、あまりの快感に我を忘れ、この瞬間に今さらコンドームも何もつけ、瞬間、僕は信じられないくらいに気持ちのよい射精を、。オナニーの時と違い、ビクン、ビクンと射精の度に脈打つのが続きました。2回3回、足らず、5回も6回もビクンビクンと脈打ち、射精が続きました。僕は、フリーフォールで落ちるときのように、こらえきれずに声が出、口で清めるようにフェラチオを、、上下と言うよりは、前後に激しくシェイク、自分の指でクリトリスをまさぐり始めました、エロ過ぎ、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト