性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

Hくん、教育実習の思い出

TD009339
キーワード: 教育実習
カテゴリー: 女性視点 男(高校生)

テクスト冒頭部分

大学4年、教育実習生として母校(高校)へ2週間行った。つくことになったクラスで初めて挨拶した時1人の男の子と目が合った。悪戯な笑みを浮かべてこっちを見ていた。見るからにやんちゃな感じの男の子で手を焼くことになりそうな気がした。先が思いやられるな。。と思った。それが私とHくんとの出会い。Hくんは野球の推薦で入ったらしく勉強は全然できなかった。居眠り、遅刻の常習で他の先生からも気をつけるように言われていた。Hくんはクラスの女の子とはほとんど話さない反面、私には1日中ちょっかいを出していた。バカな事ばっかりやっているようで、時々真剣な目をしたり気だるい表情を見せたりするので私は不覚にもどきっとした。指導案が出来上がらず帰りが遅くなった日、偶然部活帰りのHくんと同じ電車になった。田舎の小さな駅で私たちは2人きりになった。電車が来るまで私たちは取り留めのない話で盛り上がった。「先生、いつまでうちの学校にいるの?」突然Hくんがじっと私の目を見ながらそう聞いた。「今週いっぱい。。」その視線に耐えられず私はHくんから目を逸らした。Hくんは急に立ち上がって自販機に向かいジュースを買って一気に飲んだ。少し余らせて「ハイ。」と言って私に差し出した。受け取る手が震えないように自分に言い聞かせた。幸い何ともないふりをしてジュースを手にしたが心臓の音がHくんに聞こえてしまうんではないかと思うほど私の胸はどきどきしていた。飲み口に口をつけた瞬間、キュンとなるのを感じた。その夜、Hくんのことを考えてなかなか寝付けなかった。次の日からHくんはアイコンタクトするように私にいつも目で話しかけるようになった。ジュースのことがあった翌日、Hくんが熱を出したらしく保健室にいると担任の先生から聞いた。両親が忙しいので迎えにも来れないので保健室で寝かせているとの事だった。心配になって保健室に行った。保健室の先生が書類を取りに職員室に行っている間に、そっと仕切りをあけるとHくんはすぐに目を開いた。「先生の声がしたと思った。心配した?」と悪戯な表情で話しかけてきた。「心配したよ。」と言うと「エヘへ。」と子どもみたいな顔で笑った。「先生は教室に戻るね。ちゃんと寝てなよ。」と傍から離れようとしたら急にHくんに人差し指から小指の先の方をつかまれた。「先生の手、冷たくて気持ちいい。」と言いながらHくんは自分の首元に私の手を持

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

大学4年、教育実習生として母校(高校)へ2週間行った、1人の男の子と目が合った、感じの男の子で手を焼くことになりそう、私の胸はどきどき、横にあった丸椅子にそのままそっと腰をおろした、キス、私の肩に頭を乗せ、ただ私の首筋には熱があるHくんの熱い吐息だけが感じられた、その日の下着の色が返っ、残り3日となった実習、「先生はまだ大学生、私は身体をHくんに寄せた、自分たちより年上の女性の存在が物珍しいのか男子生徒たちは、クラス全員で写真を撮った、ふいに私を抱き寄せた、私は舌をちょっとだけ出し、Hくんの下唇を這うように舐めた、Hくんの股間がすごく硬くなっ、私も濡れ、ボクサーパンツの上から先の方に人差し指と中指で触れる感じで手を当てたら、ストッキングが張り付い、仕方なさそうにHくんは太ももを触っ、化粧ポーチからウエットティッシュを取り出しでできる限り後始末、Hくんのパンツはもうぐちょぐちょになってしまっていたので脱ぐように言っ、お互いシャワーを浴び、私はベッドの隣に布団を敷いた、いちいち私にことわりを入れるHくんを愛おしく、私は寝る時はブラは、自分で自分の乳首が立っ、。先生だけ裸なんて。。」、時々快感を堪えるかのように布団に掛けた綿のカバーを掴ん、あれとアナルとの間の部分にも舌を這わせ、「お風呂入ろう。」、[体験告白][女子大生][教育実習][手コキ][射精][フェラチオ][口内射精]エッチ、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト