性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

新婚夫婦が引っ越してきた

TD009620
カテゴリー: 男性視点 男(童貞)女(人妻 )

テクスト冒頭部分

まだ厨房の頃の話。同じ並びに新婚夫婦が引っ越してきた。年は大体20代後半といったところで、子供はまだなし。厨房になりたてのおれは激しく女を意識し始めた頃で、当時はやったダンクとかボムとかの雑誌を見てはオナニーに興ずる毎日をおくっていた頃・・・(年がばれるなぁ・・・)その人妻は今で言うと酒井真紀風な顔立ちで明るく活動的な感じでした。いわゆる健康的なおとなの女性といった感じで、その人妻とエレベーターで会い挨拶するだけで、興奮しておかずにしていた。あるとき学校帰りのエレベーターでその人妻と偶然会った。人妻はベージュのコートにブーツを履いていた。ショートカットによく似合っている。帰ったらおかずだな・・・『こんにちは』『あら、こんにちは。今日部活は?』『今日は市教研で授業も部活もないんです。』『そうなんだ。いいわねぇ~』エレベーターに乗り込み7階のボタンを押す。他に人はいない。エレベーターに乗り込むとなぜか会話がぎこちなくなりますよね?何かしゃべらなきゃと思い、人妻が焼き芋を持っていたので、『焼き芋ですか?おいしそうなにおいですね』とわけのわからないことを口走ると、『そうなのよ!美味しそうだから買ってきちゃったの♪』エレベーターが7階に付き”チン”という音をたててドアが開く。エレベーターを出るとおれは右の並び、人妻は左の並びになので、そこで別れねばならない。幸せなひと時をすごしたなぁ~と思いつつ、『失礼します!』と右へ行こうとしたところ、『よかったら、おイモ食べてく?ちょっと買いすぎちゃったの』と呼び止められた。当時、おれは犬を飼っていてその新婚夫婦も犬を飼いはじめた。最初は挨拶くらいしか接点が無かったが、散歩中に会うと犬同士を遊ばせる間、世間話とか犬の話をするようになってはいたが、まさか家に呼ばれるとは思わなかった。棚からぼた餅、焼きイモだった。帰ったらおかずにしよ~と思ってたところに、思わぬことを言われたので、呆然としおろおろしてたら、『小次郎(←犬ね)にも会ってってよ!』と歩き出したので、『はい』と言って付いていき居間に通された。『そこに座ってて。紅茶とコーヒーどっちがいい?』『じゃぁ、紅茶で・・・』『小次郎の抜け毛が大変なのよー、○○君のとこも大変?』と台所と居間でしゃべっている間、ソファーに座りじゃれてくる小次郎を撫でていたら、人妻が紅茶をもって来た。コートを脱いだ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

同じ並びに新婚夫婦が引っ越し、その人妻は今で言う、酒井真紀風、顔立ちで明るく活動的、感じ、おとなの女性といった感じで、エレベーターに乗り込み7階のボタンを押す、チン”、そこで別れね、『小次郎、ソファーに座りじゃれ、コートを脱い、対面に座った人妻のストッキングを履いた2本の細い足の間から白いものが目に入っ、今まで写真か映像でしか見たことのないものが目の前に・・・慌て、うまくティーカップが持てない・・・人妻はそんなオタオタ、今度はさっき以上に脚を広げ、人妻のひじがおれの固くなったティムポにあたった、そのことに罪悪感を感じ、顔をおれの股間に埋めた、白いブラを取り小ぶりの、胸をあらわに、肩甲骨が浮き出、また股間に顔を埋め舌で先っぽをなめ、そして乳首を指でつまん、人妻の口に1回目の放出、『すごい、まだ元気、いつもの明るい顔ではなく目つきがうつろ、言った瞬間に学ランのボタンに手がかかりTシャツも脱がされた、ストッキングと白のパンティも脱い、ちなみにおれはキスも、ソファに横たわった、『お願い・・・舐め、この前みた美穂由紀、これが愛液かぁ・・・辞書で調べた、首を左右に振りよがりだす、アナルもよく見えひくひく、目でゴムを装着、人妻は喘ぎだした、『これがセックスかぁ・・』、[体験告白][人妻][童貞][初体験][フェラチオ][口内射精][コンドーム][射精]エッチ、体験談Fc2BlogRanking|禁断の体験、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト