性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

巨根の黒人上司と二人で人妻OLを嬲り捲った【3P体験談】

TD010093
キーワード: 黒人の巨根
カテゴリー: 第三者視点 男(大人、経験済、管理職)女(大人、人妻 、OL)

テクスト冒頭部分

小さなメーカーに勤めていたら、外資に買われていきなり黒人の上司がやってきた。だらだら外国で暮らしていた時に付いた英語力だけで入社した俺にとって、良いか悪いかよくわからない展開だ。やってきた上司(黒人なのでボブにしとく)は、俺の貧弱な黒人へのイメージと違い、「ヘイメ~ン!!」とか「ファック!!」とか言わない(当たり前か)物静かな男だった。ボブは日本語は出来ないが、仕事は猛烈に出来る。お得意先に行けば正座して酒を注ぐし、落成式には半被を着て「バンジャーイ」とか言う。会社で一番英語が出来るらしい俺は、なんとなくボブの秘書みたいになってしまった。デスクには家族の写真が飾ってあったが、奥さんと子供はアメリカに残してきている。綺麗な奥さんですね、と言うと「サンキュー。バット・・」と笑いながら面白くないジョークを俺に飛ばした。もちろん外資に買われたわけだから、仕事のやり方を変えられない奴はどんどん切られた。その代わりキャリアも役職も関係なく、良いアイデアはどんどん採用されるので、一ヶ月もたつとやたら生き生きとした部署になっていた。ボブが来てから一番仕事が増えたのが、A子さんという30代前半の女性だった。A子さんも英語が得意で、頭も良い、小柄だけど結構美人という魅力的な人妻OLだったのだが、以前は雑用ばかり言いつけられていた。ボブ政権になってからはどんどん仕事を任され、生き生きと仕事をしていた。留学経験があるらしく、俺も比較的仲の良い方だったが、もちろんそれ以上の関係ではなく、スーツのスカートの形の良いお尻と、大きくは無いけど形の良さそうな胸を眺めているだけだった。日本人としても小柄なA子さんとボブが話していると、まるで子供と大人のようだったが、A子さんはボブに対しても全然ものおじせず、ちゃきちゃき仕事をこなしていた。黒人上司を迎えてから半年がたち、部内も何となく落ち着いてきたある日、俺はめずらしくボブに誘われ、バーに飲みに行った。ジャケットを脱ぐと、シャツの上からでもわかるいかつい上半身と、日本人ではありえない脚の長さのボブと飲んでいると、どうしても周囲の注目が集まってしまう。ナチョスを食べながら二人でビールを飲んでいると、ボブがいきなり「お前はA子のことが好きなんじゃないか?」と英語で聞いてきた。え?と思い奴を見ると、オフィスでは見たことの無い邪悪な笑いを浮かべて俺を見ている。

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

ボブに、デスクには家族の写真が飾っ、綺麗、一ヶ月もたつ、A子さんという30代前半の女性、結構美人という魅力的、人妻OL、胸を眺め、ジャケットを脱ぐ、日本人ではありえない脚の長さのボブと飲ん、二人でビールを飲ん、、結婚、ナチョスについたケチャップを長い舌で舐め、俺の肩を叩いた、店の外で電話を、「今日9時に俺のマンションに来る予定、キスを、「その、、もうシャワーを浴びた、冷たい感じのA子さんが、フェラを充分楽しん、ボブはゆっくりA子さんのストッキングを脱がせ、そのまま下半身だけ裸に、突き出した白いお尻がエロい、しゃぶっ、濡れ、普段とは違うドスの利いた英語で叫ぶ、A子さんを抱きかかえ部屋を出た、ベッドの上でもつれ合っ、フア!!フン!!フン!!と気合を入れ、少し身体を起こし、ふくらはぎから太ももまでぺろぺろ舐める俺に対して、「A子は素晴らしいよ。セックスの楽しみ方をすっかり覚え、。俺の一番汚いところを君の可愛い舌で綺麗に、5,6時間かな。ダンナさんは奥様が充実、すでにアナル経験者、実は俺はアナル童貞、2人で人妻を前と後ろから突き刺したポーズで、「イエス、ワン」、涙で化粧が落ち、「カレン、どちらかと、ホテルの窓ガラスに手をつかせ、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト