性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

黒人上司の3P指南(2)

TD010094
キーワード: 黒人の巨根
カテゴリー: 第三者視点 男(大人、経験済、管理職)女(大人、人妻 、OL)

テクスト冒頭部分

一人残されたリビングで、とりあえずズボンを履こうとしていると、奥の方から、なにやらかすれた声と、ギシギシ言う音が聞こえてくる。おそるおそるその部屋を覗くと、裸になったボブと、裸にされたA子さんが、ベッドの上でもつれ合っている。大きく広げたA子さんの脚を両手で持ち、フア!!フン!!フン!!と気合を入れながら、ボブがリズミカルにA子さんに打ち込んでいる。ボブが突く度に、想像通り大きくはないが形の良いA子さんの胸がゆれている。A子さんは顔をのけぞらせ、、うわわ、、みたいな声をあげている。真っ黒で巨大なボブと、真っ白で小さなA子さんが絡んでいる姿は、何か現実に起こっていることではないみたいだ。俺に気付いたボブは、「こっちにこい」と俺に言い、汗を流して腰を凄いスピードで振りながら、A子さんに俺のものをしゃぶるように言った。俺がベッドに上がり、跪いてモノを口元に持っていくと、何の抵抗もなく先っぽを咥えて舌を這わせてきた。いつもキビキビと動いているA子さんを思い出し、俺は異常に興奮した。軽く耳を触ってもまったく嫌がらず、「ほらもっと気持ちよくさせてあげなよ。じゃないと君も気持ちよくならないよ」と言い、腰の動きを止めると、「だめえ・・」と言いながら俺のモノを深く咥え、「俺君、気持ちいいっていってよ・・」と横向きの顔を動かして、舌を括れに這わせながら、焦点のあっていない涙目で俺に言う。死ぬほど気持ちよかったが、調子にのった俺はボブに、「人妻のくせに下手だな。あなたにはもっと丁寧にしたんじゃないのか?」と言うと、「何?ねえA子。僕の大事な部下をもっと気持ちよくさせてあげてよ。そうじゃないと、、」と言って抜くそぶりをした。「いや、、」とA子さんは腰を自分からボブに突き出し、「俺君これでどう・・・」といいながら、根元から先までゆっくり舐め上げ、少し身体を起こして俺のモノを上からジュボジュボ激しく吸い始めた。「どうだ?」「凄い・・この人ダンナさんいるんだろ・・。ビッチだな・・」「だろ?」聞こえているはずなのに、A子さんはただ俺のモノを咥えては動かし、外しては舐め、時々玉まで舐めてくれる。「・・・・いきそうだ・・」「早いな」とボブは笑い、じゃあ俺も一回出すか、久しぶりだし、と言いながら腰をまた大きく早く動かし始めた。俺が先に口に出して、その後すぐボブがうめきながら中に出した。職場でのしっかりし

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

一人残されたリビングで、裸になったボブと、れたA子さんが、ベッドの上でもつれ合っ、大きく広げたA子さんの脚を両手で持ち、フア!!フン!!フン!!と気合を入れ、形の良いA子さんの胸がゆれ、A子さんに俺のものをしゃぶるように言った、何の抵抗もなく先っぽを咥えて舌を這わせ、「人妻のくせに下手、根元から先までゆっくり舐め上げ、少し身体を起こし、美人の人妻とやれるの、ふくらはぎから太ももまでぺろぺろ舐める俺に対して、「A子は素晴らしいよ。セックスの楽しみ方をすっかり覚え、。俺の一番汚いところを君の可愛い舌で綺麗に、感じの人妻を、口にキスを、5,6時間かな。ダンナさんは奥様が充実、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト