性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

黒人上司の3P指南(3)

TD010095
キーワード: 黒人の巨根
カテゴリー: 第三者視点 男(大人、経験済、管理職)女(大人、人妻 、OL)

テクスト冒頭部分

「知ってるか?A子はケツは初めてじゃないんだ。いつだったか俺が試そうとすると、大きいのは無理、ってマジで泣くんだ。」「そりゃ、、、無理だろ・・」「そうか?でもその時、ケツは一度だけあるっていってたぜ。カレッジの時らしいがな」俺はオフィスで少し眉間に皺を寄せながら、パソコンに向っている凛々しいA子さんが、すでにアナル経験者であることに興奮した。女っていうのは本当にわからない。「A子さん、、、ダンナさんはご存知なんですか?」俺の質問は無視だ。少しむかついた俺は、ベッドに上がるとA子さんの後ろににじり寄った。「俺、、お前もかなりのキチガイだな。少しは遠慮したらどうだ。人妻だぞ」「俺のは小さいから大丈夫だろ」俺の気配を感じたA子さんは、さすがに逃げようとしたが、またもボブにがっちり捕まれてまったく動けない。それどころか下から突かれて腰を浮かす始末だ。実は俺はアナル童貞だったのだが、ボブが下から突き上げてくれたおかげで、入れるべき穴がはっきり見える。ボブに比べれば子どものようなものをキュッとしまった入り口にあて、ゆっくりじりじり突っ込んだ。俺のものが入り始めると、それまでかすれ声だったA子さんがいきなり「いや、、いやあーー、、いたい、、いやーーー」と大声を上げた。一瞬怯んだが、ボブがすぐに「力を抜くんだ。ほら、力を抜けば大丈夫・・。彼のは小さいから・・」俺は少し傷ついたが、あまりの締まりの良さに顔がにやけて仕方がない。入れたまま動けずに膝立ちになったままでいると、「おい、ボーっとするな。いいか、俺の言うとおり動くんだ」とあくまで冷静なボブ。「わかったよ、、。でも俺は、、こういうの初めてだから。。」と2人で人妻を前と後ろから突き刺したポーズで、妙に冷静な会話になっっているのがおかしかった。「まず俺が、ワン!」とボブが下から突き上げる。A子さんがキャン、、という。「次にお前が腰を動かせ、ゆっくりだぞ。ほら、ツーーー」と「――」の部分を少し長めにボブが俺に命令する。俺は必死で腰を突き出した。いやあ、、、とA子さんの声がまたかすれてくる。「リズム感がないな。もう一度いくぞ。いいか、ワン」ボブが下から突く。「ツーー」俺が後ろからゆっくりめに腰を出す。「いいぞ、俺。お前はあくまでもゆっくりだぞ。ケツはデリケートだからな」と真面目な顔をしていった後、「いいかいA子。君はもう今までの世界には

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

「知ってるか?A子はケツは初めてじゃないん、「そうか?でもその時、ケツは一度だけあるって、すでにアナル経験者、ベッドに上がる、。人妻、またもボブにがっちり捕まれ、実は俺はアナル童貞、2人で人妻を前と後ろから突き刺したポーズで、俺はA子さんの綺麗、肩甲骨と、「イエス、ワン」、・・・・5回ほど繰り返したとき、涙で化粧が落ち、動けなくなったA子さんを抱きかかえ、身体の隅々まで綺麗にあらっ、A子さんに深いキスを、「カレン、どちらかと、ボブがシャワーを浴び、ホテルの窓ガラスに手をつかせ、出張ばかりで結婚も出来ない、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト