性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

先輩が自慢話で語った昔ヤッたという相手は当時の俺の彼女だった

TD010174
カテゴリー: 第三者視点 男(経験済、大学生)女(若者、経験済、大学生)

テクスト冒頭部分

つい1週間ほど前の話。学生時代の二つ上の先輩がいるんだけど(仮に荒木としとく)、その先輩が昔付き合ってた彼女と知り合いだったことを最近知った。その時に聞いた話。荒木とは普通の先輩後輩として仲良かったんだけど、卒業してからは地元を離れてしまったのでほとんど会うこともなかった。けどこの間出張でこっちに来たらしく、駅で偶然顔あわせて、なんか久々だったもんだからそのまま飲もうって事になった。この先輩、根はいい人なんだけど、酔うと下ネタばかりになる。飲み会なんかでそれが出た時は適当に流してた。内容は大体誰とヤッたかとかそんな話。性質が悪い事に結構描写が細かかったりする。さすがに飲み屋なんかじゃそんな話は自重するが、自宅で飲んでるとまあ酷い。その日は滞在先のビジネスホテルで飲んだ。手荷物に山ほどのつまみを詰め込んできたらしい。何しに来たんだほんとに。って感じだった。酒も進みしばらくすると、案の定、先輩は酔っ払い始めてきた。「そういえばさあ……」と勝手に話し始める。相変わらずだなんて思いつつ以前と同じく聞き流そうとしていた。その日の話は大学時代にやっていたバイト先の女の話だった。「名前なんていったかなあ。確か○○とか言う……」といったところで何か引っかかった。元カノと同じ名前だったから。仮に祐美って事にしておくが、このくらいよく聞く名前じゃなくて、実際はもっと珍しい名前。もしかしてと思って聞いてみると案の定、荒木は祐美と同じバイト先で働いてた。付き合ってるときにバイト先の面々なんて知らなかったし、話してる様子を見ると荒木も俺と祐美が付き合ってたなんてことは知らないみたいだった。しかし学生時代にはまるでなかった食いつきの良さに、以前の倍くらい気合入れて話をしてくれた。そんな彼女だったんだが、どうやらバイト先で荒木は祐美に目をつけていたらしい。しかし彼氏持ちといわれ拒絶、それでも懲りずに何度も食事に誘っていたと。酔うとこんなのだが、根は結構良い人(だと思う)なので、人望はあったらしい。卒業間近に最後だからと頼み込んだら一度だけ、食事だけという条件でOKを貰ったらしい。祐美は酒に強いとは言えなかった。一杯飲んだら真っ赤になり、二杯飲んだら黙り込む。だから一緒に飲みに行っても最初の一杯を飲んだら後はウーロン茶って感じ。でもその日は先輩の誘いを断りきれずに五杯近く飲んでいたそうだ。見事に潰

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

つい1週間ほど前の話、学生時代の二つ上の先輩がいるん、その先輩が昔付き合ってた彼女と知り合い、荒木とは普通の先輩後輩として仲良かったん、そのまま飲もうって事になった、その日は滞在先のビジネスホテルで飲ん、感じ、酒も進みしばらく、その日の話は大学時代にやっ、仮に祐美って事に、一度だけ、二杯飲ん、でもその日は先輩の誘いを断りきれずに五杯近く飲ん、祐美はシャワーを浴びたらしい、そこで風呂場に乱入、その時祐美は下着を何も着けず出、体格も全然違う荒木の服を着、祐美の胸はまる見えで、抱き心地は本当にいいもの、寝取られ属性がある、服を脱がせ、互いに裸になる、キスをせがむ、執拗に胸を舐め続けたそうな、三十分くらいそれを続けたところで祐美の方から手を伸ばし、(処女、。祐美を押し倒し、キスを続ける。祐美も手で荒木のモノをしごく。十分に祐美も濡れ、、挿入に至ったらしい。この時荒木の家にゴムの買い置きは無かった。しかし大丈夫、すごく感じるらしい。入れてる時に、今度は騎上位とかバックとか、その段階で四時過ぎ、ちょっとフェラ、入れたら部屋が明るいのもあってか夜にヤッたときとまた違う感じで燃えたそう、間祐美と生、中田氏も二回くらいしかない、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト