性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

ファーストフード店で働いていた彼女は店長や同僚達の肉便器だった

TD010217
カテゴリー: 第三者視点 男(大人、経験済、店長)女(若者、経験済、フリーター)

テクスト冒頭部分

補足、彼女は当時で20歳になったばかり、男性経験は私で3人目、身長153cmで小柄のCカップ?性格は明るく元気系の女の子で、客などからリア・ディゾンを幼く丸顔にした感じとよく言われ怒っていた。いきなりすません、二年ほど前の話です。私には、ちょっとロリ系というか、かわいい感じの彼女がいました。彼女は、某有名ファーストフード店で働いていて、明るい彼女は職場でもまあまあ人気があるようでした。あるとき、深夜仕事帰りに私は彼女の勤めているファーストフード店に行きました。滅多に彼女が働いているときには行かないのですが、少し驚かしてやろうという気持ちもあり、車でドライブスルーへ向かったのです。「いらっしゃいませ」と男の声、いきなり対応してくれれば一番面白かったのですが、私はセットを注文して車を窓口に進めました。ーいないなぁー車から店内をのぞいても、彼女は見つかりません。窓口には少し気弱な感じの若い男の子が対応してくれました。そこに店内から「すいませーん」と声が。店員の子は、いきなりパニクった感じになり「す、すいません、少々お待ちください!」と焦って動き回っています。そこに奥の扉から慌てた様子で彼女が出てきました。てきぱきと注文を受ける彼女。少し経ったあと、奥から中年くらいの男性が出てきていました。私は特に思う事もなく、先ほどの店員からセットを受け取り、全く私に気付いていない彼女を見ながら、車を進めようとしました。カウンターで商品を渡す彼女。何か不自然な感じがしてもうよく一度見ると、スカートのすそをタイツが腰の辺りまでめくっていて、タイツ越しに下着が3分の1ほど見えています。ーえっ!?ー驚きましたが、その時は深く考えず車を出して帰りました。次の日、彼女からメールが来ましたが、私は店に行った事は言わずいつもの感じで返信しました。いろいろな事を考えていましたが、見間違えだったような気がするし、本当でも単なるドジなだけだと思うようにしました。数日が過ぎ、休みで彼女の部屋に行ったのですが、私は前の晩の仕事の帰りが遅く、昼前まで寝ることにしました。彼女は少し前に買い物に行くと言って出かけていきました。しばらくすると彼女の鞄から携帯のアラーム音が聞こえてきました。彼女にはもう一台、二人で買ったPHSがあったので、特に気にせず置いて行ったのでしょう。私は、一気に眠気が覚め彼女の携帯を取りました。

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

彼女は当時で20歳になったばかり、男性経験は私で3人目、身長153cmで小柄のCカップ?性格は明るく元気系の女の子で、感じとよく言われ怒っ、二年ほど前の話、ちょっとロリ系というか、明るい彼女は職場でもまあまあ人気があるよう、奥から中年くらいの男性が出、もうよく一度見る、タイツ越しに下着が3分の1ほど見え、鼓動が早まるのを感じ、裸で笑っ、「かわいかったよ、あや、そのメールは彼女がフェラ、そこには彼女の乱れた姿が何十枚も出、男は下着の上から彼女を触りました、彼女はびくっと身体を震わせ、唾液でびちょびちょモノを掴み、大きな声で喘ぎました、もう一人の男がソファから立ち、「パンツすごいねぇ、びちょびちょだよ、(笑)、「井上くん、だめっ、あぁあっ」、そして手を引かれベッドに連れ、ネクタイはそのままにブラウスのボタンだけ外され、ブラジャーの上から彼女の胸を揉む、吸い付きました、抑えきれなくなったように井上はズボンを脱ぎ、彼女の声がホテルの部屋に響い、スカートから顔までたっぷりと精液を浴びた彼女は放心状態でベッドに横たわっ、シャワー浴び、「酒に酔っ、最初かなり抵抗、おれのしゃぶらせてた、私は元から寝取られ大丈夫、「今は何でも、言う事聞くなぁ、この前は3年くらいやってないっていう後輩がいた、、あやのやつ、二日間やられまくったらしい、彼女は普通に私とメールや電話を、キスをせがむように顔を店長に向けました、穴の奥まで愛液で光っ、そんな卑猥、苦痛にも似た表情で快感に歪む彼女の顔は、6月3日、?ーーあやがあんなにエロかったなんて、何も言わずそのまま別れるかー私は、彼女との久しぶりのセックスも、カウンターの女性店員が後ろでポテトに塩を振っ、大学生風の普通の男、しかしデニムのミニにTシャツというカジュアル、二言三言の会話の後、ディープキスを初めました、舌を絡め、あやの首筋に向かいました、首筋を舐め、店長の手が赤いパンツを脱がします、さっきのシャワーの時に剃ったよう、中からバイブを取り出しました、店長は満足、爪を噛むように口元を隠す彼女、ベッドの上の全裸の彼女、「昨夜の仕事明けからまだ風呂に入ってない、2分であやは絶頂に達しました、ぐいとゆっくり挿入、彼女の先輩、彼女が結婚、3次会に店の何人かと店長が来たよう、「今から、4人でホテル行くか?」、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト