性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

酔って眠っていた時に友達の責めに絶頂してしまいレズに堕ちた思い出

TD011616
カテゴリー: 女性視点 女同士の行為 男(経験済、大学生)女(若者、経験済、大学生)

テクスト冒頭部分

私は真衣と言います。現在は大学3年生です。私には高校で知り合った由美という友達がいました。知り合った頃から意気投合して友達になり、毎日のように一緒に遊んだり、勉強したりする仲になりました。お互い対等の立場で言いたい事が何でも言える仲になり、彼氏についての相談や性の悩みまで何でも話せる唯一の友達でした。長期に渡ってこのような関係を維持できたのは対等であるということが大きな要因だと思います。由美とは大学は別になりましたが、週末になると毎週のように一緒に遊んだり、飲みに行ったりしていました。大学生になってから由美は一人暮らしをするようになったので、由美の家に泊まりに行く事もしばしばありました。そのうち大学の友達もできたり、彼氏もできたりで由美と遊ぶ回数も減ってきました。もちろん由美との交友関係はずっと続けていきたいし、お互い結婚しても家族ぐるみでの付き合いができればと思っていたので、できる限りは合うようにしていました。しかし、その頃から由美が私を見る目が変わってきたのを強く感じていました。何と言いますか、寂しさからくる妬みや嫉妬といった感じでしょうか。口には出しませんでしたが、メール文や態度からあからさまに感じることができました。私は今まで築き上げた関係を壊さないようにメールの回数を増やしたりして由美との交友関係を維持するように努力はしてきました。そんな関係が続く中、大学2年の夏に事は起きました。その日は金曜日で夜から由美の家に泊まって土曜日に一緒に買い物に行く計画でした。夜は居酒屋でご飯を食べ、かなり酔いが回ってきましたが、由美の家で飲みなおすことにしました。その日は由美がやたらお酒を勧めてくることと、話がはずんでついつい飲みすぎてしまってそのまま眠りに落ちてしまいました。そして何時かわかりませんが、私はものすごくHな夢を見ていました。由美とHなことをしているありえない夢でしたが、夢の中の快感が現実のように感じて眠りながら喘ぎ声を出していました。自分の喘ぎ声で目が覚めてしまい、段々と現実に戻ってきました。酔いと眠りから覚めたてで意識が朦朧とする中、何か奇妙に感じたのです。意識は戻ってきましたが快感だけが続いているのです。まだ夢なのかな?と思い手の指を動かしましたが、自分の意思通りに指が動きます。あれ?何かおかしい・・・と思いながらその快感に浸っていると、「はっ!?」と思

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

私は真衣と言います、現在は大学3年生、私には高校で知り合った由美という友達がいました、飲みに行ったり、大学生になっ、お互い結婚、家族ぐるみでの付き合いができれ、強く感じ、寂しさからくる妬みや嫉妬といった感じ、大学2年の夏に事は起きました、夜は居酒屋でご飯を食べ、その日は由美がやたらお酒を勧め、夢の中の快感が現実のように感じ、喘ぎ声を出し、明らかに誰かの手がパンツの中に入り込ん、私の身体は完全に感じ、女性の身体を知り尽くし、ここからの由美の愛撫が激しいものに変わっ、私の脚を大きく押し広げ、これが二人の仲で現実となり、由美が私のクリトリスをぎゅっと摘ん、由美は舌を私の口の中に侵入、またイキそうになっ、ブラのホックを外され、私の胸と上半身が晒されました、いきなり乳首を摘ん、舐め続け、・・・ああ・・脱がされる・・・由美は私のパンツをしっかりと握る、抵抗があり、そして由美がいきなりクリトリスに吸い付く、由美に4回もイカ、由美は満足、しかも明るい、もうパンツが濡れ、・・・気持ちいい・・・自分で触っ、・・・一人で再現、私を抱きかかえるように、いきなり由美の手が私の太ももを触っ、・・・そんな・・・ここでうんって言ったら・・肉体関係を承諾、表情で私の肩を掴ん、私は自分の股間を指差しました、キス、靴を脱い、全裸になっ、「そう、おりこうさん。真衣は私の言うことを聞い、1分も経ってないの、耳から首から胸からお腹から・・・そして脚もあそこもアナルまで・・・全身嘗め回され続けました、夜の9時頃に目が覚めました、この週末3日間で何十回イカ、彼氏とは別れました、そして我慢できずに電話、人というのは男性か女性かわかりません、体験で忘れたくもあり、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト