性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

私の初めての人は高校の美術の先生でした【処女の初体験談】

TD012246
カテゴリー: 女性視点 男(経験済、教師)女(少女処女 、高校生)

テクスト冒頭部分

私の初めての人は高校の美術の先生でした。10年前のことなのできっと美化してる部分もあると思いますが許して下さいね。私の通っていた高校では美術は1、2年生の時選択科目でした。美術は他の科目より人気がなかった様で生徒数が少なく、また、もともと私自身先生受けが良く、S先生も私の事をすぐに覚えてくれた様でした。その頃S先生は20代後半、美術教師らしくおしゃれでカッコよかったので女生徒に密かに人気がありました。しかしS先生は担任を持っていなく、なおかつ、あまり生徒と交流を持つタイプでもありませんでした。そんなS先生に「ももか、ももか」と名前を呼び捨てにされていて当時の私はかなり優越感を持ってました。通っていた高校は進学校でしたので「図書室が混んでて勉強出来ない」と口実を作って1年の終わり頃から美術準備室で勉強する様になりました。美術準備室は3棟ある校舎の一番端のそのまた1階の一番端、さらに他の棟への行き来は2階からしか出来ないという場所の為、用事が無い人間は全く近寄ることがありませんでした。何度か準備室に通ううちS先生が私の為に紅茶を用意してくれていました。それまでは先生のコーヒーをねだってミルクと砂糖を大量に入れて無理して飲んでいたので、私が先生にとって特別な存在になった気がしてそれまでは単なる憧れだったのが「好き」という感情に変わって行きました。私は性に関する知識は、ばりばりあったのですが子どもだったことと、まじめな進学校でまわりの友達も未経験者ばかりだったこともあって、時々甘えて手を握ったり、子どもっぽく後ろから抱き付いたりしましたが、それ以上は特に進展もなく2年生に進級しました。私の学校は2年で修学旅行があり、その前にいきなりカップルがたくさん誕生していました。私も3人に告白されたのですが、断りました。そのせいで私が実は彼氏がいてその相手は学年でも人気のある加藤君だという噂になってしまいました。後々加藤君とはつきあうのですが、その当時はもともとお互いの家が30秒位しか離れていない小中高と一緒の幼馴染みで、兄弟みたいな感情しか持っていませんでした。そんな噂があった頃、いつもの様に美術準備室で勉強していました。休憩でS先生が入れてくれた紅茶を飲んでいると突然先生が聞いてきました。「加藤と付き合ってるんだって?」「え、なんで先生知ってんの!?」「噂で…」生徒の個人的なことに

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

高校では美術は1、2年生の時選択科目、美術準備室は3棟ある校舎の一番端のそのまた1階の一番端、飲ん、子どもっぽく後ろから抱き付いたり、その相手は学年でも人気のある加藤君、「加藤と付き合ってるんだって?」、キスを、更に強く抱き締め舌を入れ、強く吸ったり、優しく噛んだり…段々私のアソコが熱を放ち痛い位にじんじん、堅いものを感じました、先生の股間がびくんとより大きくなったのがはっきりとみえました、私はブレザーを脱ぎ抱き付きキス、先生はブラウスの上から胸を触り始めました、私は身長150センチ体重40キロのちび、その頃すでにDカップありました、既にキスで乳首はビンビンにたっ、「先生、ブラジャーに擦れ、自分でもはっきり分かる程アソコは濡れ、パンティ越しに先生の指が触れると反射的に足を閉じ、(これ以降、二人きりの時には自分の事を”、オマンコをいじられ、先生の耳元で喘ぐように囁きました、「俺がももかの処女をもらう。だけどここじゃだめ、先生の言葉で私の体を痺れる様、ショックが走り初めてイキました、指一本でこんなに痛かったら先生のコレ一生入れられない!そんなのヤダ!と、唾液と愛液で汚れた私の体をキレイに拭い、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト