性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

辻ちゃん似の女子高生(学校でイジメられているところを助けて)

TD012535
カテゴリー: 男性視点 男(経験済、大学生)女(少女処女 、高校生)

テクスト冒頭部分

京王線沿線に住む友達宅に行った時の事。オートロックを開けてもらってエントランスに踏み込んだら、変な音が聞こえてきた。一瞬オバケかと思ってゾクッとしたけど、どうやら女の子の啜り泣きの声。エントランスが広くてどこにいるのかちょっと分からなくてキョロキョロして探してみると、どうも端っこの角の方から聞こえてきてた。ゆっくり近付いてみると、マジで飛び上るほどビックリした。制服姿の女の子が、髪をバサバサ前に垂らした状態で座ってたから。スカートは紺色っぽくて白いワイシャツを着てた。「どうかしましたか?」勇気を出して、多分すっごい小さな震える声で聞いてみた。「うっうっ・・・・うっ・・・」こりゃ本気で泣いてるなって思ったし、ちょっとヤバいかもって思った。変な事に巻き込まれたくもなかったから、シカトしてその場を離れようかななんて。そしたら女の子の顔がゆっくり動いて、ボサボサの髪の間から女の子と目が合った。怖い。正直足が震えるほど怖かった。貞子じゃないけどマジそんなふうにしか見えない。「大丈夫ですか?」「はい・・・・・・・・」やっとか細い声を発した。人間だったか!とギャグで言いたいぐらい怖すぎ。よく見てみると、なんかワイシャツがおかしい。両腕でシャツを掴んで隠してるけど、なんかおかしい。変だな~と思い角度を変えて覗き込んでみると、シャツから肌色の肌が露出してた。「何かあったの?シャツ破けてるみたいだけど」「あ・・・・・はい・・・・・」「ここ君の家?ご両親呼ぼうか?それとも警察呼ぶ?」「大丈夫です・・・大丈夫です・・・・・」いや、大丈夫じゃないだろ。だってワイシャツ破けてるし、かなり警戒してるし。ここで誰かに襲われたのか?それともここに逃げ込んできたのか?どうしようか悩んだが、俺が何をすべきなのかがちっとも浮かんでこない。「とりあえずこれ・・・・羽織って・・・・」俺は着ていたダウンジャケットを脱いで彼女に渡した。彼女は後ろを向きながら、ゴソゴソと俺のダウンを着ていた。俺は見ないように横を向いていたが、全神経は彼女の動きに釘付け。動きが止まったから向き直ってみると、彼女は髪を撫でながら下を向いていた。「大丈夫?」もう何回も言ってる言葉しか出てこない。「はい・・・・有難う御座います・・・・・」「ここに家があるのかな?俺は友達の家があるんだけど」「はい・・・・・家です。でも・・・・・」「そのワイ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

、ボサボサの髪の間から女の子と目が合った。怖い。正直足が震えるほど怖かった。貞子じゃない、ダウンジャケットを脱い、ようやく取り寄せた17万のダウン、俺はサイズを聞い、途中で友達から電話が入った、可愛い女子高生、モー娘。の辻ちゃんみたい、、目の前には白いブラの背中が。えっ?!と、大学生、つい先日作ったサークル用の名刺を彼女に渡した、俺は14階で彼女は11階、彼女は高校2年生、3人の女の子にワイシャツを破かれたらしい、先生二人を引き連れ、俺達は保健室へ向かった。そこで彼女の体に付い、それでも自分では満足いくぐらい喋れた、しかもそのまま居酒屋へ移動、最後にはなぜかアツくなった先生に肩を抱かれ、いくらなんでも女子高生とデートなんて・・・と、明るい元気、彼女から突然キスを、こんな胸がキュンと、舌を入れるよう、「俺と付き合っ、感じでw彼女はそっと俺の手を握っ、付き合いで、「アタシね、ヒロ君の為、まだ彼女とエッチも、彼女の大学合格発表日、「今日・・・・・・イイよ・・・・・・」近くにあったラブホテルに入っ、、初めて彼女の裸を見た。色素が薄いのは知ってた、もちろんアソコの毛もチョボチョボしかなく、、すっごい綺麗、。彼女は処女、。フェラ、、かなり濡れてた、30分以上、やっと頭が入っ、ラブホに行ってた。数回、、俺のクンニに喜ぶようにもなってた。相変わらずフェラはまだぎこちなく、、それでも懸命に舐め、男ばっかり。自慢の筋肉美なんかを写メで送っ、、エッチもかなりエロかった。フェラも歯が当たらなくなってた、・・・って事で、毎回ちゃんとゴムはつけてた、・・・数ヶ月後に彼女と結婚、たらしいし。全然モテない冴えない俺が彼女と出会っ、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト