性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

亡妻に瓜二つな娘を一度だけ汚してしまった【近親相姦体験談】

TD012981
カテゴリー: 男性視点 男(鰥夫、会社員)女(少女処女 、大学生)

テクスト冒頭部分

一度だけある。娘が学生のときだったか。ちょっと書いてみる。うちは嫁さんが娘を産んですぐ死んでしまった。俺は娘を食わせてやることで手一杯。かなり仕事の虫になってた。そのこともあって娘の面倒をほとんど見てやれなかったけど、娘は幼いながらにちゃんと事情を汲んでくれた。もちろん再婚も考えたけど、娘は「あたしは平気だからお父さんが決めて」の一点張りで俺のことを気遣ってくれた。それに俺自身、嫁さんの姿が目の裏に焼きついて離れないので諦めた。正直、泣きそうなくらい娘が不憫で、だけど今さらどうしようもできなくて涙をこらえたよ。そうして、仕事して収入を得るのは俺の役目。家事全般をこなして家を守るのが娘の役目。自然とそんな感じの役割分担になってた。ある日、俺が「おや、○○さん(娘の名前)。今日の煮物はいつもと違うね」とか冗談っぽく言うと、「よくわかったね、□□くん(俺の名前)。ちょっと味付け変えたんだよ。いっぱい食べてね」って返してくれた。俺はとても嬉しくて何度もそういう口調で話しかけたんだ。すると娘も調子を合わせてくれて、いつしか俺と娘は互いに「くん」と「さん」付けで呼ぶようになった。もともと片親で、しかも駆け落ちみたいな学生結婚だから親族に頼ることもできなくて貧乏だったってのもあると思う。あまりに孤立無援の特殊な環境だからこそ、娘はその他愛の無い、わざと距離を置くような冗談に付き合ってくれたんだと思う。実はその「くん」と「さん」って呼び方、俺と嫁さんがたびたび言い合っていた冗談だったんだ。結婚する以前、嫁さんと目が合うたびに照れ隠しでそういう言葉遣いになることがよくあって、俺と嫁さんだけの秘密の呼び方だった。そういった事情を知らないはずの娘が嫁さんと同じように返事してくれて俺は異常なまでに嬉しかったよ。だけどそんな喜びも時が経つにつれて苦痛に成り代わっていった。娘は成長すればするほど嫁さんそっくりになっていった。振り返りざまに猫みたいにニカッと笑う仕草は瓜二つだし、嘘つくとすぐ耳が赤くなるのも似ていた。容姿も声も、面倒見のいい性格も、さらには話し方まで似てきたんだ。呼び方が「くん」とかだけではなくて、語尾を間延びさせて甘えてくるところとか、そういう細かいところがどんどん似てくるんだ。俺は本当に悩んだ。日に日に嫁さんに似ていく娘がいとおしくてたまらなかった。幼いころはまだ良かったんだ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

一度だけある、自然とそんな感じの役割分担になってた、学生結婚、娘はその他愛の無い、冗談に付き合っ、俺と嫁さんだけの秘密の呼び方、面倒見のいい性格も、大学へ上がったころには一人前に色気をまとっ、二人とも無言になっ、そしてそんな娘に劣情を抱い、十年ほど経った現在も別居が続い、⇒FC2BlogRanking[体験告白][エッチ][父親と娘][近親相姦]エッチ、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト