性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

あやこ(遠距離恋愛の一人暮らし彼女が大学のゼミの先輩に寝取られる)

TD013146
カテゴリー: 第三者視点 男(経験済、大学生)女(若者、経験済、大学生)

テクスト冒頭部分

俺の彼女は21歳で俺は24。俺が18の時からの付き合いだからもう6年以上付き合ってます。彼女はまあ、ものすごく可愛いわけではないんだけど、性格がおとなしくて背が小さく、胸が大きいんで、それなりに男には言い寄られるほうです。例えばある集団に入ると一人か二人には告白されるって言う感じの。俺は浮気するほうじゃないし、彼女も大人しいタイプなので、まあうまくいってたんですよ。俺が結構嫉妬深かったのもよかったのかもしれない。それで彼女が大阪の大学に受かったんで一人暮らしを始めたんです。18の時ですね。俺が神奈川、彼女が大阪の遠距離恋愛です。まあ、2人が仲良くいるためのルール(毎日必ず5分は電話とか、月に一回ずつお互い会いに行くなど。)を決めて最初の1~2年ぐらいは、なんてことなく過ぎていきました。彼女はまじめに学校に通うタイプで毎日学校に行っていて、勉強は楽しいようでした。生物系の学科で獣医学部も併設していたため、猫好きの彼女にとっては良かったんだと思います。まあ、それで興味のあるゼミに入りました。確か動物行動学だかなんとかって名前でした。結構電話でもその話が多くなるようになり、興味のある研究テーマなんかを俺に嬉々として話していました。その研究はそのゼミでは毎年続けて引き継がれていくテーマだという事、その引き継いでくれる先輩は山下(仮名っす)という名前の男の人だということも言っていました。ちょっと軽い感じで嫌だけど凄く知識があるとかで、時々話しに出るようになっていました。俺はその時ちょっと気になったんで、「浮気すんなよー」とか冗談っぽく言ってたら「やだー山下先輩となんて研究以外の話なんてしたくないし、やっくん(俺)のことも先輩知ってるもん。」と言っていたので深くは考えないようにしていました。まあ疑っても辛くなるだけなんで。それで、ある時電話したら彼女の家に何人か集まってるとのことで。ちなみに彼女の部屋は平屋のボロアパートなんですが、家族3人で暮らすぐらいのスペースがある2部屋の、確か家賃6万位のところでした。片方の部屋は勉強をする為用、もう片方は寝室用と使い分けていました。「どうしたの?さわがしいねー」と聞いたら、研究室の皆が集まってるとの事でした。「珍しいね。」というと「皆来たいっていったから・・今日は電話ごめんね。あしたまたするね。」との事でした。そして次の日聞くと男が3人

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

俺の彼女は21歳で俺は24、俺が18の時からの付き合い、もう6年以上付き合っ、ものすごく可愛いわけ、性格がおとなしく、胸が大きい、一人か二人には告白、れるって言う感じの、俺が結構嫉妬深かったのもよかったのかもしれない、それで彼女が大阪の大学に受かった、18の時、2人が仲良くいるためのルール(毎日必ず5分は電話とか、最初の1〜2年ぐらいは、先輩は山下、家族3人で暮らすぐらいのスペースがある2部屋の、確か家賃6万位のところ、男が3人、俺も寝取られ、待ってたら彼女は10時ごろ帰っ、(多分15分くらい、声がよく聞けるように隣の部屋との境目のベランダにゆっくり入り、彼女はキス、。口だけだって。絶対それで満足、「じゃあ、ベッドの上、「お願い。じゃあ下着姿で。そう、なかなかいかないよ。ね。彩子のブラみたら凄い興奮できる、上着を脱い、彩子は山下の脚の間に顔を埋め、彩子はフェラ、彩子は山下のチンチンを上から咥えて顔を上下、最初舌動かすのも首振るのも嫌がった彩子に一生懸命教え込ん、じかに乳首を触り始めました、カリの部分に吸い付い、「彩子はシャワー浴びないの?おれ、明日バイト、その間彩子は自分の着がえと、山下は俺より体格がよすぎ、。でも髪濡れて、山下が彩子の肩に手を伸ばし、バイブに、、彩子風呂上りだし。反則。」、山下の股間に顔を沈め、。ゴムないもん。絶対ダメ。ほら、先輩口で我慢、蒼ざめてました、体重は90くらいあったと、俺は170で56kg、彩子は下半身は裸で、セックスじゃありません、黒い山下の上でちょっと綺麗、感じで深く打ち付けた後射精、彩子のを舐め、首筋を掴ん、正常位で抱こうと、4時半ころ駅前の大通り近くの駐車場に止めました、俺の後輩でもあった、「いまねーこのみのうち、結局彩子は単にこのみの家で眠っ、彩子を縛りたいと、第2週と4週には月曜日と水曜日のところに貼っ、8月4日から2日間伊豆の波勝崎のそばのペンションにに2人で行ったと言いました、主にフェラチオで彩子が山下を、眼鏡をかけ、夜九時に着信が一回だけ入りました、山下の泊まってるホテルを探しました、2002年夏彩子は8時頃電話かけ、、結局今年だって彩子のとゆかりちゃんと高橋のは俺が書くよう、彩子の声はちょっと跳ね、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト