性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

奈落の底へ、夫の顧客を接待するパーティーの応援でセクハラされる妻

TD013395
カテゴリー: 第三者視点 男(大人、経験済、農業)女(大人、人妻 、主婦)

テクスト冒頭部分

私は東京の農機具会社に勤務している33歳の会社員です。妻は今年で28歳になり会社の受付をしていましたが2年前に社内結婚し退職しました。自分で言うのもなんですが妻は中々の美人で、口数も少なく清楚という雰囲気の私の自慢の妻です。これまでは何とか一番出世でエリートとして認められてきましたが、ある失敗をきっかけに北海道の営業支店に転勤となり、今はトラクターやそのほかの機械を買ってもらうために毎日農家に通う毎日です。ここでがんばらないと、東京の本社に戻れなくなる恐れがあるため、何としても実績を残す必要がありました。しかし、優等生で育ってきた私には、粗暴な言葉遣いの若い農家の人たちが怖く、なかなか馴染めず、また買ってほしいばかりに卑屈になるため、ほとんど舐められまくりの毎日です。年下の農家の人たちに、呼び捨てにされて、ほとんど小間使いのように農業の手伝いまでさせられている始末です。また会社の中でも、現場を知らないという気後れと、みんなとうまくやらなければならないとの思いから必要以上に気を使い、結局は高卒の若い社員にまであごで使われるようになってしまいました。そんな中、会社が企画した農家のお客様たちを招いての焼肉パーティーが開催されることになりました。その接待パーティーの接待に会社の女子社員だけでは満足してもらえない(女子社員は19歳と20歳のコギャルみたいのと45から50歳くらいの太ったおばさんが3人)と考えた支店長が、営業マンの妻を応援に出せといってきたのです。私は会社での惨めな姿を妻に見られたくないという思いから、なんとか許してもらおうと支店長に頼みましたが、支店長に睨まれると東京の本社に戻れなくなる恐れがあるため、結局は承諾せざるを得ませんでした。私は妻に恵美に会社の行事なので出席をたのみました。素直な性格の妻は「会社の行事なら私もがんばらなきゃね。」と承諾してくれましたが、不安そうな顔をしていました。そしてその不安そうな顔は私をも不安にし、その不安が私たちの予想をはるかに超えて的中してしまうということを、私たちはまだ知りませんでした。当日は快晴で、夜6時からの焼肉パーティーのため4時くらいから、準備をはじめました。場所は会社の駐車場を特設会場にした、野外パーティーです。先輩社員などは仕事が忙しく、あまり顧客をもっていない私と、元ヤンキーっぽい若い高卒の社員たちで準備を進

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

33歳の会社員、妻は今年で28歳になり会社の受付を、2年前に社内結婚、妻は中々の美人で、ほとんど舐められまくりの毎日、その接待パーティーの接待に会社の女子社員だけ、満足、(女子社員は19歳と20歳のコギャルみたいのと45から50歳くらいの太ったおばさんが3人)、私は妻に恵美に会社の行事、性格の妻は、夜6時からの焼肉パーティーのため4時くらい、先輩社員などは仕事が忙しく、私一人に準備を押し付け、彼らはタバコを吸い、私のテーブル担当の上層部は総務部の山崎という部長、妻も皆さんにビールや焼酎を注い、感じでそれぞれが楽しん、「いやあ、石川さんにこんな綺麗、酒を注い、?」「オラ、飲めよ!」、、すみません。主人をよろしくお願い、カーディガンを脱ぎ、細い肩紐だけのワンピース姿で肩を抱かれ、もう一人にはスカートを少し上げられ足を触られ、50?60歳くらいのたっぷりと化粧を、顧客は20代の中盤で佐々木さんという大農家の息子さん、佐々木さんは妻をホステス同様の扱いで、指で首筋や耳に愛撫を受け、感じ、ただし妻の美形がこの場末のスナックには場違い、男性8人に対して女性は妻1人の王様ゲーム、最初に王様になった酒井さんがてっきり妻にいやらしいことを、なんともいえない嫉妬心と妻を取り上げられたよう、「中村さん素敵、キス、「堀川さん愛し、「主人とは別れます。恵美を皆さんの奴隷に、そしてこともあろうに顧客の佐々木さんと酒井さんそして私の同じ会社の長井くん、なんとママさんが私の股間を触れ、「かー!!ぐっちょぐっちょじゃねーか。太もものほうまで垂れ、妻が犯される!!それも柄の悪い若者たちにいいなりになっ、乳首と、、胸もまあまあだ、オマンコ、シャワーを浴びました、私たち夫婦が奈落の底へ落ち、妻は午前0時少し前に帰宅、坂井さんや佐々木さんから連絡があるわけ、妻が私とのセックスを拒むようになったこと、着いたところは普通の居酒屋、それから待つこと2時間・・・・なんと出、7人はあるマンションに入っ、「恵美がチンポをブチ込まれ、「恵美が俺たちにマンコもアナルもホジくられ、喘ぎ声を出し、放心状態、「オラ、恵美、しゃぶれや。お前の大好き、1週間くらいたったある日のこと、風呂に入りっ、へっへっへ・・・・・農協の山本さんの声・・・・まさか・・・・自宅にまで・・・・・大急ぎでパジャマを着、(酒井、佐々木、長井、山本、そして甘えの知らないとても体格のいいひとが、ソファーの上にドッカリと座っ、!ヒュー!舌入れろよー!オイ!、大きな体の方は農協の佐竹さんというひと、?フェラチオ。こんな包茎チンポよりずっと美味しい、「あの女以外と下着はおとなしいな・・・・おお!Tバックみっけ!やっぱエロ下着もてるじゃん。おおー!このミニスカートいいな。今度これ履かし、さっきまであった陰毛はすっかり剃り上げられ、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト