性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

テレクラで出会った在日朝鮮人妻は最高の女として忘れられない

TD014116
カテゴリー: 男性視点 男(熟年、不明、不明)女(熟女、人妻 、不明)

テクスト冒頭部分

今までに日本人以外の女性とは5人経験している。韓国で仕事をしている時に現地妻として楽しませてくれた、21歳と24歳の独身女性。二人ともスタイル抜群で美人だった。まあ整形はしているだろうけど・・・。国内では、ロシア系の人妻M38歳、在日韓国人妻Y29歳と、ここに紹介する最高の女として忘れ得ない思い出となった在日朝鮮人妻Y恵38歳である。Y恵とは10年余り前に、大阪京橋のテレクラで出会った。どうも旦那と喧嘩してムシャクシャしていたようだ。投げやりに、会って楽しみたいからとY恵から誘ってきた。大阪京橋の駅前にあるホテルロビーで出会う。少しグラマーであるがスタイル抜群で、キリッとした美人が近づいてきた。私はごくごく普通のおじさん。背も160cm代半ばと高くない。彼女はニコリともせずに「本当に私を満足させてくれるの」と吐き捨てるがごとく、いぶかりながら言った。「ああ、後悔はさせないよ」と私は怯むことなくニタリとしながら答えた。「なら、いいわ。行きましょう」と私が用意したホテル15階の部屋へと向かった。部屋に入るなり、私は彼女の薄いブラウスをたくし上げ、ブラもズリ上げて、過怠の良い張りのある乳房を鷲掴み!にして、ツンと立った薄いピンク色の乳首を吸った。舌を這わせ、軽く甘噛みをすると「ああ〜。ああ」と彼女の口から声が漏れた。利き手である左手をスカートの中に滑り込ませ、小さくて滑りの良いシルクのパンティの中心部に指を這わせると、もうそこはしっとりと湿り気を持ち、生暖かさを感じさせた。彼女を軽く突き飛ばすようにダブルベットへ押し倒し、両足を大きく拡げさせてパンティの上から口と舌での愛撫を加える。指は両乳首を弄ぶ。彼女はなされるがまま、よがり声がだんだん大きくなって、私の頭を両手で抱え、強くオメコへ押しつける仕草になる。一気にパンティを脱がし、直接オメコの中心部に吸い付き、舌で確実にクリを攻め立てる。「ああ、いい、ああああ、いい、いいわー。もっと、もっとよ」と腰をくねらせ、愛液を溢れ返してくる。クリを舐め、吸いつつ、オメコの中に人差し指と中指を突き入れる。入口のざらざらが何とも凄い女である。その奥に進むと、ヌメッとぬめるツルッとした上壁があり、そこに指腹をあてがい微妙なタッチを繰り返すと、「ああ、いいわー。気持ちいいよ。貴方上手ね。もっと、イヤ、イヤ、ダメ、変、出るよ。出るよ。止め!て

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

今までに日本人以外の女性とは5人経験、21歳と24歳の独身女性、二人ともスタイル抜群で美人、ロシア系の人妻M38歳、最高の女として忘れ得ない思い出となった在日朝鮮人妻Y恵38歳、大阪京橋の駅前にあるホテルロビーで出会う、「本当に私を満足、ホテル15階の部屋へと向かった、私は彼女の薄いブラウスをたくし上げ、ブラもズリ上げ、過怠の良い張りのある乳房を鷲掴み!に、ツンと立った薄いピンク色の乳首を吸った、舌を這わせ、軽く甘噛みを、滑りの良いシルクのパンティの中心部に指を這わせる、生暖かさを感じさせた、よがり声がだんだん大きくなっ、強くオメコへ押しつける仕草になる、一気にパンティを脱がし、愛液を溢れ返し、クリを舐め、身体を弓なりに、私が薬指をアナルの入口に鎮める、、ゆっくりと私は全裸になり、いきり立つイチモツを彼女の両足を抱え、もう一匹のメスとなっ、責め続ける私のピストンに、チンポよ動かない、私の胸に顔を埋め、、これでも主人のよりも大きいもの。ああ、もう堪らないわ」、フェラを始めた、凄まじい雄叫びを上げるセックスになったことは間違いなかった、夜9時を過ぎ、国道2号線のJRガード下からタクシーで帰る彼女を見送った時、出会いを続けた、それから3年後帰らぬ人となった、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト