性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

祭りで

TD015048
カテゴリー: 男性視点 男(童貞)女(人妻 )

テクスト冒頭部分

一夫一妻制は、つい最近出来上がった夫婦の形で、昔は契りあうのは必ずしも生涯1人と言う事は無く、色んな夫婦の形があったようです。そんな男女の出会いの場と農村の楽しみの一つとして、祭りが有り、その時は無礼講となって未婚・既婚に関わらず性欲が欲するままに活動をしていました。そんな訳で古来祭礼には、性的な部分が含まれ、明治時代に入っても一部の地域では性的祭礼が行われていたようです。そうは言っても昔は子供の生存率が極端に低くて、生む事が大切だった事もあるのかもしれませんね。ここも近年までそんな慣習がまだ残っていました。去年の夏、私達夫婦がはまってしまった・・はめられた・・そんな祭りでの話です。私の祖父の田舎から少し離れたある地域では、毎年、夏祭が行われます。神輿を担いだり、露天が出ていたり、一見普通のどこにでもあるような祭りです。その祭りは、私が学生の頃、たまたま祖父の家に行った時、その地区の遠縁の親戚に臨時で神輿の担ぎ手をしてくれないかと、頼まれた事が始まりでした。実はこの祭りこそ、私が童貞を卒業した思い出がある物でした。この地区の祭り衣装は、キリリと締め込んだ褌姿と決まっていました。私も当然のことですが、褌にさせられました。都会育ちの私の事、長くて白い布を渡され、どうするのか判らず、年配者から褌を締める指導を受けて自分も全裸になってから褌を締めましたのですが、その時は、ユルフンだったようで、揉み合っている最中に褌が解けてしまい、全裸になってしまった経験があります。お尻は丸見えですし、前袋もかろうじて局部を覆うだけで、毛深くない私の陰毛もはみ出し、全裸に近い状態で、恥ずかしかったのですが、今は、幅を半分にしてよじる様に巻いていくと褌の出来上がり、この姿が一番格良く見えると思ってます。ハレの舞台・・神様の前では、何も着けない姿での奉仕が必要でした。昔は男も女もそうだったのでしょう。だからこの日だけは特別で、普通だったら猥褻物陳列罪なんて罰則があるのでしょうが、こんな姿で町中のうろうろしていてもOKなのです。暑い盛り、裸のほうがとても気持ちよく、また肛門にくい込む締め込んだ褌が男の機能を高めている様にも思います。祭りの興奮も重なり、力水をかけられ、濡れて透けた褌の布越しにですが、勃起しているのが丸分かり状態となっていました。この祭りでは、そんな男衆が名物なのか、町内以外の人達も

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

昔は契りあうのは必ずしも生涯1人と言う事は無く、そんな男女の出会いの場と農村の楽しみの一つとして、私が童貞を卒業、裸のほうがとても気持ちよく、濡れ、女性達も男のそんな姿形を見るのが楽しみのよう、2回目か3回目かの祭りの時、。そんな私の股間をちらちら見、。ノーブラで浴衣を揺らす乳房と浮き出る乳首のシルエットに、やりたい盛りの私の褌の中はパンパンになっ、。嫌と言う訳はありません。私も彼女の手を握り返し秘密の場所に向かいました。木から漏れ、、冷たい夜の空気に私の物が縮み上がる感じ、挿入を果たしました。熱いって感じ、急に射精感が高まっ、逆にセックスの良さを教え、私の妻ではなく他人妻となっ、今の妻と社内結婚、なんせ年に一回の事、筋肉はもりもりと、肉体労働を主に、彼女に大人のテクニックを教えた男、彼女はいままでに無い快感に、すかさず褌を脱ぎ、私も妻もお互い処女でも童貞でも無かったの、その実家から数十メートル離れた所に彼女夫婦の家がありました、肩で息を、そしてディープキスを始めました、ジュッジュッと言う妻が男の唾液をすすっ、しばらく放心状態の妻、今妻を抱きたい、再びキスを、男の方もそんな妻に答える様に舌を差し入れたディープキスをしばらく続け、そんな二人が離れたのはカップ麺が出来る時間以上たってから、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト