性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

ゲイだけど彼女できた≪初体験、童貞、処女≫

TD015528
カテゴリー: 男性視点 女同士の行為 男(童貞)女(処女 、大学生)

テクスト冒頭部分

とりあえずスペック学生フツメン服ヲタ童貞非処女でした彼女アパレル系勤務冨永愛をムチムチボインにした感じちなみに自分がゲイと自覚したのは厨房の頃から。部活の先輩が好きで告白したらok貰えて高校まで付き合ってた。大学までは彼氏ナシ。大学入ってからゲイバーに入り浸ってた。経験人数は4人。前の彼氏と別れて半年、クリスマスまであとひと月だし人肌恋しくなった俺は初めてハッテン場という所に脚を運んだ。何人かのおっさんに声をかけられた。ただ俺のタイプを見てもらうと分かるように俺は面食いである。小汚いおっさんに掘られるくらいなら尻に人参突っ込んでた方がマシだ。ハッテン場街中にある広場を想像してくれ。そこの真ん中に小さい噴水みたいなのがあるんだが、彼女はそこにいた。っていうか急に来た。噴水の水をばしゃばしゃして遊んでた。完全なる酔っぱらいだった。そのハッテン場地元ではゲイじゃない人にも有名で夜は絶対ゲイ以外の人種は近づかないんだよ。俺以外に動く気もなさそうなので大丈夫ですか?と声をかけた。酔っ払いおねいさんの耳には全然声が届いていなかった。噴水遊びに飽きて寝転がって天体観測しだした。たまにオリオーン!!!とか叫んでるこの酔っ払いおねいさんかなり美人だなーとか俺は薄っすらと思ってた。俺がゲイになった要因にかなり奇麗な姉が2人いるんだが小さい頃からずっと見てて女子の綺麗は朝のなりふり構わないメイクやらなんやらがあるからなんだと幼いながらに悟ってたそれから女の子は恋愛対象じゃなくて尊敬対象になった。だから酔っぱらってグデングデンのおねいさんも、メイクばっちりだったし、ミニスカートだけど絶対パンツは見せまいと死守してた。改めて女の子っておもしろいなと思った。ナワバリに突然入り混んできた無礼な女に、俺は興味が湧いてきた。ちゃんと会話がしてみたいと思っておねいさんを叩き起こして別の大きくて広い公園までおぶって運び、水をあげた。あのハッテン場で男女が談笑するのは自殺行為だ。周りからの視線で刺殺される。あとおねいさん重い。アンガールズ体系の俺にはつらかった。あとかなりの巨乳だった。巨乳怖い。おねいさん飲み干したペットボトルを俺に渡してベンチに寝転がった。おねいさん→(´-`)(´-`)「膝枕!!」俺「はい!?」(´-`)「膝枕ないとねづらいねん」俺「でしょうね…」(´-`)「でしょうねちゃうわ!あほか

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

とりあえずスペック学生フツメン服ヲタ童貞非処女、彼女アパレル系勤務冨永愛をムチムチボインに、感じちなみに自分がゲイと自覚、部活の先輩が好き、高校まで付き合ってた、大学までは彼氏ナシ、経験人数は4人、前の彼氏と別れ、人肌恋しくなった俺は初めてハッテン場という所に脚を運ん、たまにオリオーン!!!とか叫んでるこの酔っ払いおねいさんかなり美人、姉が2人いるん、女子の綺麗は朝のなりふり構わないメイクやらなんやらがある、悟ってたそれから女の子は恋愛対象じゃなく、絶対パンツは見せまいと死守、あのハッテン場で男女が談笑、あとかなりの巨乳、「おねいさん覚えてないの?」(´-`)「え?あんた一緒に店で飲ん、俺があんまりにも女顔の上紫式部ロン毛、。なんかすごい運命を感じた。財布スられてた、服のタイプや雑誌の話で盛り上がり、おねいさんがずっと集めてる装苑とか見せ、、その辺の下ネタ?っていうかセックスの話とか聴くのも楽しそう、もちろんなく、良い出会いを、。でもね、俺の肝心の人肌恋しさは消えてないわけで。1週間後位の夜かな?いつもはいかないミックスバーにゲイ友達と行っ、、ミックスバーに居たタチのゲイ男性とも仲良くなっ、「一週間前ハッテン場で行き倒れてる所を助けた間柄、引き止められないいいいい俺の今晩のお相手候補は女性嫌いらしい、こんのクソアマと、ありがたくお酒を頂く、化粧を、「ウス…」(´-`)「ほなね!辛くなったら電話、気持ちよくない。・B地区で逝きそうになるくらい感じる・指、舌がレズセックスでの基本プレイセットらしい。・首筋が弱いらしい。とまあ下方面の個人情報を色々曝し、?そのクリアピンクのいちもつ形のものは左手にコンドーム、oh…夜のお共達3点セット…(´-`)「まずはさ、お互いシャワー浴び、服脱い、ベッドイン、やっぱりお互いの裸観、2人で爆笑、おねいさんのフェラ、やっぱり男のほうがどこが気持ち良いか分かってる、息子ちょっと元気になった、息子さん8分咲き、乳首はこりっこり、乳房部分と乳首の固さのコントラストがおもしれーなとおもっ、乳首をいじってるとおねいさんが時々甘い声をもらす、俺はその可愛い声と奇麗、弱いという首筋をつつっと舐めたら身体を振るわせるおねいさん、マンコは巷で聴く程臭くなかった、いざ正上位で挿入!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!あ、アナルよりも締め付けすぎなく、ピストン何回か、間を置かず第二ラウンド突入、喘ぎ声がすごかった、無事お付き合い、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト