性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

結婚退職直前の先輩OLが俺の誕生日に童貞卒業させてくれた

TD016587
カテゴリー: 男性視点 男(若者、童貞、会社員)女(大人、経験済、OL)

テクスト冒頭部分

10年くらい前の話で恐縮ですが、初体験の思い出です。当時、就職したばかりの時で、女性経験もない童貞でした。23歳の誕生日の数日前に、7歳くらい年上の先輩女性(あかりさん)から「誕生日のプレゼント何がいい?」と聞かれたので、ふざけて「彼女が欲しい」」と答えると、肩を叩いて大笑いしました。いつもは優しい先輩でしたが、それから数日の間、ずっと僕を無視するような感じでした。それで当日になって、「お昼休みに屋上で」というメモを渡されました。食事を早々に切り上げて大急ぎで屋上に行くと、ドアの前の踊り場のところにあかりさんがいました。あかりさんは、「はい」と言ってリボンの付いた小さな箱を渡してくれましたが、ン僕はガマンできなくて抱き付いてしまいました。キスの経験すらなかった僕は、ディープキスというのがどういうものかわからなかったのですが、あかりさんの唇に押し付けるようにしました。あかりさんは、嫌がらずに僕の唇を受け入れて、舌を差し入れてきました。僕は、あかりさんの舌の動きに合わせるようにしました。あかりさんの首筋辺りから香ってくる匂いと、柔らかい唇の感触と、初めてのキスの興奮と快感で、僕のアソコは鉄の塊のように固くなってきました。僕は、あかりさんをきつく抱きしめるようにして下腹部にグイグイと押し付けました。擦れたり、押し付けたりする感触だけで、発射してしまいそうなくらいでした。そんな僕に抵抗もしないで、キスなどに応えてくれたあかりさんに対して、思い切って柔らかそうなおっぱいを制服の上から揉みました。ちょうど手のひらに収まるくらいの大きさで、揉むのに比例して興奮してくるような不思議な感触でした。僕は、ガマンできなくなって、お尻も揉みました。お尻は、おっぱいよりも弾力があって、何時間揉んでも飽きないような不思議な感触でした。あかりさんの対応に安心した僕は、スカートの中に手を入れようとしましたが、さすがに手を掴まれてしまいました。「もうお昼休み終わっちゃうから」あかりさんは、そう言うと職場に戻っていきました。僕は、しょんぼりして、その日の仕事にはまったく手が付かないという感じでした。その日の夜、仕事が終わると玄関のところであかりさんが待っていました。「ちょっと食事でもしよっか」僕は、あかりさんと一緒にレストランで食事してから、居酒屋で少しお酒を飲みました。緊張していた僕は、ビール何杯か

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

初体験の思い出、女性経験もない童貞、23歳の誕生日の数日前に、7歳くらい年上の先輩女性、(あかりさん)、肩を叩い、感じ、抱き付い、キスの経験すらなかった僕は、ディープキスというのがどういうものかわからなかったの、舌を差し入れ、あかりさんの首筋辺りから香っ、初めてのキスの興奮と快感で、僕のアソコは鉄の塊のように固くなっ、そんな僕に抵抗も、居酒屋で少しお酒を飲みました、パンティの上からアソコを触りました、パンティは濡れ、あかりさんが感じるのかわかりません、僕の服を脱がせ、パンツ一枚に、お互い下着姿になる、優しく丁寧に舐め、喘ぎ声を出しました、結婚、なんで僕とエッチ、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト