性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

同じマンションの二階上に住む奥さんとの不倫エッチ体験談②

TD016925
キーワード: 近所の人妻と
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

あそこに自分のものをあてがうとすでにぬるぬるになっているのが判りました。そのまま突き上げると簡単に奥まで入ってしまいました。「うがぁ・・・あんあんうんうぐうぐ・・・」腰を突き上げるたびに奥さんの顔が苦悶の表情になります。「ビチョビチョやからスッと入ったで」と言うと「悶えながらも、そんなこと・・ない・・・もん・・・」と感じる顔を見せないようにしようとしますが。激しく突き出すとしがみついてきて「やめて、いっちゃうよぉ~」と言って崩れ落ちながらいってしまいました。小刻みに痙攣してる奥さんを無理やり四つんばいにすると後ろから突き刺しました。ゆっくり動いているとそうでもないのですが、激しく動き出すとあっという間にいってしまいます。奥さんをソファの上に横たえると足を抱えるようにして上から突き出しました。「いっていい?」と聞くと「いいよ」と言うので「どこにだす?」と聞くと「中はだめだよ」と。「じゃあどこにだすの?中でいい?」と腰を激しく動かしだすと「だめだよ!なかはだめだよ!」とソファーを握り締めて必死に言ってました。「口の中でもいい?」と聞くと「えっ・・・」というので「でも、中で出したいな~」と腰の動きを早くしました。「ダメだよ!中はダメだよ!聞いてるねぇ・・あっいく・・・いちゃうよぉ~なかは・・・いくうう・・・」といきだしたので腰の動きをさらに早め奥さんが足をつっぱたと同時に自分の物を奥さんの口元に持っていきました。いやいやをする奥さんの口を指で無理やり開かせるとチンチンをくわえさせました。するといっきに抵抗がなくなり根元を持って強く吸い出しました。ちょっと驚きながら腰を動かしてすぐに奥さんの口の中にぶちまけました。奥さんは手と首の動きを緩めると、最後の一滴まで吸い取るようにした後、全部飲み込んでしまいました。さすがに、驚きました。横に寝転んで「飲まなくてもいいのに」と言うと「だっていつもそうしてるから・・・主人が出しちゃだめって言うから・・・」と言います。その言葉を聞いてご主人の顔を思い浮かべながら『なんて鬼畜なやつや』と自分のことは棚において少し腹だたしく思えました。その日は子どもを迎えに行ったとき子どもに「汗かいてるからふたりでシャワーに入りなさい」と言って、その間にまた奥さんに襲い掛かりました。時間がなくなるといけないのですぐに腰を振り出しました。「ママあがったよ~」

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

「ビチョビチョや、、そんなこと・・ない・・・もん・・・」、感じる顔を見せないように、奥さんをソファの上に横たえる、ソファーを握り締め、チンチンをくわえさせました、いっきに抵抗がなくなり根元を持っ、「飲まなく、・・・主人が出し、ふたりでシャワーに入りなさい」、パンツも履かずに風呂場に駆け、「一回しかいかせ、奥さんの旦那さんの夏休みはお盆は関係なく5日あり、9連休になるわけ、わたしの手は奥さんのモモや胸をいたずら、長いキスを、「もう濡れてるんとちゃうか?」、吸い付きました、そのまま指と舌で2回づついかせました、ズボンを脱ぐ、肩で息を、「奥さんの写真でオナニー、「奥さんの可愛い顔を見るために」、、8時半に行きます、返事を聞かずに別れました、奥さんの上から横に身体を滑らせ、快感に耐えるように言っ、下だけを脱がしに掛かっ、あそこを舐め始めました、「いく・・、わたしはすぐに裸になっ、両手を縛ろうと、剃刀で下の毛を剃りだしました、自分のあそこにジュースのビンの三分の一ほどが入っ、化粧水の容器、奥さんのアソコにいれ、あまりの感じかたに我慢できなくなり、今までで一番大量の精子がでました、奥さんのお尻にのりきらずボタボタ床に落ち、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト