性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

満員電車でヤバイ中出し

TD017775
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

小西真奈美似のデリヘル嬢と、カラオケボックスで見つかりそうになりながらも、しっかり中出しをした後日談です。あの後、彼女はグァムへ向けて飛び立ちましたが、帰ってきたらまた逢おうねと、電話番号とメールアドレスをゲットしました。それから10日間程経って、小生の携帯に彼女からのメールが入って来ました。「いま、成田に着いたの。お願い、迎えにきて」何を言っているんだ、とは思いましたが、彼女のアイドル並みの美貌とピチピチ弾むような肉体を思うとき、劣情が込み上げるのも否定できません。あわよくば、再びあの身体を抱けるのではないかという期待に胸を、もとい股間を膨らませて迎えに行くことにしました。幸いその日は休養日にあたり、仕事はありませんでしたが、車が出払っていて電車で向かうことにしました。待ち合わせのカフェに着くと、彼女は顔中をくしゃくしゃにして飛びついて来ます。小西真奈美をうんと幼くしたロリフェイスの彼女は、小柄ながらモデルクラスのプロポーションを誇ります。そんな美少女が頭の禿げかけた50過ぎの親父に抱きつくのですから、周囲の視線は否応もなく集まります。その驚嘆と羨望の入り混じった視線が、なんとも心地よく感じました。「ねえねえ、いいこと教えようか」彼女は周囲の空気に気づいているのかいないのか、可愛い笑顔を小生の耳に近づけてトンでもないことを言い出しました。「あたしね、おじさんとのエッチ思い出して、毎晩ひとりエッチしてたんだよ。友達に気づかれてヘンな顔されたけど、おじさんとのエッチが頭から離れないんだもん、仕方ないじゃん」そんなことを言われたら、小生も我を忘れてその場で押し倒しそうになりました。帰りの電車は帰宅ラッシュの時間帯と重なって、かなりの混雑状況でした。小生たちは電車の最後尾に彼女のピンクのキャリーバックを立てかけて、その前に向きあう形で立っていましたが、とある基幹駅で多くの乗車客に押されてはからずも抱き合うように密着してしまいました。脚の裏にあるキャリーバックが小生の重心を狂わし、彼女の身体を支えるのが精一杯です。ところで前回も書きましたが、小生の脚が短いのか彼女の足が長いのか、ふたりが向き合って抱き合うとお互いのアソコはピッタリ密着しあう絶妙の位置にあるのです。小生の親不幸なムスコは彼女のアソコを感じて、早くも立ち上がりはじめています。こういう事はいくら頭で抑制しようとし

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

小西真奈美似のデリヘル嬢と、電話番号とメールアドレスをゲット、それから10日間程経っ、肉体を、再びあの身体を抱けるの、期待に胸を、もとい股間を膨らませ、モデルクラスのプロポーションを誇ります、そんな美少女が頭の禿げかけた50過ぎの親父に抱きつくの、可愛い笑顔を小生の耳に近づけ、「あたしね、おじさんとのエッチ思い出し、小生たちは電車の最後尾に彼女のピンクのキャリーバックを立てかけ、脚の裏にあるキャリーバックが小生の重心を狂わし、お互いのアソコはピッタリ密着、股間に触れる快感と、「えっちいこと、、ズボンの中から取り出した小生のイチモツをパンティ越しに自分のアソコに押し付けたの、親子ほども年の離れた男女、小生は彼女の奥深く射精を果たし、二度目の絶頂を迎えたよう、精子の逆流がなかったのが幸い、関連記事中1の美少女レズの快感?団地妻のレズ関係童貞君とレズ2人デリヘリ嬢と電車で中出し変態セックスに濡れ、…宗教勧誘の巨乳熟女同窓会で乱交!処女2人を逝かせ、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト