性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

性の知識が全くない巨乳で可愛い天然の同級生にマッサージを頼まれた

TD018033
カテゴリー: 男性視点 男(童貞)女(処女 、高校生)

テクスト冒頭部分

自分♂現在24歳。高校生の頃の話を。自分は家が接骨院だったため、小さい頃から親父に色々と技術を叩き込まれていた。親父はマッサージなども習っていたらしく、そちらも小さい頃から教えてくれた。そんなこんなで俺はよく運動部のやつの部活の後でマッサージを頼まれたりしていた。当時の俺はあんまり喜怒哀楽を顔に出さなかったからか、クール系だと思われており(実際はただのムッツリ)、女子からも普通に頼まれ、本人の了解ありで体に触れて役得、などと思っていた。(マッサージなどは真面目にしていた)そんなある日、登山部(ワンダーフォーゲル部というのかな)所属の仲のいい女子から、マッサージしてくれと頼まれた。そいつは顔は小野真弓(公式|Wiki)にちょっと似ており、髪は鎖骨ぐらいまである黒髪ロング、そして何より胸がデカイと有名だった(以下真弓と仮称)。真弓は可愛いのだが、何と言うかちょっと純粋でアホで、騙されやすいというか人を疑わない奴だった。「昨日登山してきて、身体中が筋肉痛なのー」と真弓は笑いながら言ってきた。まぁ教室でマッサージするわけにもいかないので、俺は美術室に来るように言った。俺は美術部だったのだけど、他には部員が2人だけ、しかもその内1人は登校拒否。もう1人は幽霊部員だったので実質部員は俺だけで、鍵とかも全部俺が管理していた。美術室に2人っきりで、最初は肩や首を揉んでやった。真弓は「あ゛~きもちいい~」とか言いながらされるがままだった。すると真弓が「背中も凄い痛いんだー、やってよー」などと言ってきた。正直ちょっと面倒だな……と思ったけど、まぁ仲のいい真弓からの頼みなので了承した。俺は普段自分が昼寝に使っているクッション数個を並べて簡易ベッドにして、真弓にうつ伏せになるように言った。真弓は素直にうつ伏せになった。無防備な性格だからか、スカートが捲れて白のパンツがちょっと見えてて俺は少し興奮した。まぁこれぐらいは役得役得♪なんて思いながら俺は気を取り直してちゃんと背中をマッサージし始めた。俺に跨がられて背中をマッサージされる真弓は気持ち良さそうな様子だった。が、やってるとどうしても女性の場合は問題が発生する。腰とかは問題ないが、やはり背中はブラがマッサージするには割と邪魔なのだ。俺はついポロっと「邪魔だな……」と呟いてしまった。そしたら真弓は不思議そうな顔で振り返り「何が~?」と訊いて

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

自分♂現在24歳、そいつは顔は小野真弓(公式|Wiki)にちょっと似、髪は鎖骨ぐらいまである黒髪ロング、そして何より胸がデカイと有名、(以下真弓と仮称)。真弓は可愛いの、、身体中が筋肉痛、他には部員が2人だけ、しかもその内1人は登校拒否、最初は肩や首を揉ん、簡易ベッドに、性格、白のパンツがちょっと見えて、どうしても女性の場合は問題が発生、やはり背中はブラがマッサージ、「いや、下着が邪魔、急に立ち上がりブラウスのボタンを外し始めた、当時童貞、真弓はそんな俺の事を意にも介さずブラウスを脱い、なく綺麗、小さめの乳首もツンと上向きでとてもエロかった、仲のいいクラスメイトの裸を目の当たりに、学年でも3本の指に入るくらい巨乳、股間をフル勃起、(つまりトップバスト90cmぐらい)しばらく胸を揉ん、真弓は疑問を抱かないのか、。(処女確定、まぁ大体分かってた、俺の鞄を弄り出した。そして一週間前に買ったばかりの新しいデジカメを見つける、「何これ、かっこいー!」とやたら喜び勝手にパシャパシャと写真を撮り出した。、たしなめたら真弓はてへへといった感じでカメラを手渡し、。関連記事おいしい家庭教師マッサージで逝かせた同級生(4)マッサージで逝かせた同級生(3)マッサージで逝かせた同級生(2)マッサージで逝かせた同級生(1)若いころの中出し体験電気アンマで罰ゲーム軽女サークルの恵理(2)軽女サークルの恵理(1)、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト