性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

嫁「ここにテント張ったら駄目ですよ」俺「?熊が出るの?」嫁「(怒)家の私有地です!」

TD021492
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

874:名無しさん@お腹いっぱい。2012/07/28(土)03:43:26.91夕暮れが迫っていて慌てて作業をしていると後ろからいきなり声を掛けられた。嫁「ここにテント張ったら駄目ですよ」俺「?熊が出るの?」嫁「(怒)家の私有地です!」しゃがんで作業してた俺の視線のちょうど入ったデニム地のショートパンツから伸びた嫁の脚の白さが印象的だった。876:名無しさん@お腹いっぱい。2012/07/28(土)14:21:48.14←押していただけると喜んで更新します^^>>874詳しく勝手にキャンプしてたの?wおすすめ記事【海水男】その全ての記録まとめ〜旦那編〜【その1】新入社員の女の子が切羽詰まった感じで、相談があるから会社の外で会いたいと言って来た嫁の作った蕎麦に天かすがのせられていた。普通は海老天だろ。非常識にも程がある。気団「子供作ろう!」→嫁「これ以上妥協できない」俺17才、嫁5才のとき出会って嫁の猛烈アタックで交際した881:名無しさん@お腹いっぱい。2012/08/05(日)21:21:35.68>>874それからどうやって交際するようになって結婚したの?続きを!!875:名無しさん@お腹いっぱい。2012/07/28(土)06:21:32.62>>874馴れ初めスレでkwsk聞こうじゃないか【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】その6149:名無しさん@お腹いっぱい。2012/07/28(土)22:39:07.74大学に入ってバイク免許をとりと中古のバイク買ったら金が尽きた。それでも遊びたいのでテントとか寝袋よか野外炊飯道具を買い込み、フェリーに乗って北海道に行くことにした。大変ではあったが雨さえ振らなけれ10代の冒険心を満たす気ままな旅だった。何日目かで日が暮れそうなのにテントを張る適当な場所がなく原生林と畑の間にあるなんとなく平らな空き地を寝る場所に決めた夕暮れが迫っていて慌てて作業をしていると後ろからいきなり声を掛けられた。嫁「ここにテント張ったら駄目ですよ」俺「?熊が出るの?」嫁「(怒)家の私有地です!」しゃがんで作業してた俺に視線のちょうど入ったデニム地のショートパンツから伸びた嫁の脚の白さが印象的だった。当時、嫁は中2で夏休みの部活帰り俺が野宿する感じなのを見つけそれを家で話したら注意して来いと言われたらし153:名無しさん@お腹いっぱ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

俺の視線のちょうど入ったデニム地のショートパンツから伸びた嫁の脚の白さが印象的、その全ての記録まとめ?旦那編?【その1】、新入社員の女の子が切羽詰まった感じで、普通は海老天、俺17才、嫁5才のとき出会っ、嫁の猛烈アタックで交際、結婚、2012/07/28(土)22:39:07.74大学に入っ、7時を回っ、翌朝の6時頃にテントを片付けた後、祖父と写真を撮らせ、何故かその場にいた嫁との2ショット写真も撮ることになっ、>>157泊まるようになるのは大学3年の秋から、大学2年の春休みには、○○家ご一同様、その過程で女性に頼られる快感と、薄く化粧、顔は高1に、既に9月になっ、嫁の実家に3時ごろ付く、「抱き心地」、見た目やスタイルに拘るのはおこ、原因はもちろんの事チロチロという感じで固まったミルクを舐めあげる嫁の表情にも込上げるモノがあった、すっかり秘密基地と化したテントの中を弟その2が探検、嫁と二人、俺がこんな綺麗、過去の嫁可愛い、2012/07/30(月)21:35:07.13予定ではこの後5日ほど回っ、別れた奴が3日後の夜九時過ぎに顔を出したの、2012/07/31(火)08:26:36.901回目>>1492回目>>159半年後のGW3回目>>162その年の夏4回目>>169翌年の夏5回目>>176その三日後190:名無しさん@お腹いっぱい、2012/07/31(火)16:47:59.91太ましいとは書い、超美女(笑)とか、嫁は友人たちに東京に年上の大学生の恋人がいるという事が羨ましいと、携帯電話を所有、「俺さんは東京で付き合っ、母は冗談交じりで二十歳で地元の農家に嫁い、気持ちが満足、行けないホテル事情のためやる事はなかった、第一にキス、早起きは三文のトク!!起き、俺の時なんて電話代だけでお互い毎月3万越え会うにも金かかる、外でアンちゃんが電話終わるのをイライラ、美人、(キッパリ)。身長が160あっ、賀茂なすみたい、しばらくはかなり痩せ、その間中ずっと隣にすわりずっと手を繋い、嫁が家に帰るのが9時を回っ、なんでもう帰れっていうの(大泣き)」自然と嫁の肩に片手を置いた、手を回し、抱き寄せた、両手で抱き締めた、嫁は俺の胸に顔を押し付け、、頭をなでた、嫁は驚いたように俺を見つめた、何も言わずにゆっくりくちづけた。舌は入れなかった、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト