性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

遅かった喪失≪初体験、童貞、処女≫

TD022055
カテゴリー: 女性視点 男(童貞)女(処女 )

テクスト冒頭部分

私は厳格な家に育ち女子高から女子大に通い、そのまま今の会社に就職したので、なんとなく親密な男つき合いもなく、気が付けば25才になっていた。自分で言うのもなんだが、容姿はどちらかというと良いというか、たぶん「美人」の中に入れてもらえる方だと思うので、親や親戚から時々「見合い写真」なるものも見せられるような事もあった。でも、そんな見ず知らずの人と結婚を前提におつきあいするなんて、自分自身では考えられる事ではなく、仕事も好きなので、いつも断っていた。なんとなく「仕事中毒女」のような評判になり、結局この年までズルズルとヴァージンを引きずる事になった。同じ会社に入って来たA君は2年年下の、まだ子供っぽい気配の残る、笑顔のかわいい奴だった。ところが、仕事中、会議やデスクワーク中に見せる真剣な顔つきが妙に大人びていて、ドキッとさせられる事があった。同じ部署のA君には、なにかと面倒を見てやり、すっかり姐さん気分の私だった。幼い雰囲気で頼り無い感じのA君は、なにかと先輩の男性社員からいじめられるような事もあり、可哀想だった。でも、ふと顔をあげた時に向かいに見える彼の真剣な顔つきは、むしろ実際の年令よりも5才くらい上に見えるような頼もしさが垣間見えた。実際、彼の書いた企画書は、同期の連中よりもずっとマシなものを書いている事も多く、見た目だけでいじめられている彼が本当に可哀想に思えた。そして、その彼のギャップがなんとなく気になるようになってしまった。やがて、そんな彼を慰めようと、私の提案で、私の友人達と彼の同期などを集めて、仕事を離れて食事会などを開くようになった。そうやってグループで親交を深めていった。彼は、仕事の内容の話になると、すごく専門的な話や独創的なアイデアを披露し、その秘めた可能性をみんなに惜し気もなく示した。やがて、食事会の仲間達には、次第に彼の事を理解する人たちが増えていった。その割にはエッチな話になると、顔を赤くしてうつむいていて、ウブな一面もあるのだった。私は夜一人で、そんな彼の顔を思い浮かべながら、自分を慰めるようになっていた。←押していただけると喜んで更新します^^私は彼にならヴァージンを捧げてもいいと考えた。それもきっとチェリーの彼なら彼に気付かれずにヴァージンと決別できるかもしれない。実は結構若い内から好きモノだった私。女同士では結構ヤバイ事まで経験していた。

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

25才になっ、「美人」、「見合い写真」、そんな見ず知らずの人と結婚を前提におつきあい、幼い雰囲気で頼り無い感じのA君は、その割にはエッチ、一面もあるの、身体はやわらかい方、最近では通販で買ったバイブも入れ、おそらく処女膜には穴があい、私の1Kの部屋に上がったA君はムッチャ緊張、「先にお風呂に入る、そしてビデオで見た男性のペニスを思い浮かべ、股間はもう膨れ、同性とのキスは何度かやっ、彼の手を胸の上に持っ、彼をベッドに座らせ、よがった声をあげた、乳首を弾かれる、彼の肩をベッドの方にやさしく押す、脱い、先が濡れ、私の体重のすべてが彼の上にかかった、彼は満足そう、手のひらに乳房を包まれ、快感が走った、射精、私はこのかわいい後輩にヴァージンを捧げたの、彼が起き上がらない内に二人の股間をティッシュでさっと拭い、制服姿のOLが、激エロ!、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト