性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

体は男心は女でも女が好き

TD028166
カテゴリー: 女同士の行為 

テクスト冒頭部分

私の名前はユウタイトルの通り私は男性として生まれながら精神的には女性です。精神的には女性でありながら恋愛や性愛の対象となるのは女性という若干ややこしい同性愛者です。親や友人達には内緒で女として夜の街で働いています。お客さんも皆私の事を正真正銘女だと思い込んでいます。私が本当は男である事は店のママと一部の従業員の女の子しか知りません整形やその他の手術やホルモン注射はしていません親や大学の友人達にばれますからね私がこういう自分に気がついたのは随分後になってからでした大学に進学して東京で一人暮らしを始めて大学で知り合った女友達の何気ない一言がきっかけでした。友人にしたら微妙に感じた程度の違和感を軽く言った程度のことだったと思います。しかしその時その一言で自分の中にあったモヤモヤしたものがスッと消え去って視界がクリアになっていくのを感じました。高校時代からずっと私は彼女を作っては別れることを繰り返していました。別れても次ぎの彼女自体は直ぐに出来るのですが「こんな人だと思わなかった」とか「イメージが違った」とか言われてふられたりorふったりする事が続いていました。例えば具体的に何が違うのかというと当時の私はあまりSEXが好きではありませんでした。キスしたり抱き合ったりイチャイチャしたりする方が好きでそれだけで満足してしまいます。ですから自分からも余り積極的に求めたりしません精神的に愛し愛されているという実感さえあれば肉体関係はあまり必要としません全くしたくないわけじゃないのですが純粋な男性と比べると回数は極端に少ないと思います。そのことで相手が不安に感じたり浮気を疑われたりする事もありました。また彼女に限らず女性の友達が多くて気がつくといつの間にかガールズトークに参加していることも多かったです。普通ならそれで私が精神的に女である事がばれる所ですが実際に私が付き合っているのは女性ですから男連中や周りも僕が単に女好きなナンパ野郎だと思っていたと思います。それがまた浮気の疑いに拍車をかけました。話し方も自分を男だと思っていた期間が長いのでオネエ言葉には成りませんし日頃の仕草も男と変わりませんでした。と言うわけでその時まで私は自分を男として女が好きな普通の男だと思い込んでいました。しかしその友人の何気ない一言がきっかけで実は自分が精神的には女なのではないかという考えに到ったのです。ネ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

私の名前はユウタイトルの通り私は男性として生まれながら精神的には女性、親や大学の友人達にばれます、キス、それだけで満足、肉体関係はあまり必要と、実際に私が付き合っ、そして私は私の人生にもう一人の存在ユウを作り出しました、言えるはずもなく私は休日にコッソリ化粧、付き合ったのが同じ大学の後輩のエミ、可愛い女の子が数人の男に囲まれ、「もう!ヨウコこんな所で何、!いくよ!」、「えっこの子のお姉さん?美人、ロングヘアーのゆったりとウエーブはまるで何処かの姫様の様、「あっ・・私・・すみません、私は○学部1年の丸井エミと、「エミちゃんって言うのね、私は2年のユウって言うのよろしくね」、ツイツイ男の時の癖で親切心から素直に言葉が出、そ言う感じで私とエミちゃんは急遽一緒に映画を見る事になりました、女の子とのデート、帰りの電車でもエミちゃんはドキドキが収まらないのか胸に手をあて、結構いい御家のお嬢様、メールや電話でやり取り、いた・・私は男としての自分の存在に嫉妬、二重生活が始まった・・いや元々二重、3重と言うべき、エミちゃんが恥ずかしそうに肩をすくめる、このまま普通の男女のカップルとして幸せにやっ、長年の付き合い、「っていうか私よりウエスト細い、なにその綺麗、コーヒーのオーダーのカップを手にとって暖め始め、むしろ十分すぎるほどこの私に歩み寄っ、・・たとえ100%理解できなかったとしても、理解、エミとは結婚も考え、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト