性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

アリス風の男の娘と

TD028312
カテゴリー: 男同士の行為 

テクスト冒頭部分

その時まで自分はノーマルだと思ってた。学生時代もつきあう人は皆普通の女性だったしましてロリコンやショタコンの気は自分にはないと思っていた。学生時代に教師を目指し、純粋に教師に憧れ資格まではとったものの結局は色々な理由であきらめる事になってしまった。その挫折感からではないが、一人旅を思い立ち大学を卒業してから直ぐ放浪の旅に出た。幸いに留学経験もあり、語学には自信があった僕は世界中を旅しながら日本語の教師の仕事や家庭教師の仕事をやったり、それが見つからない時は肉体労働の仕事でも何でもこなしながら色々な国の街をへ行った。そのとある国のとある小さな田舎町で僕はアリスに出会った。ブロンドで青い眼をしたその14歳の子は、本当に不思議の国のアリスのイメージぴったりで僕は最初から女の子だと疑わなかった。アリスは僕が下宿していた宿の下の階にお母さんと二人暮らしだった。僕が何時ものように日雇いのバイトから帰ると宿の玄関先で金髪の女の子を同じくらいの男の子数人が取り囲んで騒いでいた。なにやらアリスの家の事やアリスのことを馬鹿にするような会話が聞き取れたその時までにもアリスとは玄関先で数回軽く挨拶をする程度だったがそれでも可愛い外見と愛想の良さに少なからず好印象を持っていた僕は直ぐにとめに入った。よこしまな気持ちはこの時無かった。純粋に教育者を目指した者としての血が騒いだのだと信じているアリスは随分おびえた様子で殆ど半泣き状態だった。「こら!お前達何してる!」思わず日本語で駆け寄る僕男の子達は、突然止めに入った東洋人に最初薄ら笑いを浮かべたが僕が現地語で学校に連絡するぞと脅すと捨て台詞をはいて退散していった。「大丈夫だったかい?」僕がハンカチをポケットから出してアリスに手渡す。「大丈夫・・・ありがとうお兄ちゃん・・・・」アリスはハンカチを受け取ると涙を拭いた。「洗ってかえしますねw」と実に可愛い笑顔だった。「いつも、学校であんな風なのかい?」心配になって聞いてみる「たまに・・・私変だから・・・」「そんな事は無いよ、アリスは可愛くて良い子じゃないか!」咄嗟に言ってしまった。アリスはそんな僕の言葉に一瞬ハッとして大きな青い眼で僕を見つめる一瞬不思議な者を見るような目だったが、直ぐに白い透き通るような頬が赤く染まる「ありがとうお兄さん、私をなぐさめてくれて・・・」この時初めて自己紹介されたが、本

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

学生時代もつきあう人は皆普通の女性、一人旅を思い立ち大学を卒業、それが見つからない時は肉体労働の仕事でも何でもこなし、そのとある国のとある小さな田舎町で僕はアリスに出会った、その14歳の子は、僕は最初から女の子、宿の下の階にお母さんと二人暮らし、それでも可愛い外見と愛想の良さに少なからず好印象を持っ、本名は女性にも男性にもある名前でアリスは女の子の格好を、アリスがお母さんを玄関で別れ、1階と2階、感じ、性格だって今まで接し、多少の抵抗はあった・・この頃からアリスの僕への気持ちに僕もうすうす気がつい、感じ、見つめあう僕とアリス瞳を閉じるアリス・・・多分ココでキス、むしろ愛おしいアリスの唇は今までの女性達と比べ、間近でみるアリスは本当に綺麗、この方海を見たことがないそんなアリスには回り全部海という日本は1から10まで自分の世界に無い物が揃っ、ソファーでじゃれあっ、その時太ももに何かボールペンくらいの違和感を感じた、「素敵ね・・」、細い肩を震わせ、この頃のアリスにとってSEXというのはエッチ、そのまま舌で口をこじ開けるアリスは最初と惑っ、激しく唾液を絡ませあう、「オチンチンが・・オチンチンがなんか変、アリスの薄手のワンピースを捲り上げる可愛いペッタンの胸に桜色の綺麗、乳首があらわになるそして可愛いピンクのショーツはアリスの高ぶりでつつましく盛り上っ、アリスと何度も舌を絡めるアリスも積極的に僕の舌に絡み自然に吸い付い、脳が痺れ、勢いでアリスの小さなまだ若いペニスが顔を出す、あっさりと僕の手の中に射精、小さいペニスから驚くほど勢い良く熱い精子が噴出、より小さくなったそれに口をつけアリスの精子を舐めとり吸い出す、僕の口の中でアリスのペニスがまた元気を取り戻すのが解る苦い味・・精子ってこんな味が、気持ちいいか考える小さいペニスに舌を這わせウラ筋やカリ首をなぞる、その度にアリスの体が上下に跳ねる、快感に体を震わせ、初めてのフェラチオの快感と3度の射精に脱力、アリスは裸のままぐったりと、裸のアリスを抱い、ベットから起き上がり自分の服を脱ぐアリスはそんな僕の姿をほーっと、勢い欲パンツごと脱ぐソコはもう既にガチガチになっ、「大きい・・あの・・触っ、「お兄ちゃん気持ち良い?」、テクニック自体は大した事はないでもアリスの一生懸命さがとにかく心地良い刺激になっ、「ああっアリスいくよ!!くっ!!!」、2人でシャワーを浴び、まだ小さいアリスのアナルには僕のは余りにも大きく思えた、卑猥、中学時代の僕も彼女の前ではこう、・・股間のペニスを見なけれ、そのまま噛み切っ、なる衝動に駆られるくらいに・・アリスのペニスをしゃぶり、肛門を指で犯されるアリスソレはもう倒錯的、アリスに舐めさせた後僕はゴムをつけ少しでもアリスの負担が減るようにとローションをつけるアリスの肛門にもローションを馴染ませる、よがる、本当にアリスが妊娠、コンドームをとっ、今年18歳、結婚は出来ない、コレは僕とアリスだけの秘密、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト