性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

他の部署からやって来た地味系36歳独身女は巨乳だった

TD035362
カテゴリー: 男性視点 女(処女 、OL)

テクスト冒頭部分

俺は29歳の中小企業に勤務するサラリーマン。うちの部署は全員で6名おり、俺と定年間近の課長を除く他の4人は全て女性だった。そのうちの一人が寿退社で空席が出来てしまった。その為、他の部署から小林(仮名)さんという女性が穴埋めとしてやってきた。彼女は36歳独身。少し地味で平岩紙に似た顔をした、決して美人とはいえない女性でした。口数が少なく控えめな性格で、他の女性社員とも余り仲良くなろうとせずに一人でいる事が多かった。そんな彼女が気になる様になった切っ掛けは、暑い夏のとある日。連日続いた猛暑で俺もその日は、上はワイシャツ一枚という格好で、彼女も男性が俺と課長だけだったせいか、制服用のベストを脱ぎ、いつもは留めてあるワイシャツの上のボタンも外し、無防備な格好で過ごしていた。会議の資料作りのため、俺は必死にパソコンを打っていた。「ねえ、麦茶いる?」「ああ、お願いします」彼女が気を利かせて麦茶を持って来てくれ、前屈みになりテーブルに置こうとした時。彼女の乳房が鉛直に大きく垂れ下がり、ボタンを外したワイシャツの胸元から深い谷間の絶景が覗かせた。(・・・・・・で、でけぇ)どうやら彼女は着痩せするタイプらしく、制服の上からは想像も出来ないくらいの隠れ巨乳の持ち主でした。普段は身に着けているベストが抑え付けているせいか、平均程度に見えていたが、それを外すと平均を大きく上回っていた事が判明した。その後も汗でワイシャツが透け、そこから浮き出るブラジャーの艶欲な姿を見続けた。俺はその日の彼女の事が頭から離れなくなった。「あのちょっといいかな。この資料について聞きたいんだけど」「ええ、いいですよ」以前から接する機会が多く、彼女も些細な事でも積極的に話し掛けて来て、面倒見の良い性格の俺は質問に事細かに答えてあげた。その過程で俺と彼女は徐々に打ち解け合っていき、いつしか仕事とは全く関係ない談笑までする様になった。数ヶ月が経ち、俺と彼女の二人だけが残業という絶好のチャンスの日が回ってきた。いつもの様に質問ついでに、誘いを掛けてみた。「今度の日曜、二人で映画でも見に行きませんか?」「いや、そんな事したら松田(俺:仮名)くん、彼女に怒られるんじゃないの?」彼女は俺がすでに他の女性と交際していると思い込んでいた。「俺、彼女いないんですよ。・・・それで改めて聞きますけど、一緒に行ってくれます?」「でもいいの

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

俺は29歳の中小企業に勤務、うちの部署は全員で6名おり、俺と定年間近の課長を除く他の4人は全て女性、そのうちの一人が寿退社で空席が出来、他の部署から小林(仮名)さんという女性が穴埋めとしてやってきた、平岩紙に似た顔を、決して美人とはいえない女性、性格で、制服用のベストを脱ぎ、彼女の乳房が鉛直に大きく垂れ下がり、制服の上からは想像も出来ないくらいの隠れ巨乳の持ち主、そこから浮き出るブラジャーの艶欲、俺と彼女の二人だけが残業という絶好のチャンスの日が回っ、松田(俺:仮名)くん、彼女に怒られるんじゃないの?」、彼女は俺がすでに他の女性と交際、「でもいいの、こんなおばさんとデート、約束の時間5分前、十数メートル先に彼女の姿を発見、肩に下ろし、彼女は俺の腕に抱き付き、自分の身体に引き寄せる、、小林さんは今までどんな人と付き合っ、「・・・実はね・・・私・・・今まで男性の方と・・・その、お付き合い、綺麗、、大学に進学、男女共学になっ、、地味で根暗だから全然モテなく、可愛い女の子の方がいいわよ。こんなアラフォーのおばさんよりも」、「・・・本当?・・・あなたより7歳も年上、「一緒にホテル行きません?」「?」俺の直球過ぎる発言に彼女は顔を真っ赤に、彼女への愛を確認、舌を彼女の口内に入れる、満足できなくなり、下着を着け、ブラジャーとお揃いの純白のレース入りのパンツが姿を現す、その頂点に桃色の乳首が位置、キスを続けた、左右の乳首を交互に舌で舐め回し、感じ、両手を股間に当て、途轍もない快感が腰を襲う。彼女の股間付近に目線を下ろす、精子を大量放出、?」「・・・うん、八週目だっ、「結婚、。お腹の子供と三人で一緒に暮らそう」、もう一人増え家族四人で幸せに暮らし、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト