性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

Hな体験談。。同じマンションに住む30代女性

TD043874
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

ある日の昼下がり、マンションに帰宅すると駐輪場で座り込んでいる女性がいた。同じマンションに住むMさん。見た目は最近の長谷川京子のような雰囲気の30代女性。「どうかしましたか?」僕が声を掛けると「ちょっと体に力が入らなくて」意識はしっかりしている感じだった。「救急車、呼びましょうか?」「いえ、もうちょっとこのままで大丈夫です。」僕はマンションの大通り側に出てコンビニに行きポカリを買ってすぐにもどった。「とりあえず、飲んでください」そう言って渡すと彼女は「ありがとうございます・・いただきます・・」と言ってゴクゴク飲んだ。「軽い熱中症みたいだから・・早く涼しい部屋に戻った方がいいですよ。立てないなら・・」と僕は背中を向けると「いいんですか?・・・すみません・・」そう言って彼女は背中に乗っかった。エレベータで彼女の部屋に向かうと家族は留守で、とりあえずソファーまで運んだ。タオルの場所を聞くと何枚かを水で濡らし、首筋や脇を冷やすように渡した。ぐったり寝転んだ彼女は首筋にタオルを当て、エアコンで部屋を冷やした。膝の裏側なども冷やすと効果があるが、きつめのデニムを履いていたため、冷やせないと思ったが一応「膝の裏側も冷やすといいんですけど・・・」と言うと、ソファに寝転んだままMは「・・脱がせてもらって・・いいですか?」と聞いてきた。僕はドキッとしたが、弱っている女性をどうこうなどと考えはしなかった。ボタンとチャックは彼女が開け、途中まで自分で下ろしたが膝から下は脱がしてあげた。ブルーのサテン系のパンティ姿で艶かしい格好だった。僕はまたタオルを絞って彼女に渡すと、膝の裏側も冷やし始めた。何度かタオルを替えているうちに部屋も冷え、彼女も大分回復した感じだった。改めて彼女の姿を見るとボタンを全部外したシャツに下はパンティ一枚・・短パンの僕は不謹慎にも勃起していた。これ以上居るとまずいと思い、「じゃあ、僕はこれで・・」と言って彼女に背を向けて立ち上がった。Mは起き上がると横に座ってくれと言った。僕がソファーに腰掛けるとMは少しずれてまた横になる。「ど、どうしたんですか?」と僕がMに言うとMは何も言わず僕の短パンの中に手を入れてきた。「こんなになってるから・・・」そう言って硬く隆起した下半身を優しく握った。「すごい硬い・・太いし・・・長い・・立派なんですね・・」まだだるそうな彼女が僕を見上げ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

女性がいた、見た目は最近の長谷川京子のよう、感じ、コンビニに行きポカリを買っ、とりあえずソファーまで運ん、首筋や脇を冷やすように渡した、ソファに寝転ん、ブルーのサテン系のパンティ姿で艶かしい格好、ボタンを全部外したシャツに下はパンティ一枚・・短パンの僕は不謹慎にも勃起、ペニスをまじまじと見、亀頭をチロチロと舐め、五本の指を使っ、タマやアナルまで刺激、ドビュッと約10回くらい発射、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト