性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

人間の女を犯す猿、”カク猿”が実在した。

TD044421
カテゴリー: 男性視点 

テクスト冒頭部分

”カク猿”という猿をご存知だろうか。中国に伝わる伝説上の怪物で、その昔、蜀国(今でいう四川省)の山中に住みつき、人間の若い美女をさらっては犯し、子供を生ませるという好色な大猿がいたそうだ。今回その”カク猿”のように、人間の女を好んで犯すという猿が今でも実在するという噂を聞きつけた。奇しくもその噂の出所は”カク猿”伝説が残る中国の四川省だった。興味を持った私は早速取材に出かけた。現地で情報収集してみると、確かに最近山中にある村々の若い女達が猿に襲われる被害が相次いでいるとのことだった。おまけに表沙汰にはされていないが、襲われた女達の中には、その猿に”レイプ”されたという噂もあるらしい。さらに深く掘り下げてみたところ、その猿はすでに捕獲されており、処分される予定だったが、この辺りに住む大富豪の”K氏”なる人物が引き取ったとのことだった。そしてカク猿今でもK氏の元で生存しているとのこと。。。それを聞いた私は早速K氏に接触を図った。K氏は最初こそ”カク猿”を取材することを渋っていたが、粘り強く説得し、ようやく承諾を得られた。私は四川省の山中に大きな屋敷を構えるK氏の下に向かった。K氏は50代の男性で、中国国内でいくつもの会社を経営する、指折りの大富豪だった。どうも珍しい動物を好んで集めるのが趣味らしく、大きな屋敷の敷地内に動物園のように何種類もの動物を飼っていた。もちろん”カク猿”の伝説もよく知っており、人間の女を好んで犯すというその猿にも非常に興味が沸き、処分される所を破格の金額を支払い譲ってもらったらしい。私は早速”カク猿”を見せてもらう事にした。”カク猿”は彼の屋敷にある地下室で飼っているそうだ。地下室に案内してもらうと、そこには動物園にあるような巨大な檻があり、その中に”そいつ”がいた。そいつはちょうど、餌の時間らしく大きな器に盛られた大量の餌にむしゃぶりついていた。初めて見た印象は”でかい”の一言だろうか。おそらく体長は140~150cmくらいはあるだろう。通常この辺りに多く住むアカゲ猿が50cm~70cmくらいだとすると、倍以上の大きさだ。おまけにその体は丸まると太っており、脚や腕も太く、体つきは猿というよりゴリラに近い印象を受けた。確かにこれ程の巨漢ならば、人間の女を襲って押し倒し、レイプする事も可能だろう。K氏が言うには、おそらくこの辺りに住む猿達の”突然変

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

犯し、K氏は50代の男性で、脚や腕も太く、抱く”、性欲”、それは2人組の若い女、両方ともスタイルの良い、この女達は地元の風俗嬢で、服を脱ぎ始めた、一糸纏わぬ裸になる、そして股間を見る、大きなペニスがそそりたち、「分かった分かった!しょうがないエロ猿め」、ベロベロと女達の裸体を舐めまわし、2人の内1人の女を強引に押し倒した、女のくぐもった喘ぎ声が聞こえ始める、それは明らかに猿が人間の女を正上位で犯し、本格的に淫ら、さらにカク猿はもう一人の女の体を、盛んにその裸体に舌を這わす、抱き寄せた女の大きな乳房や、この猿は人間の女がどこが感じやすいか分かっ、まさに1匹の猿と2人の女の3P状態、猿の激しい野生の腰つかいに、自身が満足、通常人間の男女が行なうsexについてほとんどマスター、カク猿と実に4人の裸の美女達が絡み合っ、吸いつくよう、フェラチオ”、猿のペニスの鬼頭に吸い付き、フェラ、後輩位”、感じ、ベチョベチョと女の女陰をしゃぶり始める、人間の男女の営みと、行為に抵抗があったらしい、噂を聞きつけた一般の女性達もいるらしい、快楽を貪りあう4匹の雌達と1匹の雄の行為に私は激しく興奮、マグロ状態で揺れ動くのみ、ペニスを挿入、カク猿の唾液と黄色じみた大量の精液にまみれ、女にクンニを、猿の頭を白い太ももでギュッと締め付け、「ハーっ・・ハッ」、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト