性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

【全話リンク集】意地っ張りな嫁が、引っ込みがつかなくなって性感マッサージを受けた

TD044429
カテゴリー: 男性視点 男(熟年、不明、マッサージ師)女(大人、人妻 、主婦)

テクスト冒頭部分

俺と嫁の美奈代は、結婚して5年目でまだ子供はいない。最近、嫁ももうすぐ30歳になるということもあり、そろそろ作ろうかと話をしているところだ。嫁はちょっと地味なルックスで、美人とは言えないと思う。でも、愛嬌があって笑うと凄く可愛いと思う。何より、セックスに積極的なところが凄く良いと思っている。友人などの話を聞くと、結婚して5年も経つとセックスレスになったという話ばかりだ。ウチは、いまだに嫁の方からお誘いがかかったりするので、良い関係なのだと思う。嫁とは、大学の時のサークルで知り合った。オールシーズン系の、テニスやスキーやボードなどなど、なんでもやるようなサークルだったけど、いわゆるヤリサーではなかった。どちらかというと、イケてないグループの男女が集まって、真面目に遊ぼうというノリだった。そんな中で、たまたまゼミも一緒だった嫁と、すぐに仲良くなった。俺も嫁も、高校の時は本当にイケてないグループだったので、お互いに処女と童貞の状態で付き合い始めた。そして、そのまま結婚したので、お互いにセックスしたのは一人だけということになる。嫁は初体験から半年もすると、セックスにハマっていった。ほとんど会うたびにするようになったが、俺もどんどん嫁とのセックスにハマっていった。でも、さすがに5年も経つと、刺激が不足する感じは否めず、大人のおもちゃを使ったり、AVを見ながらセックスをするようになった。今日も、そのためだけに契約した衛星放送のAVチャンネルを見ながら、嫁とベッドの上で裸でイチャついていた。今日放送されていたAVは、旦那の会社の上司に、旦那の出世をエサに抱かれてしまう妻の話だった。仕方なく旦那の上司に身体を差し出し、声を出さずに耐えるように抱かれていた妻が、徐々にあえぎ始め、最後には自ら上にまたがり腰を振り始めるという内容だった。『あんなのないよね。好きでもない人に抱かれて、感じるわけないのに』嫁がそのAVを見ながら、あきれたように言う。「そうなの?嫌いな相手でも、クリトリスとか触られたら感じちゃうでしょ?」『そんなわけないじゃん!気持ち悪いだけだって!』少しムキになる嫁。「そんなことないでしょ。だって、嫌いな相手でも、不細工な相手でも、チンポしごかれたら男はイクよ」『そうなの!?なんか、イヤな感じ。あっ、でも、どうして知ってるの?浮気したの!?』「い、いや、聞いた話だって!俺が

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

俺と嫁の美奈代は、結婚、5年目でまだ子供はいない、嫁ももうすぐ30歳になるということもあり、美人とは言えないと、凄く可愛いと、セックスに積極的、5年も経つとセックスレスになったという話ばかり、大学の時のサークルで知り合った、イケてないグループの男女が集まっ、お互いに処女と童貞の状態で付き合い始めた、一人だけということになる、嫁は初体験から半年も、感じは否めず、嫁とベッドの上で裸でイチャつい、旦那の出世をエサに抱かれ、仕方なく旦那の上司に身体を差し出し、、感じるわけない、相手でも、クリトリスとか触られたら感じちゃう、相手でも、チンポしごかれたら男はイクよ」、。仁君が浮気なんて、絶対なさそう、モテるタイプでもない、「でもさ、それ言ったら、美奈ちゃんだって感じないって想像で言ってるだけ、キスを、すぐに嫁の小さな舌が絡みつい、吸い尽くし、濡れやすい嫁、枕の下のコンドームに手を伸ばす、すぐに正常位で挿入、聞いた途端にキュゥっと膣が締め付け、やっぱり顔がエッチ、ノートPCでwebサイトを見せ、女性をイカせるということが書い、嫁を抱かせるということには抵抗が強かった、元気いっぱいに言う嫁、都内のシティホテルの部屋にチェックイン、そして嫁はシャワーを浴び、太ももが半分ほど見え、全裸にそれを羽織っただけ、男性が立っ、「始めました。真島、。香坂さん、イケメンとかそんな感じではない、ワイシャツまで脱ぐ、パンツとTシャツ一枚になった、まずはバスローブの上から肩のあたりを揉み始めた真島さん、!マッサージが気持ち良いってこと、嫉妬や焦り……、股間は少しもっこり、真島さんに嫁の胸やヘアを見られ、全裸よりもエロい格好、嫁の乳首がハッキリと浮い、真島さんはイキなり躊躇なく、嫁の足の指を舐め始めた、脚を引っ込めようと、そして足の指そのものをフェラチオでも、タオルでギリギリ隠れ、嫁の口からは甘い声が漏れ続ける、お尻の方までビチョビチョで、淡々と嫁のアソコを舐め続ける、激しいもの、クンニを続け、究極のテクニック、『あぁぁーっ!イクっ!イクっ!もうイッてるよぉっ!ダメぇっ!イィグゥッ!!おぉおおおぉおおっっ!!』、「ご主人、すみませんが、さすがに苦情が入りそう、顔立ちで、なおかつ化粧っ気がないこと、気がついた。化粧と髪型で、女性は変わる。俺は、それを実感、ズボンの上から俺のペニスを握っ、『じゃあ、今度は性欲の番、感覚のまま、あっけなく嫁の口の中に射精、「だって、昨日2回も、!今日は、3回、?』と、上機嫌になった。嫁は、ラブホテルでのセックスがお気に入り、写真が添付、ブラのトップが開い、ヘアは剃り上げ、1時間おきくらいにメールが来た、バイブをくわえ、疑似フェラ、SMルーム、拘束台のあるタイプの部屋がお気に入り、ウエストは全部見え、目を大きく見開く二人、ただの淫乱女ではないかと、そんな嫁が愛おしいと、、それでも何もない裸の姿より、そんな風に超マイクロミニのスカートがあるだけ、嫁を満足、まずは嫁のガーターベルトのストッキングを脱がせる、「それでは、まずは一緒にお風呂に入っ、俺のものよりも小さなサイズのバイブを選ん、そのガラスはマジックミラーみたいになっ、真島さんがボディソープの液体を手に取り、真島さんは構わず嫁のカラダにボディソープを塗り広げ、裸の付き合いとはよく言ったもの、その胸の筋肉を珍しそうに触り、隅々まで綺麗に、嫁のアナルなんて、恋人や夫婦のように見える、こういうプレイ用の水着、快感のよう、体重をかけないように気を遣っ、腰をピストン、?あんな薄いゴムがないだけ、。しばらく嫁は、淫らに腰を振り続ける。ラテンダンサーのように、なまめかしく動く腰を見続け、『え?縛るの?』、、拘束台が見えるソファに座った。真島さんは、慣れた手つきで嫁の腕と脚を拘束、、犯され、。こんな嫁の姿は、見たことがない。とろけた顔で甘える姿……。卑猥、れたまま、憧れのアイドルでも見るよう、『私もっ!真島さんのおチンポ好きっ!仁君と全然違うよっ!100倍気持ち良いぃっ!』、嫁が中出しされたことをはっきりと理解、「飲ん、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト