性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

息子の嫁と私との秘密のこと

TD044435
キーワード: 息子の嫁と
カテゴリー: 男性視点 

テクスト冒頭部分

私は今52歳の弘樹といいます。実は昨年に妻を病気で亡くし、広い家に1人で住んでいます。そして、このたびの1周忌で、息子夫婦が帰省してきたのです。息子(弘之)は30歳で、会社で新しいプロジェクトのメンバーに入っているらしく、最近は忙しく、毎日帰りが遅いらしいのです。息子の嫁(沙希)は23歳、実は高校卒業し、私の会社に入社してきたのですが、私が沙希さんのことが気に入って、それとなく息子に沙希さんとの結婚を勧め、2年前に無事結婚の運びとなったのです。あくまでも、沙希さんとは、仕事上の関係であり、男女の関係は一切ありませんでした。でも私の沙希さんに対する好意(男女関係を期待するような)を沙希さんも薄々は感じていたようなのです(後でわかったことですが)で、今回2人は帰省してきました。半年振りです。こんなことでもない限り、2人とあうことはありません。ほかの親戚なども集まり、無事法事が終わり、息子夫婦と3人で、ゆっくり話そうと思っていた矢先でした。息子のほうから、仕事が忙しく、先に帰るといってきたのです。何とか説得し、その日の夕飯は一緒に食べたものの、落ち着くまでは沙希を家に置いとくからといって逃げるようにかえって行きました。もちろん仕事が忙しいのは、私も会社勤めしているため理解はできます。しかし、こんなときでも帰らないといけないのかと、寂しさもありました。時間も遅く、10時を回ろうかという時間、沙希さんはまだ、台所で片づけをしています。後15分もかからないというので、私はお湯を沸かし、コーヒーを入れることにしました。そのうち沙希さんも片づけが終わったようです。すると沙希さんから、驚くような相談を受けてしまったのです。それは、弘之との夫婦としての行為がまったくないというのです。このプロジェクトに入ったのが4月で、最後の行為は5月のGWの休みのときで、今はもう12月、年が変わろうかというとき、ここ最近はキスしたり、舐めあったりもないというのです。もちろん、私のほうも、妻が病気になったときからさかのぼると、もう3年くらいは女性と交わっていないのですが、さすがに、息子の嫁とは罪悪感がありました。しかし、それがわかって、私のこんな相談をしてきた、沙希さんのことを重思い、仕事をしていたときの淡い感情もよみがえってきたのも事実でした。私はこの件であと5日間休みをもらっています。沙希さんも、そ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

私は今52歳の弘樹と、広い家に1人で住ん、(弘之)、30歳、私が沙希さんのことが気に入っ、それとなく息子に沙希さんとの結婚を勧め、男女の関係は一切ありません、ここ最近はキス、舐めあったりもないというの、もう3年くらいは女性と交わっ、いやらしい下着を用意、ベッドで誘うことや、電話口で、露出の高いキャミやほっとパンツなどを履くことなど、そのことを妄想、両脚の太腿を擦り合わせるよう、おっぱいは90センチは超えるよう、巨乳、ヒップもむっちりと肉が食み出るよう、右手で股間を、服を脱ぎ始め、チンポを必死に隠し、ほしい!いっぱい犯し、23歳の沙希さんを満足、沙希さんの中へ何度も挿入、2人でイキまくった、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト