性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

【初体験】処女の美少女をくぱぁとM字開脚 続続編【体験談】

TD044456
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

前編は以下のとおりほとんどパイパンだったため、割れ目まではっきりと見ることができた。俺はデジカメを取り出すと彼女に声をかけ、こっちを向いた瞬間にシャッターを切った。Mちゃんは驚いてカメラを取り上げようとしてきたが阻止した。まだ男を知らない彼女を写真に収めることができるのは世界で俺しかいない。これは義務でもあるし、彼女のためでもある。写真が恥ずかしいのはわかるが、いつか感謝してくれる日が来るはずだ。それでも泣きながら向かってくる彼女をおとなしくさせ、俺の言うことを聞くよう根気強く言い聞かせ、Mちゃんも納得してくれた。そして彼女にいろいろなポーズをとらせて写真を撮りまくった。食事中の朗らかなMちゃんが最高にかわいかったので笑うように言ったがまだカメラ慣れしていない彼女には無理なようだった。残念。でも可愛い子は泣き顔もかわいいよね。それとこのとき全裸写真を撮り忘れたのは痛恨のミス。いろいろな写真を撮ったが、当初の目的である処女膜がまだである。ちょこっと生えた毛とクリの下にあるぴったりと閉じた最後のヒダはまだ中の粘膜を見せてくれなかったので、彼女に自分で広げるよう言った。Mちゃんは観念したように手を股間へもっていったが泣くばかりでなかなか広げられない。オナったことすらない子には無理かもしれないので俺が広げてあげることにした。体を倒して脚を開くよう命じ、あそこを隠そうとする手をどけさせ、顔を近付けた。息をフッと吹きかけると体をビクンと動かしてヒッ!と声を上げた。それはそれで可愛かったのだが自分でできないくせにまた逃げようとしたので、おとなしくさせた。あそこに触れるとまたビクンと反応したがものわかりのいいMちゃんはもう抵抗しなかった。自分ですらいじったことのない部分を急に広げるのもどうかと思いあせらずツバで濡らした指で上下になぞり上げる。相変わらず震えながら体をビクビクさせているMちゃんは感じやすい体質らしかった。クリを指の腹でやさしくマッサージしてあげると嗚咽をもらして感じている。そして最後にヒダを左右に広げた。ピンクの粘膜が姿を現す。もっと広げるとクリの下にピンホールのような穴が現れた。別に処女厨ではないのだが、世界で初めて人の目に触れしかももうじき失われるためにこの瞬間の俺しか見ることのできない光景に感動し、カメラを手にするのも忘れてしばらく見入ってしまった。俺「ああ、本

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

まだ男を知らない彼女を写真に収めることができるのは世界で俺しかいない、可愛い子は泣き顔もかわいいよね、処女膜がまだ、手を股間へもっ、脚を開くよう命じ、クンニ、期待に応えるべく無我夢中で舐めまくった、舌先を限界まで挿入、挿入時のために内部にたっぶりと唾液を送り込ん、ズボンとパンツを脱い、ペニスは限界に達し、俺をフェラでイかせたら本番は次回に持ち越しというもの、歯を立てないように舌を使わせた、れるよりも一から仕込ん、それとも生まれつきの淫乱、二発目を中にというのもいいの、「もっとおちんちんしゃぶらせ、フェラチオ、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト