性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

壁の薄すぎるアパートでの嫁とのエッチは、不思議なほど興奮した

TD044519
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

僕が27才の時に結婚し、家を購入を直ぐにし、家が完成するまで、月2万程のかなり安いボロボロなアパートで住んでいた。嫁の朱美と僕は嫌なことに似たような性格があって、人に頼まれたり、嫌なことを押しつけられても断ることが出来なかったり、もっと言っちゃえば、かなりの気が弱く小心者の二人だった。だから、家もあっさりと買わされっちゃったんだけどね。そのアパートは非常に壁が薄く、隣の部屋の声やテレビなんて筒抜け状態の様に聞こえてくる。一ヶ月半の我慢と耐えながら住んでいた。僕と朱美は隣へ挨拶する為に行くと、前田愛によく似た可愛い子で、なんでこんな子がボロアパートに住んでいるんだろうかと謎に思ってしまった。ちょっと一目惚れした僕は、朱美に隠れて仲良くなろうと思うようになってしまった。僕は朱美が実家へ一週間いない時、僕はその間にその子の部屋へ入る為にちょっとしたお菓子を持って行った。「ありがとう。もしよかったら汚いけど、部屋に入りますか?」と僕は遠慮なく部屋へ入った。その子の名前も嫁と同じ名前の明美だった。僕はその明美と過去話したり、会話をしてる時だった。玄関のノックを強く叩く音が聞こえた。明美は玄関の扉を開けると、「あんたまた来たの?今お客さんが来てるからね。」とダウン症だとおぼしき男が入ってきた。明美が「前に知的障害者の施設で働いてた時の人なんだよ。もう私のこと好き好きと言って、困った人なの。」と言った時、その男は僕が近くにいるというのに平気に抱きついたりして、僕は何となく羨ましく思ってしまった。明美は、それに慣れてるせいか「ごめんね。この人良いも悪いも分かってないから、駄目だと言っても分かってくれないし、だから許してね。」と言った。僕は邪魔が入ったなと少しがっかりして、僕と明美は座りながら話をしてる時も、その人は明美の後ろに座って抱きついていた。その男の手は、確実に明美の乳を触ってるのがまた羨ましく。。その時でした。手のひらで明美の乳を完全に揉むようにし出したのです。明美は「こら。人がいるでしょ?」と注意をしても、全くその人はやっぱり理解をしてない様子で、僕は「帰りましょうか?」と言ったが、「いいですよ。そこにいていいから。」と言って僕は、帰ろうにも帰れなく、その場所から離れることが出来なかった。僕はその手の動きばかりだけが気になって、視線はそっちばかりだった。それから行動が大胆

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

僕が27才の時に結婚、月2万程のかなり安いボロボロ、嫁の朱美と僕は嫌、性格があっ、かなりの気が弱く小心者の二人、一ヶ月半の我慢と耐え、前田愛によく似た可愛い子で、その子の名前も嫁と同じ名前の明美、確実に明美の乳を触ってるのがまた羨ましく、全く理解がない感じで、スタンドミラーでたまたまその明美とその男の姿が見え、その男は明美の赤いブラにまた手を入れ、乳首もまるで男のように小さな感じ、乳のサイズは僕は、すぐにエッチを、夫婦の営みを、靴を脱い、「怖いよ。怖いよ。さっき抵抗、朱美の乳を僕が見てる前で揉まれてる姿があまりにもエロく、まあセックスまでは、正直朱美の乳をよく見てたはず、エッチはいつも以上に感じることに快感を覚え、若い男女や中年の前では恥ずかしく出来なかった、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト